春が待ち遠しい、うさぎのお月見春が待ち遠しい、うさぎのお月見

2023年1月12日

春が待ち遠しい、うさぎのお月見

新春の新作がボチボチと揃い始めまして、本日より、ご紹介を始めさせて頂こうと思います(*^^*)

全て揃う、来週から月末までは、『新春新作早割サービス』(「お仕立て無料」または「1割引き」)をさせて頂きます。

どうぞまた、ゆっくり日々のブログにお訪ね下さいませ❣

さて、本日は、やっぱり今年は「うさぎ」の年!ということで、こんな紬織物コーディネートをご紹介いたします。

 

小千谷紬「月うさぎ」(越後おぐに)
お月様色の紙布八寸帯

カジュアルに着回しの良い「無地」の真綿紬です。裾にはワンポイントで「月うさぎ」が織り込まれている、ちょっとウフッと笑顔がほころぶ紬織物です。

小千谷のお隣、新潟県の小国町で古くから制作されている紬で、この薄墨色の色合いは「松煙」染めという、松の煤(すす)を原料とした染料で染めています。「越後おぐに」の名前で知られた織物です。

薄墨色にほっこり浮かぶウサ子の後ろ姿が哀愁たっぷりで、無地紬でありながら、遊び心のある可愛らしさが目を引きます。

タテ糸生糸・ヨコ糸真綿の織物で、とても細い糸を用いています。生糸の光沢と、真綿のふわりと軽い風合いが交じり合い、やわらかくて心地よい感触です。

※商品ページに掲載いたしました➨https://someichie.com/item/25901.html

本日は、お月様色の「紙布八寸帯」をほんわかとコーディネートしてみました。

タテ糸ヨコ糸ともに楮(こうぞ)100%の和紙をひねって糸をつくり、天然色のタテ糸と、キハダ(ミカン科の樹木キハダの樹皮の煎汁)で染めたヨコ糸を用いて、丹念に手織りされた八寸帯です。

とても軽くてしなやかで、しかもオールシーズン対応の嬉しい帯です。まるでウサ子のために、お月様の雫を集めて染めたみたいに見えるから、嬉しいです。

※商品ページに掲載しました➨https://someichie.com/item/25914.html

お正月からずっとお天気の良い日が続いており、夜空には冬の月が冴え冴えと浮かんでいます。今年は、あちらこちらにウサ子が居て、みんなお空を見上げているに違いありませんね。

もう少し春が来たら、お月様もほっこりと柔らかな色合いになるのにな、そしたらウサ子たちの気持ちが弾んで、ぴょんぴょん跳ねまわってくれるかな。

長い耳は素敵な知らせを逃さない!ふっくらお尻は安定感抜群で、高い跳躍力でツキを呼ぶ!

新しい年をはじめる、気軽なコーディネートでございます。紬って、身にまとった瞬間から心がホッと癒されますね。ウサ子が一緒なら、なおさら!

どうぞ、穏やかな気持ちで温かな春をお待ちくださいますように🌕🐇。

*営業時間*

午前11時~午後6時

時間外ご予約承ります

(定休日:日曜日・月曜日)

 

 

お問い合わせはこちら

検索

つれづれ日記「恋衣」について

つれづれ日記「恋衣」
について

店主ブログでございます。
お店でご紹介しているお品や楽しい催事のことはもちろん、お着物周りのお話から、日々思うことや趣味のお話まで、徒然なるままに綴っております。
“恋衣(こいごろも)”とは忘れられない恋のこと。気になるお品やお話などがありましたらどうぞお気軽にお問合せ下さいませ。

旧ブログ
「店主のつれづれ日記」はこちら

お問い合わせはこちら

カテゴリー

おあつらえバナー

カレンダー

2023年1月
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  

Twitterタイムライン