藤の花藤の花

2022年4月6日

藤の花

都内の桜は花びらを散らして、そろそろ若葉が芽を出してくる時期となりました。週末からは気温が上がり、新緑香る季節がはじまります。皆さまのお住まいのところではいかがでしょうか。

もう少しして、初夏の陽気ともなりますと、暮春を飾る「藤の花」が満開を迎えます。

本日は、艶やかな藤の花を見事に描いた友禅の帯をご紹介いたします。

4/12(火)~23(土)「春うららな友禅展」にてご案内予定の作品です。

友禅染め名古屋帯「群藤」

藤は紫式部がこよなく愛した花でもあります。思えば、源氏物語では、光源氏の義母であり初恋の人の名前は藤壺、最愛の妻の名前は紫の上でありました。

そしてこんな記述もございます。「春の花がいずれも咲き終わってしまって寂しく思う頃に、この花だけひとり立ち遅れて咲き、夏に向かって楽しませてくれる。しかもその色が不思議に奥ゆかしくて心に染み入るのです」紫色の藤の花には感慨深いご縁を感じていたようですね。何しろその名も、紫式部でありますから。

世の常の色とも見えず雲井まで
立ちのぼりける藤波の花(源氏物語)

桜の儚さと違い、たっぷりと咲き誇った藤は、夏へと向かうエネルギーを感じさせてくれます。各地で満開を迎える藤棚が公開されたりいたしますが、その圧巻の美しさは息を飲みますね。

その素晴らしい景色を切り取って、丁寧に見事に描いた作品です。(黒地の塩瀬です。お値段はお気軽にお問合せ下さい)

(お太鼓)

(前帯)

現在では鑑賞用の藤の花は藤棚に仕立てることが一般的ですが、古来は棚ではなくて松の木に絡んで自生していたようです。

藤波は君が千歳の松にこそ
かけて久しく見るべかりけれ(金葉集)

ということで、付下げ「松に笹」にあわせてみました。松をたよりに蔓をはわせて豊かな滝のごとく花を咲かせる藤。潤う季節の鮮やかな景色に心奪われてしまいそうです。(付下げ⇒友禅染め付下げ「松に笹」)

季節が駆け足で進みはじめているようです。

春は気が早くていけませんが、しばらくは何をするにも過ごしやすい気候が続きます。

来週4/12からの「春うららな友禅展」をどうぞお楽しみにお訪ね下さいましたら嬉しいです。

 

***

*営業時間*

午前11時~午後6時

時間外ご予約承ります

(定休日:日曜日・月曜日)

お問い合わせはこちら

検索

つれづれ日記「恋衣」について

つれづれ日記「恋衣」
について

店主ブログでございます。
お店でご紹介しているお品や楽しい催事のことはもちろん、お着物周りのお話から、日々思うことや趣味のお話まで、徒然なるままに綴っております。
“恋衣(こいごろも)”とは忘れられない恋のこと。気になるお品やお話などがありましたらどうぞお気軽にお問合せ下さいませ。

旧ブログ
「店主のつれづれ日記」はこちら

お問い合わせはこちら

カテゴリー

おあつらえバナー

カレンダー

2022年6月
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930  

Twitterタイムライン