菊にバラ、江戸小紋コーディネート菊にバラ、江戸小紋コーディネート

2018年1月19日

菊にバラ、江戸小紋コーディネート

ただ今お店は(~1/27まで)10周年記念新作展を開催中です(*^-^*)

そのせいか、これまでこんなに連日多くのお客様をお迎えしたことないぞ(^^;という嬉しい悲鳴を上げております。というのは、やはり皆さま、今回限りのスペシャル企画「小物福袋」を求めていらして下さるので、初めてお目にかかる方やお久しぶりの方などもいらして下さり、誠に賑やかな毎日を過ごさせて頂いております。ありがとうございます。

でもね!素敵な新作もいっぱいお披露目中!なのです(^_-)-☆どうぞぜひ、肝いりの子たちにも話しかけてみて下さいね。どうぞよろしくお願いいたします。

またご遠方やご来店が難しい方など、お値段その他、メールやお電話でお気軽にお問合せください。(※近頃メールの返信がエラーになることが多くなっています。メールには必ずご返信申し上げますが、念のためどうかお電話番号もご記載下さいますようにお願いいたします)

さて本日は、廣瀬雄一作江戸小紋をコーディネートしてみました。

江戸小紋「かさね菊花」

細やかな錐彫りの江戸小紋です。小さな点々でデザインを描く錐彫りは、これぞ江戸小紋!微細な型の美しさがとても魅力的です。遠目には無地に見えるとはまさにこういうことよね!でも近づくと、確かに菊の花。このもったいないような、ありがたい美の世界が江戸小紋の真情だと思います。

藍色に緑を少し混ぜたような地色です。洋色ではテールグリーン(鴨の羽根の色)を渋くしたようなお色です。個性的な色ですが着物の色としては馴染みのある色かもしれません。渋くなり過ぎず華やかさも感じるお色が素敵です。

あわせた帯は、帯屋捨松謹製袋帯「フレンチ蔓文」

江戸小紋に捨松さんのポップな帯は、「ポップ」という現代的な表現がとても可愛いのですが、よく見ると古典を踏まえたモダンさが魅力的で、江戸小紋にも大変に良く似合うと思います(^^♪

 

江戸小紋「鮫にバラ」

鮫地にバラの花が浮かび上がるユニークな江戸小紋です。バラの花は大変幸せな花。季節を問わず乙女心を華やかにしてくれます。漆黒の黒色で染めていますので柄目がとてもハッキリと見えます。それでも細やかな柄の江戸小紋は帯あわせもしやすくて、普段のお稽古やお食事会はもちろん、観劇やちょっとしたパーティにもお召し頂けます。とても濃い地色ですが、微細な江戸小紋を染めると、何だかはんなりと見えるのも素敵です。

あわせた帯は、喜久樹さんの洒落袋帯です。細やかな手織りに手刺繍の帯です。繊細な刺繍のアジアンチックな帯。とても可愛らしくて、本日ご来店下さいましたお客様にもうんとお褒め頂きました。名もなき人の見事な刺繍の技をぜひ間近でご覧頂きたいお品です。この帯、お召しになると、かなりワクワクいたします!そして必ず褒められること間違いなし。繊細で可愛い、ムフフの帯です。

 

ところで誠に申し訳ないことなのですが、スペシャル小物福袋、残り5セットとなってしまいました!もしかすると明日で完売してしまうかもしれませんm(__)mこんなにご好評頂けるなんて思ってもいなくて・・・でも、前代未聞の大盤振る舞い企画のためこれ以上のセットを作ることが不可能で、誠に申し訳ないのですが、どうか何卒ご了承下さいますようお願い申し上げます。申し訳ないです。すみません。。。

明日の土曜日は寒くなりそうです。でもお天気は良好!お時間がありましたら、どうぞぜひ遊びにいらして下さいませ。お目にかかれますのを楽しみにお待ちしております。

 

お問い合わせはこちら

検索

つれづれ日記「恋衣」について

つれづれ日記「恋衣」
について

店主ブログでございます。
お店でご紹介しているお品や楽しい催事のことはもちろん、お着物周りのお話から、日々思うことや趣味のお話まで、徒然なるままに綴っております。
“恋衣(こいごろも)”とは忘れられない恋のこと。気になるお品やお話などがありましたらどうぞお気軽にお問合せ下さいませ。

旧ブログ
「店主のつれづれ日記」はこちら

お問い合わせはこちら

カテゴリー

おあつらえバナー

以前の記事

カレンダー

2018年5月
« 4月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  

Twitterタイムライン

Instagramフィード