近江上布コーディネート近江上布コーディネート

2022年6月16日

近江上布コーディネート

上質な麻の絣織物「近江上布」です。ちぢみ織物よりも、やわらかくてスベスベさらりとした触感で、もちろん麻ですのでお手入れの気楽さも魅力の近江上布です。(~6/25までのご案内商品です)

本日は、近江上布を可愛らしく、心地よく装うコーディネートをご紹介いたします。

 

近江上布「花格子」

近江(滋賀県の湖東地域)は、室町時代より麻織物を産する地域として知られています。滋賀県は湖国とも呼ばれ、琵琶湖を中心として豊かな山々に囲まれた自然豊かな地であります。織物にかかせない大量で清らかな水にも恵まれ、古くから上質な麻の産地として発展してきました。

苧麻(ちょま)糸を用いて手織りで織り上げ、仕上げの手もみのシボが特徴です。ちぢみ織物とはまたひと味違う、スレンダーな着心地も嬉しい肌馴染みのよい上質な麻着物です。

白地に藍紺色の愛らしい花格子模様は、上布らしく清々しい爽やかな印象を与えてくれます。

絣づくりも近江ならではの伝統技術です。苧麻糸を型紙捺染(羽根巻き捺染)で染めて絣を作ります。羽根と呼ばれる枠に麻糸を巻き、型紙を置いて織り出す文様を染めるのです。そして手織りで織り上げていきます。独特の絣づくりは近江上布の古くからの特徴の一つで、伝統的工芸品に指定されています。

近江上布「花格子」(麻)

名古屋帯「ヤツデ」(夏絹)

墨茶色の透け感のある名古屋帯「ヤツデ」をコーディネートしてみました。

麻のカジュアル着物ですが、こんなコーディネートにすると、レストランなどお洒落な場所にも気持ちよくお出かけ頂けます。

※名古屋帯「ヤツデ」商品ページこちらクリック⇒染め名古屋帯「ヤツデ」(夏ひとえ)

近江上布「花格子」(麻)

能登上布八寸帯(麻)

清々しい能登上布の八寸帯をコーディネートしてみました。上品でありながら夏らしい涼やかな気楽さが心地よい印象です。

※能登上布の帯はこちらの記事でもご案内しています⇒こちらクリック

いよいよ気温が上がってまいりまして明日の金曜日は30度になりそうです💦

暑さをしのぐ麻のお着物は、雨の多い日本の夏にも寄り添います。そういえば、近頃の夏は雨の降り方が変わってきてしまい、突然激しく打たれることも少なくありません。そんな時にも安心なのが、お家でお手入れのできる麻着物。毎回全部洗ってしまわなくても、雨に降られた裾や、汗をかいたところだけ、ぬれタオルでポンポンして頂くと、随分と安心です。

明日は晴れ予報。お近くにお越しの際は、どうぞお気楽に遊びにいらして下さいませ(*^^*)

***

*営業時間*

午前11時~午後6時

時間外ご予約承ります

(定休日:日曜日・月曜日)

お問い合わせはこちら

検索

つれづれ日記「恋衣」について

つれづれ日記「恋衣」
について

店主ブログでございます。
お店でご紹介しているお品や楽しい催事のことはもちろん、お着物周りのお話から、日々思うことや趣味のお話まで、徒然なるままに綴っております。
“恋衣(こいごろも)”とは忘れられない恋のこと。気になるお品やお話などがありましたらどうぞお気軽にお問合せ下さいませ。

旧ブログ
「店主のつれづれ日記」はこちら

お問い合わせはこちら

カテゴリー

おあつらえバナー

カレンダー

2022年10月
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  

Twitterタイムライン