夏と単衣の友禅染め帯夏と単衣の友禅染め帯

2023年6月10日

夏と単衣の友禅染め帯

夏の装い展 6/24(土)まで延長開催!!
夏の友禅/訪問着・付下げ・小紋・帯
夏の織物/麻・うすもの

 

この度は、盛夏の時期はもちろん、単衣の季節からコーディネートを楽しんで頂ける、絽や紗素材の季節の帯をたくさんご紹介しています。ちらほらとご売約が出始めておりますが、来週もお店番してくれる子たちをできるだけ撮影してみましたので、どうぞご覧ください。

コーディネートには(柄ゆきによってではありますが)、夏や単衣の小紋、単衣の織着物や夏の透ける織着物、上布やちぢみなどの麻着物、そして軽めの柄の夏の付下げまで幅広くお楽しみ頂けます。

友禅ならではの、季節の情緒たっぷりのお品たちです。ご着用期間は、6月初~9月下旬。

※各お値段はどうぞお気軽にお問合せください。

 

《あじさい(絽)》

レモンイエローのハッとする色合いがとても美しい帯です。時期限定ではありますが、雨の日だからこそ晴れやかにあわせてみたい帯。

(前帯)

《露芝に蛍(絽)》

単衣から夏に向かう時期は蛍の飛び交う季節であります。夕涼みしながら、お食事にでもお出かけしませんか?

(↓ごめんなさい。ご売約済みになりました)

(前帯)

《南極大陸(紗)》

遠い氷の世界に遊ぶペンギンたち、お空には幻想的なオーロラ。触れるとヒンヤリとしそうな愛らしい帯はいかがでしょう。すごく可愛いなって思っております🐧💛

(前帯)

《花火(絽)》

夏の夜といえば花火。今年はようやく各地の花火大会が戻ってきそうです。心にも大輪の花を咲かせましょう。

(前帯)

《網干重ね(紗)》

夏の着物や帯に見かける「網干」は、魚を捕る網を浜辺に干している様子を描いています。こんなふうに描くと、とてもカッコいいデザインモチーフにもなります。

(前帯)

《御所解竹に流水》

夏の御所解に涼感あふれる流水が描かれています。竹がスクっと立つ姿が清々しいです。風情のある帯ですが可愛らしい配色も魅力です。

(前帯)

《柳橋(絽)》

江戸の街には橋が多くて、多くの人が行きかった柳橋。下町の風情を感じる色っぽい景色に夏が似合います。

(前帯)

《虫籠流水夏御所解》

軽めの付下げにも合わせて頂ける、華やかな夏御所解の帯です。墨茶にわずかに紫を混ぜたような色合いに、単色濃淡で描かれた美しい帯です。虫かごから響く秋虫の音色が涼感を誘う。

(↓ごめんなさい。ご売約済みになりました)

(前帯)

《大華紋(絽)》

モダンな華やぎの華紋に鳳凰も舞う、デザイン性豊かな帯です。華紋は伝統柄でありながら、現代的な美しさが魅力です。

(前帯)

《月下美人(絽)》

夏の夜に花開く月下美人。一夜限りの花を月の光が照らします。ロマンティックな花の魅力をたっぷりと味わえる、美しい帯です。

(前帯)

《百合づくし(絽)》

墨焦げ茶色の地色、百合の花の優美な姿が映える帯。百合は夏の花。豊かな緑も日差しに映えて、豊潤な香りさえ漂ってきそうです。

(前帯)

いかがでしょうか?美しい季節の情景を描く友禅の世界。夏らしい風情たっぷりの世界観も魅力です。愛らしさ爆発のお気に入りをお迎えになられませんでしょうか?

お値段その他、どうぞお気軽にお問合せください。

来週は、夏大島や上布など、夏を味わう透ける織の着物たちをご紹介してまいります。こちらの帯も素敵にコーディネートできそうですね。

日曜日・月曜日は定休日を頂戴いたします。お休み明けにまた元気にお目にかかれますように!

*営業時間*

午前11時~午後6時

(定休日:日曜日・月曜日)

 

お問い合わせはこちら

検索

つれづれ日記「恋衣」について

つれづれ日記「恋衣」
について

店主ブログでございます。
お店でご紹介しているお品や楽しい催事のことはもちろん、お着物周りのお話から、日々思うことや趣味のお話まで、徒然なるままに綴っております。
“恋衣(こいごろも)”とは忘れられない恋のこと。気になるお品やお話などがありましたらどうぞお気軽にお問合せ下さいませ。

以前のブログ「店主のつれづれ日記」➨https://somesan.exblog.jp/

店主の個人ブログ「ほわもわ」➨https://howamowa.com/

お問い合わせはこちら

カテゴリー

おあつらえバナー

カレンダー

2023年9月
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930  

Twitterタイムライン