夏の江戸小紋「あられ流水」夏の江戸小紋「あられ流水」

2018年6月14日

夏の江戸小紋「あられ流水」

なんとなく過ごしやすいお天気が続いています。毎年梅雨の季節は肌寒さを感じる日もあり、実際に真夏になってはじめて、あ~こんな風だったなぁなんて実感するのですが💦、それにはまだ少し早いでしょうか(^^;夏のご準備もスローペースのようで(^^;、皆さまいかがお過ごしでしょう?

本日は、江戸小紋。こちらは絽の生地に染めた「あられ流水」柄です。

絽の江戸小紋はなくても良いかな?なんて思いつつ、それでも気温があがると、やっぱり絽に染めておけば良かった!そんなお声もお聞きします。でも、おあつらえ染めでは間に合わない!!そんな方には、こちらはすでにもう染め上がっておりますので、あとはお仕立てするだけです。今からですと、通常7月20日ごろ(お急ぎの場合はご相談下さい)にはお仕立てあがります。

細やかなアラレ柄は水しぶきのように涼やかで、美しいラベンダーカラーの透き通るように綺麗なお着物です。

※お着物商品ページ⇒こちら

サイト内の画像で見るよりも実物はもう少し落ち着いたラベンダー色です。淡いお色ですので画像でご紹介するのがとても難しいのですが、6月中旬~9月中旬まで、お茶席にもパーティにも、お食事、観劇など、大活躍のお着物です。

プチフォーマルなお席には、こんな夏袋帯をあわせてはいかがでしょうか?

織楽浅野 夏袋帯「飾り花文」

夏の季節にもご同僚の結婚式があったり、同窓会があったり、ちょっとしたパーティのお誘いがあった時には、年齢を感じさせない上品で美しい佇まいが好まれます。織楽浅野さんの帯はモダンな愛らしさが魅力です。お洒落なレストランでも、洋風のお席にも、華美になりすぎずにお召しになる方の美しさを最大限に引き出してくれるコーディネートです。

また、楽しいお食事会や観劇には、夏の友禅名古屋帯も素敵です。

本日はフランスからのお客様をお迎えいたしましたが、この帯をとても褒めて下さいました。古の夏の情景を切り取ったような、風情たっぷりの夏の友禅、見つめているといつしか景色の中に引き込まれてしまいそうです。もしこの海辺に行けたなら、それはそれでちょっと行ってみたいかもです(^^;

友禅染め夏名古屋帯「夏御所解」

※織楽浅野夏袋帯商品ページ⇒こちら

※友禅染め「夏御所解」商品ページ⇒こちら

また、フォーマルコーディネートは以前の記事でもご紹介しています⇒こちら 絽つづれのはんなりとした帯をあわせています。こちらのコーデも素敵です(*^^*)

 

ところで昨日もご案内いたしましたが・・

◆江戸小紋の「おあつらえ染め」(お客様ごとにお色と柄をお選び頂いてオーダーにてお染めしています)は、染めてお仕立てして、トータル約3カ月を頂戴しております。これからのご注文の仕上がりは、9月頃になります。気の早いことで申し訳ないのですが、秋のご予定がありましたら、お出かけしやすいこの時期に、どうぞぜひ一度お下見やご相談を下さいますよう、よろしくお願いいたします。

 

明日はまた気温が下がるようです。どちら様もどうか体調管理にお気をつけてお過ごし下さいますように(^_-)-☆

 

 

お問い合わせはこちら

検索

つれづれ日記「恋衣」について

つれづれ日記「恋衣」
について

店主ブログでございます。
お店でご紹介しているお品や楽しい催事のことはもちろん、お着物周りのお話から、日々思うことや趣味のお話まで、徒然なるままに綴っております。
“恋衣(こいごろも)”とは忘れられない恋のこと。気になるお品やお話などがありましたらどうぞお気軽にお問合せ下さいませ。

旧ブログ
「店主のつれづれ日記」はこちら

お問い合わせはこちら

カテゴリー

おあつらえバナー

以前の記事

カレンダー

2018年6月
« 5月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930  

Twitterタイムライン

Instagramフィード