絽江戸小紋「あられ流水」絽江戸小紋「あられ流水」

2019年6月29日

絽江戸小紋「あられ流水」

しばらくは、どこもかしこも☂マーク。雨の週末はいかがお過ごしでしょうか?

7月がやってまいりますね。6月の末は「夏越(なごし)」といって、ちょうど半年を越す時に、この半年間のケガレを落とし、残りの半年を元気に過ごせるようにと祈願する「夏越の祓(なごしのはらえ)」が行われる時期。近年では私ももちろん、あまり馴染みがありませんが、そういえば田舎では町内会の回覧板で人形(ひとがた)が配られていたような記憶があります。

この週末は「夏越ごはん」(雑穀ご飯にカラフルな野菜のかき揚げ天丼らしいです)や「水無月」(△のういろうに小豆を乗せた和菓子)を頂くなんてのも良いかもしれませんね。

 

さて本日は、いよいよ絽の着物も解禁ということで、絽に染めた江戸小紋を真夏仕様でコーディネートしてみました!

絽江戸小紋「あられ流水」×紗八寸帯「波濤」

ラベンダー色、和名では「白藤色」という感じでしょうか。淡い薄紫です。

例えば夏の高原の朝、だんだんと色を持ち始める空は朝靄の中にこんな薄紫色を見せてくれる瞬間があります。そんな清々しい夏の朝を感じさせてくれるお着物です(*^^*)

商品撮影ではピタリとお色を合わせるのがとても難しい色目なのですが、「白藤色」とはこんな色です。パステル調のラベンダー、少し渋みもあり、お召しになりやすいお色です。

細やかなアラレ文様の中にしなやかな流水柄の江戸小紋です。涼しげな水しぶきとサラサラと心地よく流れる水を美しく描いています。

商品ページでもご紹介していますが、商品ページの画像は発色が良すぎてしまっており申し訳ないです。このブログの画像の方が実物に近いような気がします。

絽江戸小紋あられ流水⇒こちら

※反物で染め上がっておりますので、お仕立てをするだけです。この夏のお出かけにも間に合います。どうぞご相談下さいませ。

 

格のある帯を合わせると各種の式典やお茶席にもお召しになれる江戸小紋です。

本日はもう少しカジュアルに、夏のランチ会などのお出かけにおススメのコーディネートをしてみました。

淡いパステル調のラベンダーカラーには、爽やかな水色や黄緑色なども良く似合います。帯芯を入れない軽い紗八寸の帯をあわせて、いかにも涼し気で、夏をご堪能頂ける装いになりました。

※帯屋捨松紗八寸帯「波濤」⇒こちら

これからしばらくの季節は、いかに暑さをしのいで暮らしていくか!?が課題になります。見た目ももちろんのことながら、ご自身にも優しい夏の装いをお楽しみ頂きたいです。

長襦袢をどうしよう?帯をどうしよう?色んなお悩みにお応えしておりますので、どうぞまたお休み明けにもお気軽に遊びにいらして下さいませ。

 

※日曜日・月曜日、定休日を頂戴いたします。

なんだか今夜は滝のような雨に注意なのだそうです。半年間のこの世のケガレも洗い流してくれると良いのですが・・・どちら様もどうかお気をつけてお過ごし下さいますように。お休み明けにまた元気にお会いできますのを楽しみにしております。

 

<営業時間>

火・水・木 午前11:00~午後6:00

金・土   午前11:00~午後7:00

※7/25から木曜日午後7時まで営業します

(定休日:日曜日・月曜日)

お問い合わせはこちら

検索

つれづれ日記「恋衣」について

つれづれ日記「恋衣」
について

店主ブログでございます。
お店でご紹介しているお品や楽しい催事のことはもちろん、お着物周りのお話から、日々思うことや趣味のお話まで、徒然なるままに綴っております。
“恋衣(こいごろも)”とは忘れられない恋のこと。気になるお品やお話などがありましたらどうぞお気軽にお問合せ下さいませ。

旧ブログ
「店主のつれづれ日記」はこちら

お問い合わせはこちら

カテゴリー

おあつらえバナー

カレンダー

2019年8月
« 7月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  

Twitterタイムライン

Instagramフィード