万筋を明るい色で着る万筋を明るい色で着る

2014年5月28日

万筋を明るい色で着る

今回のお客様写真集には、万筋文様江戸小紋をお誂え下さいましたC様です。
 墨色や紺・紫・茶といった粋な濃いめの色のご注文の多い万筋文様ですが、C様はやさしいお色が良くお似合いになります。ということで「たまご色、万筋文様江戸小紋」です。

 

d0138852_14152513.jpg

 

 こうして見ると淡いお色でもやっぱり万筋!すっきりとした縞模様がとても素敵です。なめらかな柔らかさの素敵な鮫文様などとはまたひと味違いますね。

 

d0138852_14481386.jpg

 

 細かい縞なので遠目には無地に見えますが、近づくとこんな感じです。(画像はクリックで大きくなります!)

 

d0138852_14512655.gif

 

 C様の「万筋」は京都で江戸小紋を染める大野信幸先生の作品です。京都の江戸小紋は型付けから染上がりまでを一つの工房で行う東京の江戸小紋染とは異なり、「型付け」と「染色」は分業制なので色柄あわせてオーダーをお承けする「おあつらえ染め」を常時お承けすることが難しいのですが、定期的に店内で作品のご紹介会を開催します。
 同じ江戸小紋でも、同じ柄でも色の雰囲気が違ったり、さらにはご紹介する文様も異なったりしますので、展示会などの機会をご利用頂けますとまた新しい江戸小紋の世界をご堪能頂くことができると思います。

 この日の帯は、ご祖母様の形見のお召しを帯にリメイクされたものです。
 C様は長年にわたり毎週末にはお茶のお稽古にお着物をお召しになられるお着物通で、日々を着物で生活されたご祖母様の形見のお着物を大事に繰り回しされるお心使いも素敵なんです。

 

d0138852_1862444.jpg

 

 本当は私は暖色系の黄味かかった色が似合うタイプで紫は自分色ではないと思うけど・・・なんておっしゃっていらっしゃいましたが、やわらかい若草色の帯揚げに、染め分けのオレンジとベージュの帯締めで、紫のストライプの効いた可愛いお召しのリメイク帯と「たまご色の万筋」が見事にコーディネートされています。本当にこの帯が着物だったなんて思えませんね!

 この日は5月の下旬の汗ばむ日でした。
 袷も着納めの陽気でしたが、明るい色調に清々しい万筋の着姿は暑さを感じさせません。すっきりと可愛らしいお着物姿をご披露下さり、C様いつも誠にありがとうございます。

 

お問い合わせはこちら

検索

おあつらえ写真集について

おあつらえ写真集について

当店でお誂え下さいましたお客様の着姿をご紹介しております。日常を少しワクワクさせてくれるお着物や帯との出会い、お客様お一人お一人の素敵が詰まった写真集です。
お召しになってご来店下さったり、お写真をお送り下さったり、どうぞぜひ素敵な着姿をご披露下さいませ。お待ちしております。

お問い合わせはこちら

カテゴリー

タグ

おあつらえバナー

以前の記事