「江戸小紋は色で着る」 S様の新しい一着。「江戸小紋は色で着る」 S様の新しい一着。

2010年4月19日

「江戸小紋は色で着る」 S様の新しい一着。

今日のお客様S様は、実はご登場頂くのは3回目^^
d0138852_1849534.jpg
S様のお誂えは、こちらの「珊瑚色」の「鮫小紋」から始まりました。
「お客様写真集」ではこちらでご紹介(クリック)
当時お茶を習い始めたので^^ということで鮫小紋を!そして淡いサーモンピンクのお色が良くお似合いでご自身も大好きな色とのことでした。
ご本人様も、このお色のような柔らかい雰囲気のとても可愛らしい方なものですから、私も着姿を拝見して、トロリン〜としそうでございました^^

d0138852_1853848.jpgその次のお誂えは、夏の江戸小紋を!とのことでした。
でもS様、夏はピンクは着たくないのです!ということで、お選び頂いたのがこの色柄、「涅(くり)色、木賊(とくさ)文様」を、絽に染めました。
 「お客様写真集」ではこちらでご紹介(クリック)
ピンクから一転・・・ちょっぴり甘めの濃いグレーは、夏の着物美人をグッと魅力的に惹きたててくれていました。白い帯とのコントラストが、これまた粋で、S様のちがう一面を拝見したようでした。

そして!
この春。。。
S様が思い切って、お染め頂いたのは、なんと『紫紺色の大小あられ』です。

 

d0138852_1901899.jpg

 

いつもふんわりとした春のようなS様を拝見していると、つい忘れてしまいそうになるのですが、思えば・・・S様は、男性の多いハードな職場でバリバリ働く女性なのでした。
なるほど・・・似合うはずだわ〜と、またまた新たなS様を発見して、惚れ惚れでございます。

 

d0138852_1933167.jpg

 

赤い丸組の帯締めはキュンと締められて、何か意思の強さを感じさせてもくれるかのようです。

 

d0138852_1943519.jpg

 

何かと仕事関係のちょっとした集まりやパーティが多いというS様には、帯を変えて色々なシーンで活躍できる使い勝手の良い江戸小紋がとても重宝^^お気に召して頂いて、嬉しい限りでございます。

 

d0138852_1944990.jpg

 

この日の帯は、洒落袋帯、ちょっとわかりづらいのですが、淡い薄紫の地色に桜の花びら地紋で、可愛いモールの雪輪が飛び散っています。

 

d0138852_9324090.jpg

 

バタバタ撮影させて頂いて、撮り忘れたのですが、この日は黒いショールを巻いておられました。
実は、そのショールとの相性もとてもステキだったのです・・・(あ〜しまった^^;)

珊瑚色の鮫小紋のS様と、紫紺の大小あられのS様。。。
なるほど・・・どっちもS様だから、驚きなわけです^^ 
いやいや、わたくし、今更ながら・・・、「江戸小紋は色で着る」と言った、染め職人さんの言葉を思い出します。

江戸小紋は、「地色(地の色)」と「目色(白い部分)」とのコントラストにより『色』が完成します。
しかし、その美しさは、染めあがった状態の平面的な『色』にとどまるものではないのです。
実は何より、お客様にお召し頂いてはじめて、この世にたった一色しかないであろう、情感あふれる美しい『色』が生み出されるお着物なのです。

江戸小紋は、染め型紙、文様、色づくり、それら職人技、すべて無駄のない研ぎ澄まされた美しさを誇ることは言うまでもありませんが、それゆえに、着る人の人柄や雰囲気、個性ある美しさをとても良く映しだしてくれる着物です。
ホームページ「染一会のこだわり〜江戸小紋は色で着る」でもご説明しています)  

次の機会には、またまた新たなS様を発見!なんてことになるかもしれず・・・、もう〜頭の中では、勝手にS様に違う色を着て頂いてシュミレーションをしたりなんかして・・・ひとりワクワクいたしております店長でございます。ス、スミマセン^^;

これだから・・・江戸小紋はやめられない^^v

ぜひ皆さまも、色を変えると気分も変わる、新しい自分に出会える、ひょっとすると人生も変わる?そんな魅力的な江戸小紋、色柄選びにいらっしゃいませんか?^^v 

 
S様、いつもまことにありがとうございます。
どんどん魅力的になられるS様に、感謝感激♪いたしております。
 ????

お問い合わせはこちら

検索

おあつらえ写真集について

おあつらえ写真集について

当店でお誂え下さいましたお客様の着姿をご紹介しております。日常を少しワクワクさせてくれるお着物や帯との出会い、お客様お一人お一人の素敵が詰まった写真集です。
お召しになってご来店下さったり、お写真をお送り下さったり、どうぞぜひ素敵な着姿をご披露下さいませ。お待ちしております。

お問い合わせはこちら

カテゴリー

タグ

おあつらえバナー

以前の記事