八掛にもこだわって「松葉」文様おあつらえ八掛にもこだわって「松葉」文様おあつらえ

2011年12月10日

八掛にもこだわって「松葉」文様おあつらえ

 雑誌『きものSalon秋冬号』の表紙にて宮沢りえちゃんがお召しの江戸小紋の柄は「松葉(地型)」。この雑誌が発売されてから、この文様についてお問い合わせを何件か頂戴いたしました^^
 当店にも大変よく似た文様の型紙のご用意がありますので、早速りえちゃんカバーでおつくり頂いたA様、本日のお客様でございます^^
 
 ということで、今回ご紹介いたしますのは♪
 (地型)松葉文様江戸小紋 A様のボルドー色でございます!!
 この文様は「地型」といって、松葉を描く細い線を残して白い部分が彫ってあるという、一見すると松葉の線が彫ってある型なのかと思いがちですが、逆です!つまりとっても繊細な型紙を使って染められているのです。
 なにしろ白い地に敷松葉の繊細なラインが美しくとっても清々しいモダンな江戸小紋が仕上がります。
 HPではこちらでご紹介→http://www.someichie.jp/SHOP/order1510.html
 
 深紅のりえちゃんに対してA様はボルドー色でシックに大人っぽく上品に^^v

 

d0138852_1448266.jpg

 

 帯は東京友禅作家「染谷洋」作「宝むすび」。
 よく拝見しましたらA様ったら、帯揚げは着物のボルドーにあわせて、帯締めは帯の柄のアクセントになっているターコイズグリーンのお色にあわせて^^v 
 とってもセンスアップなコーディネート、ステキでございますね!

 

d0138852_14473793.jpg
d0138852_14474837.jpg
d0138852_14472758.jpg

 

 
 実は「松葉」は、二本離れずに落ちることから、
 都都逸(どどいつ)では
 「こぼれ 松葉を あれ見やしゃんせ 枯れて落ちても二人づれ」と唄われています^^

 ということで、今回のお誂えは「八掛」にもこだわりました!!
 随分前にご紹介した「和のお守り文様」。
 誕生日ごとのお守り文様がわかる本ですが、その中から、ご自身とそして、ご主人さまの「お守り文様」を、八掛に友禅(東京友禅作家、田邊慶子作)で描きました。
 ご自身のお守り文様は「琉球文」、「イイチ・マルグーム文」、そしてご主人様は「蟹牡丹文」。
 二つの文様を仲良く流水がつなぐ、A様オリジナル、夫婦円満、富貴繁栄のはなやかな八掛になりました^^v  

 

d0138852_14582979.jpg

 

 そ・し・て^
 うふっ^^
 ハイ!ポーズ♪
 うんうん^^決まってますね^^v

 

d0138852_14483511.jpg

 

 そして最後に、寒い毎日となりましたので、道行コートも欠かせませんね。
 ということで、こちらのコートもこの冬、初デビュー!!
 染めの北川、多色ぼかしの大変貴重な小紋地でつくったコートです。

 ※実はここ最近の店長は、こっそりと勝手にセレクトした江戸小紋以外のお着物などを「店長の宝箱」へキープ君をはじめました。。(宝箱がもう少し充実しましたら、追々ご紹介していきたいと思います)
 で、このコート地は今まさに宝箱にキープしようかなぁ〜と思っていたところにA様がご来店になり、ご対面〜^^
 なるほど、第一印象で心ときめいて頂いたとおり、まことに良くお似合いでございます。

 ということで、A様は、いつもの「被布衿コート」仕立てで^^V
 この冬の大人可愛いい佇まい、美しくみごとに完成いたしました☆

 

d0138852_14484780.jpg

 

 

 いかがでございましたでしょうか?
 今回のA様は、こだわりの詰まったとってもステキなお誂えでございます!。
 まさに「お誂え」どころ当店ならではのだいご味を存分にご利用頂けましたこと、心より御礼申し上げます。

 どうぞ皆さまも、「あんなこと」「こんなこと」、できないかなぁ〜と思われますことでも、ぜひ一度ご相談下さいね。
 
 いよいよ年末年始!
 楽しいお出かけの増える季節でございます。
 ご自分らしいコーディネートをいっぱいお楽しみ下さいますよう

 A様、いつも誠にありがとうございます!!????

お問い合わせはこちら

検索

おあつらえ写真集について

おあつらえ写真集について

当店でお誂え下さいましたお客様の着姿をご紹介しております。日常を少しワクワクさせてくれるお着物や帯との出会い、お客様お一人お一人の素敵が詰まった写真集です。
お召しになってご来店下さったり、お写真をお送り下さったり、どうぞぜひ素敵な着姿をご披露下さいませ。お待ちしております。

お問い合わせはこちら

カテゴリー

タグ

おあつらえバナー

以前の記事