大島紬、一元、片ス、マルキについてサクッとご紹介します。大島紬、一元、片ス、マルキについてサクッとご紹介します。

2018年2月16日

大島紬、一元、片ス、マルキについてサクッとご紹介します。

さて、本日からは来週開催いたします『魅惑の大島紬展』2/20(火)~24(土)のために、素敵な大島紬が盛りだくさんにお店に到着を始めましたので、その中から、色々とご紹介してまいりたいと思います。

早速でございますが、まず本日は、今ではとても希少となってきています「一元(ひともと)絣」の大島紬をご紹介してみたいと思います。

大島紬は、世界で最も美しいとさえも言われる精緻で美しい絣模様が何しろ大変に魅力的な織物です。絣模様は、絣糸をタテヨコ交差させて作られるものですが、その交差点の作り方によって、「一元(ひともと)式」と呼ばれるものと「片ス(カタス)式」と呼ばれるもの、2種類があります。

えっ!!?何それ(@_@)について、少々ご説明をさせて頂きますと(^^;

「一元(ひともと)式」とは、タテ糸2本、ヨコ糸2本を交差させて、風車のような井型の絣模様をつくる織り方のことを言います。本来の大島紬はこの「一元式」で織られてきました。なんだか愛おしくなるような可愛い風車ですね(^_-)-☆

一方「片ス(かたす)式」とは、タテ糸一本、ヨコ糸2本で、Tの字のような絣をつくります。タテの絣糸が一本だけなので方数(カタス)といわれたのが由来です。これはこれで、可愛い(*^-^*)

片ス式は一元式よりも織り手の負担が少ないため、技術者の高齢化に伴い、昨今では片ス絣の大島紬が大半を占めるようになりました。それでもまだ、タテ糸2本の大島紬は希少とはいえご紹介することができます。現在では一元(ひともと)で絣をつくることのできる織物は大島紬ぐらいではないかともいわれています。

数は少ないですが、数反の「一元絣」の大島紬をご用意しています。どうぞぜひこの機会にご覧になりにいらっしゃいませんか?

白大島9マルキ一元「麻の葉」

マルキ?むむむっまた良くわからない単語(^^; いえいえ、そんな難しいことではないのです。

マルキとは、絣の細かさを表しています。もう少し詳しく申しますと、タテ糸どれだけの絣糸が入っているかという単位のことです。数字が大きくなるほどその割合は多くなり、9マルキ一元では66%(地糸1本絣糸2本)、7マルキ一元では50%(地糸2本絣糸2本)、5マルキ一元(地糸3本絣糸2本)では40%の絣糸が入っています。だから、5マルキよりも9マルキの方が絣糸が多く入っていて、より精緻な絣模様が織り出されているのです。

この「麻の葉」の大島紬は、「一元絣」で「9マルキ」という、素晴らしい逸品大島さんなのです。なるほどに細やかで美しい織物で、ちょっとドキドキいたします(#^.^#)

 

コーディネートは友禅染め名古屋帯(段絽)「菱取線波」

大島紬はサラリとした肌ざわりの心地よさに雨に強いという特質からも単衣でお召しになる方も多いお着物です。段絽の帯は単衣の季節にぴったりで、素敵な大人のお出かけコーデでございます。

 

泥染大島5マルキ一元「蚊絣」

風車型の一元絣の蚊絣です。絣糸には淡い紫色を使用しています。泥染めのしっとりとした黒色とのコントラストも美しくて、5マルキの程よい細かさによって蚊絣の可愛らしさが一層引き立ちます。とても着回しが良くて、小さな風車がとにかく愛おしい素敵なお着物だと思います(#^.^#)

 

コーディネートは、友禅染め名古屋帯「裂取更紗」(田邊慶子作)

こんなコーディネートで気軽にお出かけしたいです!お出かけ気分が盛り上がる可愛いコーディネート。泥染めの黒に色が入ると何ともモダンな印象になります。どことなく江戸小紋に通じるところがありますが、風合いはまるで違います。大島紬の質感と絣模様のち密さ、しっかりとした安心感と繊細さが共存するお着物はお出かけの強い味方になってくれますね。

※友禅染め名古屋帯「裂取更紗」商品ページ⇒こちら

 

その他の「一元絣」の作品たち(*^-^*) どれも風車の形の絣模様です。

泥染め7マルキ一元「色紙ちらし」

色大島7マルキ一元「唐花」

白大島5マルキ一元「蚊絣」

 

ということで、こんな感じで明日も、そして来週いっぱい、素敵な大島紬をどんどんご紹介してまいりたいと思います。でも、こちらのブログでは全部をご紹介するのはとても無理!たぶん半分、いや1/3、もしかすると1/4ほどしかご紹介できないかもしれません(-_-;) なのでどうぞぜひ、お時間がございましたらお出かけになられませんでしょうか?

『魅惑の大島紬展』

2/20(火)~2/24(土)まで

お目にかかれますのを楽しみにお待ちしております(*^-^*)

明日もお店は通常営業しております。週末お近くにお越しの際はどうぞ遊びにお寄り下さいませ(^^)/

 

お問い合わせはこちら

検索

つれづれ日記「恋衣」について

つれづれ日記「恋衣」
について

店主ブログでございます。
お店でご紹介しているお品や楽しい催事のことはもちろん、お着物周りのお話から、日々思うことや趣味のお話まで、徒然なるままに綴っております。
“恋衣(こいごろも)”とは忘れられない恋のこと。気になるお品やお話などがありましたらどうぞお気軽にお問合せ下さいませ。

旧ブログ
「店主のつれづれ日記」はこちら

お問い合わせはこちら

カテゴリー

おあつらえバナー

以前の記事

カレンダー

2018年5月
« 4月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  

Twitterタイムライン

Instagramフィード