神が織りなす錦繍の絨毯「栗駒山」神が織りなす錦繍の絨毯「栗駒山」

2022年10月3日

神が織りなす錦繍の絨毯「栗駒山」

なかなか涼しい秋が下りて来てくれなくて、下界では真夏日のまま10月突入となりましたが、山にはちゃんと秋が色づいているってことを夢に見ました。それはTVのニュースで「今年も栗駒山が色づき始めました」との情報を耳にしたからかもしれません。

栗駒山は、穂高の涸沢と並ぶ日本屈指の、いや日本一とも言われる山岳紅葉の名所です。もちろん以前から知っていたのです「栗駒山」のこと。でも毎年、東北か~宮城か~遠いな…この時期ガッツリ休めないし…と思っていました。だけど、コロナで山行を控えている間に私の足はあちこち故障してしまい、もういつまで歩けるかわからないし…。

何気なく調べてみたら、え~!東京から日帰りできるんだ!てことは、明日でも行けてしまう!?💦

お天気に恵まれた10月2日の日曜日、思い立ったら吉日、ヘッポコ夫婦で揃ってピュ~と宮城まで行って参りました。

すると、もう、言葉ではとても言い尽くせぬほどの素晴らしい錦繍の山「栗駒山」が待っていてくれました。

ということで、本日はすみません。お着物のお話をお休みして、栗駒山紅葉レポート🍁をさせて下さいませ。

道中ず~と撮影していたと言っても過言でないほど、見たことのない景色でした。たくさんたくさん収めてまいりましたので、お時間がありましたら、どうぞ画像だけでもお付き合い下さいましたら嬉しいです。

栗駒山は、奥羽山脈のほぼ中央に位置し、宮城・岩手・秋田の三県にまたがる東北の名峰(標高1627m)です。

東京からは朝7時過ぎの新幹線で「くりこま高原」駅まで約2時間。紅葉シーズンの週末だけは「くりこま高原駅~登山口いわがみ平」まで(所要時間1時間強)紅葉バスが運行されています。行き帰りのバスは、それぞれ一本/日ずつなので、絶対乗り遅れないように、朝6時に家を出て、イザ出陣。

登山コース(中央コースのピストン)の標準所要時間は往復で3時間(休憩やカメラタイム入れて4時間)と、足腰に負担が少なく気負うことのない気軽な登山でもあり、ちょうど下山すると帰りのバスが待っていてくれているという、至れり尽くせりの山行です。

色んな登山コースがあり、本当は沢歩きもできる周回コースを歩きたかったのですが、バスの到着から帰りの発車時刻まできっちり4時間しかなくて、しかも行きのバスが少々遅れたりしたことで、「中央コース」という、一本道のピストンコースを歩くことにしました。

登山口の「いわがみ平」は標高1100m。頂上との標高差500mです。とてもきれいに整備された登山道では、紅葉ベストシーズンの日曜日とあって、多くの人が列をなして登って行きます。

最初は、低木の木々に囲まれた登山道です。登山口あたりの紅葉はまだこれから。近ごろでは、足腰の負担軽減のため、やせ我慢せずに最初っからストックを使うことにしています。よいしょっ。

10月とはいえ、気温の上がったこの日は、額から汗が流れ落ちますが、3-40分ほど頑張ると、この絶景~!

ここからは何度も足を止めることとなり、この先はずーーっと、この錦繍の絨毯の中を歩いていきます。

ゆったりとした穏やかな山容の山肌に、紅葉、黄葉、褐葉が同時に進み、ハイマツの緑との絶妙な組み合わせ、この配色の妙が日本屈指といわれる所以でございます。

あのちょっとだけ尖った先が山頂です。ここから1時間弱。

たったの40分ほど歩いただけで、この絶景を目の当たりにできる、こんな山はなかなか他にはございません。とってもたくさん老若男女のハイカーさんたちが歩いていました。

いやもう、ちょっとどうする神様!?山紅葉は真っ赤っか。

足がピタリと止まってしまって、ひたすらニヤニヤするばかり、となりました。

見て下さい。登山道はこんな道。ここなら安心して歩けます。神様が広げてくれた絨毯は、それはそれは温かく心地よいものでございました。

えっ、また立ち止まる!?

だって、もったいないじゃん。今、目に焼き付けてるところ(^^;)v

地元の方のお話では、今年は猛暑と雨で例年より色が悪いのだそうで、赤くならずに傷んでしまった葉っぱも多く見受けられましたが、それでも、そんな葉っぱのおかげか、やさしい錦の色合いが心にしんしんと沁みました。

ほら見て。これを「神様の絨毯」と呼ばずして、何と言う?!

