雲取り文様雲取り文様

2022年8月24日

雲取り文様

昨日、ぼんやり眺めたお空です。あれ?夏の雲と秋の雲が同居している。思えば「処暑」でございます。とはいえ暑さは収まってくれませんが、ほのかに秋風の肌ざわりがいたしました。

夏と秋と 行きかふ空の かよひじは
かたへすずしき 風や吹くらむ
(凡河内躬恒)

本日より通常営業開始いたします!昨日は、秋の仕入れに参りましたので、またゆっくりと季節の装いをご案内してまいりたいと思います。秋にむかって、どうぞま、たのんびりお付き合いを下さいましたら嬉しいです。

さて、雲といえば・・・

江戸小紋には「雲」の模様を描いた文様もあるのです。

「雲」は着物や帯など和装の模様に多く描かれます。雨や雪を降らせ、ある夜にはお月様の宿にもなる雲。刻々と形を変えて悠然と浮かぶ雲には、人知の及ばぬ不思議な力があるに違いない!昔の人は、万物は雲から生まれたのだ、雲には神が宿っているのだと信じていたそうです。

雲気が上がると運気もあがるなんて、どうにもならぬ地上の出来事やこの身の浮き沈みさえ、自然現象に願いを託してみたくなる、先人たちの想いは現代の私たちも何も変わりませんね(*^^*)

江戸小紋「雲取り」文様

もこもことした雲を点々で描いた文様で、可愛らしくもあり、ふわふわとした心の軽くなる優しいデザインが魅力です。まさに、雲気(運気)のあがる文様です!

誠に申し訳ないことに、江戸小紋専門サイトに掲載ができておりませんでしたm(__)m。お好みのお色でお染めできますので、どうぞお問合せ下さいませ。

そして、この秋の新入荷の帯にも、雲のデザインのものをご用意しています。袋帯も名古屋帯も、なぜだか雲を仕入れてしまいました。季節を問わずお召しになれることはもちろん、お心をふわりと軽く明るく、そして幸運の兆しさえ運んでくれる雲。何かにつけてお召しになりやすいモチーフです。

今日は突然の雨が道路を濡らしました。不安定なお天気に暑さも相まって、蒸し暑い夏の終わりでございますが、相変わらずどうぞご無理なさらず、季節の変わり目を上手にお暮し頂けますように。

江戸小紋のお誂えは、染め+お仕立てで、3か月~4カ月ほどのお時間を頂戴しております。そろそろ「お誂え」をご検討下さいます皆さまには、季節の変わり目ののんびりした時間に、ぜひぶらりと遊びにいらっしゃいませんでしょうか?色や柄や、色んなおしゃべりをして、お楽しみ頂けましたら嬉しいです。

またどうぞ、お気軽に何なりとお申し付け下さいませ。よろしくお願いいたします。

***

*営業時間*

午前11時~午後6時

時間外ご予約承ります

(定休日:日曜日・月曜日)

 

お問い合わせはこちら

検索

つれづれ日記「恋衣」について

つれづれ日記「恋衣」
について

店主ブログでございます。
お店でご紹介しているお品や楽しい催事のことはもちろん、お着物周りのお話から、日々思うことや趣味のお話まで、徒然なるままに綴っております。
“恋衣(こいごろも)”とは忘れられない恋のこと。気になるお品やお話などがありましたらどうぞお気軽にお問合せ下さいませ。

旧ブログ
「店主のつれづれ日記」はこちら

お問い合わせはこちら

カテゴリー

おあつらえバナー

カレンダー

2022年10月
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  

Twitterタイムライン