江戸小紋のおあつらえ(単衣の素材のご提案)江戸小紋のおあつらえ(単衣の素材のご提案)

2023年1月11日

江戸小紋のおあつらえ(単衣の素材のご提案)

本日より、新春の新作コーデをご紹介しようと思ったのですが、ちょこっとまだ揃っておりませんので、到着を待つ間!おあつらえ江戸小紋の単衣・夏のご提案をさせて頂こうと思います。

思えば、いつからでしょう?

「単衣の衣替えは6月と9月ですよ!と習ったのなんて今は昔?むしろ、単衣は4月下旬~5月、10月も単衣着てます!」

そんなお声がとっても多くなりました。

そうですよね~。単衣の着物は、裏地をつけるかつけないかの違いだけで、袷の時期と同じ素材なわけで、もちろん、胴裏や八掛をつけない分、袷時期から単衣に着替えた瞬間、軽くて涼しい~って体感します。

でも、6月の気温って、平気な顔して連日28度、29度、時に30度を超えてしまったりするようになり、9月なんて全然夏の続きだわ💦。

そこで、いつの間にか夏の仲間ともなった6月・9月を快適に過ごすために(しかも夏素材なので7月8月だって大丈夫な)、こんな素材で「江戸小紋のおあつらえ染め」はいかがでしょう。

浜ちりめん「天の川」(白生地)

夏の江戸小紋は、通常は駒絽の生地にお染めしています。でも、絽素材は、絽の目が良く分かり「あっ夏物を着たのね!」と周りの人にも気づかれます。なので、6月の早い時期から袖を通すのはちょっと躊躇する・・・。

でも、この素材は、天の川を思わせるやわらかな立絽ですが、絽目があまり目立ちません。全体としてほんのりとした透け感がありますが、長じゅばんを合わせると、それもハッキリとは目立ちません。むしろ、汗ばむ6月や9月には、このほんのり透け感が魅力的に写ります。

本来は夏素材として作られた生地です。なので軽さや涼しさは抜群です。お肌に滑らかにそう優しい風合い、シャリ感のある肌触りも魅力的です。

ただ、たぶん35度を超える猛暑日ですと、もう何を着ても暑いので、涼しいですよ!とは保証できませんが、しかし6月9月は、こうでなくっちゃ!と涼感に感謝したくなります。

猛暑日を除いた6月~9月末までのご着用がおすすめの生地!そう考えると、ちょっと着用時期の長い、嬉しい生地かなと思います。

※こちらの生地:在庫2反のみです!

この寒い時期に、単衣や夏のことなんて考えられない!と思われるかもしれませんが、(当店の最終年がはじまりました関係もあり)お早目からご計画下さるとご安心頂けます。

◆おあつらえ江戸小紋価格+11,000円でお染めできます。

※おあつらえ江戸小紋専門サイトでは、様々な「文様」を数多くご案内しております。お色は、どんな色でもお染めいたします。色だけ見本帳もご用意しておりますので、どうぞお時間のあります時に、ゆっくりじっくりご相談にお越し下さいませ。

おあつらえ江戸小紋専門サイト➨https://www.someichie.jp/

 

*営業時間*

午前11時~午後6時

時間外ご予約承ります

(定休日:日曜日・月曜日)

お問い合わせはこちら

検索

つれづれ日記「恋衣」について

つれづれ日記「恋衣」
について

店主ブログでございます。
お店でご紹介しているお品や楽しい催事のことはもちろん、お着物周りのお話から、日々思うことや趣味のお話まで、徒然なるままに綴っております。
“恋衣(こいごろも)”とは忘れられない恋のこと。気になるお品やお話などがありましたらどうぞお気軽にお問合せ下さいませ。

旧ブログ
「店主のつれづれ日記」はこちら

お問い合わせはこちら

カテゴリー

おあつらえバナー

カレンダー

2023年1月
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  

Twitterタイムライン