 

絨毯の間を縫うように、尾根道の登山道が続いています。

そして、あっという間に、この上が頂上です。ちょっと渋滞中。

栗駒山山頂1627m。アラカン山ガール。今日も元気に登頂です(^^;)

頂上は人がいっぱいなので、少し反対側の登山道(須川ルート側)へと進み、絶景ポイントでお昼ごはんといたしました。

栗駒山は火山です。なので、登山道須川ルートの先には温泉が湧き、ほのかな硫黄の香りが立ち昇ってきていました。

それにしても、素晴らしい。神様にしか織りなすことのできぬ絨毯の美しさ!ヘッポコの私たちは神様に失礼がないよう、二人並んでお行儀よく座り、あっおにぎりをうっかり🍙転がしつつも、感動しきりのひと時を礼儀正しく過ごさせて頂きました。

11時10分に登山を開始し、登頂は12時50分ごろ。帰りのバスは15時発なので、13時30分には下山を開始せねばなりません。なにせカメラ休憩が多いもので💦 

え~まだいいじゃん。ダメだよ。ほら、みんな下山開始してるよ。みんなバスに乗るんだよ。

わかった、下りるよ。。。てなことで、仕方なく下山開始。

登りよりも人混みが解消されて、頂上からの階段もスイスイ。

しかし、目は足元よりも、絨毯へ。足元を見ないと、また靭帯切るぞ、骨折するぞ!と脅されて、ゆっくりトコトコ。

ナナカマドの真っ赤な実。

だめだ。美しすぎる。また足が止まり・・・。

ついでに記念撮影✨

あまりにも美しすぎて、ヘッポコな私たちだけの体験では、とてももったいなく、申し訳ないほどです。ぜひ、この素晴らしい絶景を、せめてほんの少しだけお裾分けさせて下さいませ!

一歩ずつ下りながら眺めたこの景色、ぜひ、ご一緒に👋

いかがでしょう~。できることなら皆さまの目にも、実際のこの景色をご覧に入れたい!

景色だけじゃなく、体じゅうを包む心地よい秋の空気も、広い空も、カサコソとおしゃべりする葉っぱたちのささやきも。

絶対に忘れたくない、忘れられないこの世界、この瞬間を、瞼の裏にも焼き付けようと思いました。

そして、誠に名残り惜しいのですが、午後2時30分。バス発車まであと30分。いよいよ低木紅葉アーチの登山道へと戻ってまいりました。登りでは人混みと渋滞で味わえなかった花道でしたが、下山は心地よく、今日という時に感謝して、踏みしめてまいりました。

なんと、この秋初めてお会いする赤とんぼ。これからもっと赤くなるのでしょうか。。。

この度は、やや強行軍ではありましたが、なかなかやって来ない秋を迎えに、東北まで足を伸ばしました。すると、ちゃんと神様が今年を彩る絨毯を織り上げてくれていました。

息を飲むような神業に、ヘッポコ揃って感謝感激しまくって、帰りの新幹線では夢の中にも絨毯を広げ、心に秋をしみこませ、安心して帰路につきました。

まもなく、この下界も錦の色に染まる季節がやってまいります。近くの山や森の神様も、そろそろ夜なべして、大急ぎでそれぞれの絨毯を仕上げ初めてくれるはず。

そんな秋がまた今年もやってまいります(*^^*)

一年で最も美しい季節でもあり、私たちの秋のお洒落も神の恵み、と思うと気持ちがほんわかいたします。

もう間もなくです。どちら様にも、どうぞ素敵な秋が舞い降りますように。

***

*営業時間*

午前11時~午後6時

時間外ご予約承ります

(定休日:日曜日・月曜日)

お問い合わせはこちら

検索

つれづれ日記「恋衣」について

つれづれ日記「恋衣」
について

店主ブログでございます。
お店でご紹介しているお品や楽しい催事のことはもちろん、お着物周りのお話から、日々思うことや趣味のお話まで、徒然なるままに綴っております。
“恋衣(こいごろも)”とは忘れられない恋のこと。気になるお品やお話などがありましたらどうぞお気軽にお問合せ下さいませ。

旧ブログ
「店主のつれづれ日記」はこちら

お問い合わせはこちら

カテゴリー

おあつらえバナー

カレンダー

2023年1月
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  

Twitterタイムライン