仲秋の名月仲秋の名月

2022年9月10日

仲秋の名月

【秋一番の新作、早割サービス】9/12(月)までにご連絡を頂きましたら、早割サービスを適用させて頂きます。日・月は定休日ですが、メールやメッセージにてご連絡くださいませ。

 

さて、昨夜は久しぶりに、雲の間からお月様が顔を見せてくれました。

木の間よりもりくる月の影見れば
心づくしの秋は来にけり(よみ人しらず)

そして、今宵は「十五夜」でございます。東京では、なんとかお会いできそうですが、皆さまのお住まいのところではいかがでしょう?

十五夜を迎えると、夜の空気の肌ざわりが心地よくなり、少しほっといたいます。

画像は、9月20日より、東京友禅三人展を開催いたします。その期間中にご案内予定の帯です。満月の夜、風が野原を吹き抜けると、どこからともなく聞こえる笛の音にあわせ、桔梗の花々が美しい歌を口ずさむのです。

東京友禅「染谷洋作」“月夜”

な~んてことを想像すると…、なんだかもの悲しくなったりもいたします。秋の月、秋の風、虫の声・・・なるほど、どうやら秋は心のすき間に忍び込み、ひ弱な琴線を響かせるのかもしれませんね。そうそう、哀愁の愁は、秋の心と書きますゆえ。

月見ればちぢにものこそ悲しけれ
わが身一つの 秋にはあらねど(大江千里)

が、しかし!なんと、うちの番兎たちはというと、今晩は酒盛り?

お店の玄関の上がりかまちのところで、毎日お客様をお迎えしている、信楽焼の兎です。ご来店下さったことのある方には、この子たち(ピョンとピョ子といいます)お気づき下さっていますでしょうか?開業以来ずっと、お店番をしていてくれています。

店内には、この子たち以外にも、(これまたお気づきかどうかわかりませんが)階段の踊り場には、三味線兎たちもおりまして、お月見の夜は、店主が帰宅してしまった後、みんなで窓辺に集まって、年々せちがらくなる兎の立場を憂いたりしているようです(^^;)。

でも、大丈夫!なんと来年は、兎年でありますから、今宵の宴会は、パッと盛り上がるかもしれません。

ということで、今晩は、仲秋の名月でございます🌕

月々に月見る月は多けれど
月見る月はこの月の月

どちら様も、どうぞ素敵な月夜をお過ごしくださいますように。

日曜日・月曜日は定休日を頂戴いたします。お休み明け、さわやかな秋に、また元気にお目にかかれますように。

 

***

*営業時間*

午前11時~午後6時

時間外ご予約承ります

(定休日:日曜日・月曜日)

 

お問い合わせはこちら

検索

つれづれ日記「恋衣」について

つれづれ日記「恋衣」
について

店主ブログでございます。
お店でご紹介しているお品や楽しい催事のことはもちろん、お着物周りのお話から、日々思うことや趣味のお話まで、徒然なるままに綴っております。
“恋衣(こいごろも)”とは忘れられない恋のこと。気になるお品やお話などがありましたらどうぞお気軽にお問合せ下さいませ。

旧ブログ
「店主のつれづれ日記」はこちら

お問い合わせはこちら

カテゴリー

おあつらえバナー

カレンダー

2022年10月
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  

Twitterタイムライン