やさしい秋を迎えるコーデやさしい秋を迎えるコーデ

2022年10月1日

やさしい秋を迎えるコーデ

10月はじめの日、秋晴れの週末となりました。もう少しすると、気持ちの良い涼やかな季節へと移り変わります。来週の後半からは袷のお着物も心地よく着られるようになりそうですね。

10月のお店では、10/11(火)~15(土)「織楽浅野コーディネート展」を開催予定です。人気の「織楽浅野さんの帯」を色々ご紹介しながら、今回はじめてご案内する「無線友禅」の小紋とのコーディネートもご紹介予定です。

秋のはじまりに、どうぞまたゆっくりお付き合いを下さいましたら嬉しいです。

本日のコーディネートは

無線友禅小紋「菊」×染め帯「紅葉に月」

「無線友禅」とは・・・糸目を引かない友禅のこと。生地に染料をのせるとジュワッと滲んで輪郭がわからなくなってしまいます。そのため通常の友禅は、糊で輪郭に糸目を引きます。それにより、くっきりとした絵が描けるのですが、無線友禅は糸目を引きません。すると輪郭はぼやけてしまいますが、ほわんとした柔らかな表現が仕上がります。滲みすぎて柄がわからなくならないように、ちょうど良い豊かな仕上がりを目指す職人技です。

来週から10/15まで、無線友禅の小紋を色々と取り揃えてご案内いたします。

本日あわせたのは、友禅染め帯「紅葉に月」。紅葉のように糊糸目を引くと鮮やかな絵が描かれます。友禅と言っても様々な技法があり、長い歴史の中で職人さんたちの多様な技とセンスが伺えますね。

もの想う秋です。紅葉の気持ちをも照らす美しい月が心に沁みる作品です。白地ではなくうっすらとしたグレー地であることで、着物とやさしく寄り添える季節の帯が美しい。

秋の月 光さやけみもみぢ葉の
落つる影さへ見えわたるかな
(紀貫之)

無線友禅小紋の地色は、小さい刷毛で微妙にぼかしながら染めていきます。そのため、マットな仕上がりではなく表情のある染まり具合も魅力です。

※帯の詳細はこちらクリック⇒友禅染め名古屋帯「紅葉に月」

小紋は先行して、来週からこちらのブログでもご紹介してまいります。どうぞまた楽しみにお訪ね下さいませ(*^^*)。

さて、晴れ晴れとした週末でございます。どちら様もどうぞ、のんびりと気持ちの良い日ををお過ごしくださいますように。

日曜日・月曜日は定休日を頂戴いたします。どうぞよろしくお願いいたしますm(__)m

***

*営業時間*

午前11時~午後6時

時間外ご予約承ります

(定休日:日曜日・月曜日)

 

お問い合わせはこちら

検索

つれづれ日記「恋衣」について

つれづれ日記「恋衣」
について

店主ブログでございます。
お店でご紹介しているお品や楽しい催事のことはもちろん、お着物周りのお話から、日々思うことや趣味のお話まで、徒然なるままに綴っております。
“恋衣(こいごろも)”とは忘れられない恋のこと。気になるお品やお話などがありましたらどうぞお気軽にお問合せ下さいませ。

旧ブログ
「店主のつれづれ日記」はこちら

お問い合わせはこちら

カテゴリー

おあつらえバナー

カレンダー

2022年11月
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930  

Twitterタイムライン