春立つ日春立つ日

2022年2月4日

春立つ日

「立春」です。春がやってまいりました!だけど、寒い。。毎年この時期は冬本番の寒さの中、それでも、身の回りにささやかな春を感じる頃でもございます。

今朝はちょこっと表参道をパトロールしてまいりました。春はこんな感じで近づいてきています。

袖ひぢて結びし水のこほれるを
春立つけふの風やとくらん(
紀貫之)

そんな気分で周りを見渡すと、梅の木にもちらほらと、お花がこぼれはじめていました。

春よ、ようこそ。

そういえば、今年はもう令和も4年になりました。思い起こせばこの「令和」、梅花の宴にて詠まれ、万葉集に収められている次の歌に由来するとのことでしたね(#^.^#)

初春のき月、気淑く風み、梅は鏡前の粉を披き、蘭は珮後の香を薫らす

(初春のよき月に、空気よく風なごみ、梅は鏡の前のおしろいのように白く咲き、蘭は身に帯びた香のごとく薫っている)

大伴旅人さんのお家に人々が集まり、梅花の宴を開いた際に読まれた歌の序誌だそうです。このあと「素晴らしい景色を前に一同会して、ちょっと歌を詠もうではありませんか?」と続きます。これを記したのはどうやら山上憶良さんとも言われていますが、そうしてこの宴では、いくつもの梅の歌が詠まれました。

なんだか、その様子を想像するだけで、心癒されます。梅が咲いて鶯がさえずり、ほろ酔い気分で人々が集う。まだ寒さがしみる頃でありながら、なんとも心豊かな情景でございます。

春されば まづ咲くやどの 梅の花
ひとり見つつや 春日暮らさむ(山上憶良)

わが園に 梅の花散る ひさかたの
天より雪の流れくるかも(大伴旅人)

代々木公園の梅園は、まだチラホラと咲きはじめたばかりでありましたが、来週には香り豊かな春を届けてくれることと思います。

そして、立春の朝の表参道は・・・寒い(^^;)

それでも真冬のグレーな景色と違い、ほのかに春の兆しを感じます。ケヤキの葉っぱが芽吹くまで、あともう少し。

古来は今日から新年がスタートしていました。今では、すでに1か月が過ぎてしまっているわけですが、なるほど今日がはじまり、と思うと心強いです。

もし、この一か月はコロナにまみれて日々を浪費してきてしまったな、と焦っておられましたら、ここで、リ・スタート可能です。

どちら様にも『立春大吉』、よき一年のはじまりでありますように❣

***

*営業時間*

午前11時~午後6時

時間外ご予約承ります

(定休日:日曜日・月曜日)

お問い合わせはこちら

検索

つれづれ日記「恋衣」について

つれづれ日記「恋衣」
について

店主ブログでございます。
お店でご紹介しているお品や楽しい催事のことはもちろん、お着物周りのお話から、日々思うことや趣味のお話まで、徒然なるままに綴っております。
“恋衣(こいごろも)”とは忘れられない恋のこと。気になるお品やお話などがありましたらどうぞお気軽にお問合せ下さいませ。

旧ブログ
「店主のつれづれ日記」はこちら

お問い合わせはこちら

カテゴリー

おあつらえバナー

カレンダー

2022年8月
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  

Twitterタイムライン