人間国宝の型紙人間国宝の型紙

2018年9月21日

人間国宝の型紙

なんとも冷たい雨の一日になりました。

秋のはじめに降り続く冷たい雨のことを「秋霖(しゅうりん)」と言います。明日から三連休という方も多くいらっしゃるかと思いますが、お天気はどうかな?9月24日(月)は『十五夜』ですから、素敵な秋空に恵まれると良いですね(*^^*)

さて本日は、こんなコーディネートをしてみました。

江戸小紋「波木賊」×創作染め帯「菱更紗」

 

こちらのお着物は、先週開催しておりました「大野信幸江戸小紋展」にてご紹介しておりました作品です。

伊勢型紙縞彫りの人間国宝、故児玉博作の型紙を染めています。型紙は大変古いもので希少な型紙です。もうこの先は何枚も染められるものではありません。

何しろちょっとご覧になって見て下さい。茶紫の地色が染まっていない部分、白い部分が型地紙の彫られている部分です。こうして彫るのかな?ギリギリまで彫るのよねぇ~なんて、もう、よくもまぁ彫ることができたものだと惚れ惚れと感心いたします。現在ではもう再現することのできないものです。

現存する型紙の中で児玉氏の縞彫りの型は多くはありませんが、その細やかさと芸術的センスに優れた作品は未来に残したい貴重な価値のある作品です。

木賊(とくさ)という植物をご存じですか?ヒュンヒュンとまっすぐ上に伸びる植物でところどころに節があります。遠目にみると、しなやかで清々しい文様です。

色目といい繊細な文様といい、個人的にはとても好きな作品なのですが、いかがでしょうか?

お着物はカジュアル~プチフォーマルにお召し頂けます。格のある袋帯をあわせて頂いても大丈夫です。

本日は、カジュアルなお出かけに、紬地に染めたユニークな創作染め帯をコーディネートしてみました!ザックリ感とモダンなドレス感、古典的な帯とはひと味違う世界感のある帯です。こちらの帯、一点ものでございますので、もしお目にとまったらどうぞお早目に!

※創作染め帯「菱更紗」商品ページ⇒こちら

バラ色の紬に絞り染めの帯揚げをあわせてみました。

長雨の季節が終わったら晴れ晴れとした秋がやってまいります。お出かけのご予定はありませんか?

今年の夏はお着物を断念してしまった方は、やっと秋からお着物ライフの再会ですね(*^^*) この三連休はなんとかお天気が持ちそうです。

明日の土曜日も通常通り元気にお店番をいたしておりますので、お近くにお越しの際はどうぞお立ち寄りくださいませ。お目にかかれますのを楽しみにお待ちしております。

 

 

お問い合わせはこちら

検索

つれづれ日記「恋衣」について

つれづれ日記「恋衣」
について

店主ブログでございます。
お店でご紹介しているお品や楽しい催事のことはもちろん、お着物周りのお話から、日々思うことや趣味のお話まで、徒然なるままに綴っております。
“恋衣(こいごろも)”とは忘れられない恋のこと。気になるお品やお話などがありましたらどうぞお気軽にお問合せ下さいませ。

旧ブログ
「店主のつれづれ日記」はこちら

お問い合わせはこちら

カテゴリー

おあつらえバナー

カレンダー

2020年9月
« 8月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930  

Twitterタイムライン