秋晴れの菊秋晴れの菊

2019年9月26日

秋晴れの菊

夏の名残りを引きずってきた9月がそろそろ終わります。そして間もなく、この秋2度目の扉を開けて、朗らかな10月がはじまります。お心構えはいかがでしょうか(*^^*)

お店では、来週一週間は秋の友禅染め帯(東京友禅作家作品&京友禅季節の染め帯)を華やかに取り揃えて、賑やかにご案内いたします。

◆来週(10/1火~10/5土)

「秋の友禅染め帯展」

(期間中お仕立て無料!)

こちらのブログでは、ちょこっと早めに到着しております、京友禅の作品のご紹介を始めております。本日も引き続き、シックで繊細な作品をコーディネートしてみようかなと思います。(お値段その他、いつものようにどうぞお気軽にお問合せ下さい)

京友禅染め名古屋帯「線上げ菊」

焦げ茶より明るい茶色、唐茶色またはセピア色。秋の季節にふさわしい茶色の帯です。

シックですが華があり、織りの紬などのお着物や江戸小紋・軽めの付下げ・小紋にも、秋の装いをしっとりと彩ってくれます。

そして、この菊の花、全て繊細な糸目の「線上げ」、もちろん手で描かれています。職人さんが仕事をされている間は、どんな気持ちでなさっているのかなぁ~といつも想いをはせるのですが、たぶんきっと、無心で取り組んでおられるのですね。無心になれる仕事、とても気持ちが高くて素晴らしいお仕事です。

真ん中の金の部分は刺繍です。そのため、お花に奥行きがあり、大輪の菊の繊細で趣深い風情を感じさせてくれます。

菊の季節は秋ですが、帯や着物の菊はもう少し息が長くお召し頂けます。モダンなデザインにアレンジされた線上げの菊は、秋の前後も長くお召し頂けます。

菊の花雫おちそひゆく水の
深き心を誰か知るらむ(紀貫之)

もの思う、心震える、静かな秋の始まりです。

グレーベージュ色の小紋にコーディネートしてみました。愛らしい小紋にこちらの帯をあわせると、シックでありながら上品な華やぎのある大人のお出かけコーデが完成です。

秋のお食事会やコンサート、観劇、美術館にも、秋こそお出かけシーズンです。

※友禅小紋「雪輪取文様」詳細ページ⇒こちら

 

※来週ご案内予定の「東京友禅作家作品」は、現在、港区青山のギャラリーにて新作展を開催しています。週末お時間がありましたら、どうぞお下見方々お立ち寄りくださいませ。

場所等の詳細はこちらの記事後半でご案内中です⇒こちら

 

◆お店では秋の新作おひろめ展をいたしております(9/28まで)。期間中は着物と帯のお仕立て代無料サービス!(オーダー染めやお取り寄せ品除く)で承ります。商品ページでご紹介の商品および店内でご案内中のお品全て対象です!消費税改定前のかけこみフェア~♪な感じで、どうぞ秋の装いあれこれ、お気軽にご相談下さいませ。

 

<営業時間>

火・水   午前11:00~午後6:00

木・金・土 午前11:00~午後7:00

定休日:日曜日・月曜日

お問い合わせはこちら

検索

つれづれ日記「恋衣」について

つれづれ日記「恋衣」
について

店主ブログでございます。
お店でご紹介しているお品や楽しい催事のことはもちろん、お着物周りのお話から、日々思うことや趣味のお話まで、徒然なるままに綴っております。
“恋衣(こいごろも)”とは忘れられない恋のこと。気になるお品やお話などがありましたらどうぞお気軽にお問合せ下さいませ。

旧ブログ
「店主のつれづれ日記」はこちら

お問い合わせはこちら

カテゴリー

おあつらえバナー

カレンダー

2020年1月
« 12月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  

Twitterタイムライン

Instagramフィード