秋色帯揚げコーディネートやってみました秋色帯揚げコーディネートやってみました

2022年9月30日

秋色帯揚げコーディネートやってみました

秋晴れが続きます。日中の暑さはもうあと一週間ほどで、来週半ばにひと雨降ると一気に秋が進みそうです。

ということで、先日ご紹介した「秋色の紅葉銀杏の帯揚げ2色」を、紬のお着物×こっくり色の帯にコーディネートしてみました。高麗納戸色/黒とび色、帯揚げを変えると印象が変わります。秋を迎える小物のご準備もそろそろと(*^^*)

では、やってみよう!

□琉球かすり「小絣」□
□染め帯「曜変天目」□
□秋色 しぼり帯揚げ□

こちらが先日ご紹介した、秋色の絞り染め帯揚げ「紅葉と銀杏」です。

(高麗納戸色/黒とび色)

コーディネートするお着物は、沖縄南風原町の宝物、琉球かすり「小絣」です。ツバメや豚さんのエサ箱、風車などの伝統的で素朴な絣柄が特徴の琉球かすりですが、こちらは、どことなくモダンでお洒落な絣のデザインです。さらりとした触感とほっこりとした風合いは琉球絣ならではで、単衣でも袷でも、カジュアルに楽しめるお着物です。

※詳細はこちらクリック⇒琉球かすり「小絣」

あわせた帯は、染め帯「曜変天目」です。器の中に宇宙が見えると評された「曜変天目茶碗」その、摩訶不思議な曜変天目の景色を友禅の染めで表現しています。弁柄色のしっとりとした赤茶色に曜変天目の色紙が散りばめられた帯、コーディネートをしっとりと華やかせてくれる帯です。

※詳細はこちらクリック⇒友禅染め名古屋帯「曜変天目」

《黒とび色の帯揚げコーディネート》

《高麗納戸色帯揚げコーディネート》

どっちがいい?と思います。着物に寄せるか、帯に寄せるか?どっちもアリ!

黒とび色(左)ですと、しっとりと落ち着いた深まる秋をイメージします。高麗納戸色(右)ですと、カッコいい個性的な雰囲気に仕上がります。皆さまは、どちらがお好みでしょうか?

いつもお店のテーブルの上で、この帯揚げがいいかな、こっちの帯締め変えようかな?なんて一人でぶつぶつ言いながら机上コーディネート遊びをしておりますが、どうでしょうか、そろそろ一緒に楽しみませんか?小物を変えるだけで、今年の秋の新鮮なコーディネートが仕上がります。

週末は秋晴れ☀明日の土曜日も元気にお店番をしております。お近くにお越しの際は、どうぞお気楽にお立ち寄りくださいませ。

***

*営業時間*

午前11時~午後6時

時間外ご予約承ります

(定休日:日曜日・月曜日)

お問い合わせはこちら

検索

つれづれ日記「恋衣」について

つれづれ日記「恋衣」
について

店主ブログでございます。
お店でご紹介しているお品や楽しい催事のことはもちろん、お着物周りのお話から、日々思うことや趣味のお話まで、徒然なるままに綴っております。
“恋衣(こいごろも)”とは忘れられない恋のこと。気になるお品やお話などがありましたらどうぞお気軽にお問合せ下さいませ。

旧ブログ
「店主のつれづれ日記」はこちら

お問い合わせはこちら

カテゴリー

おあつらえバナー

カレンダー

2022年11月
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930  

Twitterタイムライン