織楽浅野コーディネート③(新作)織楽浅野コーディネート③(新作)

2022年1月27日

織楽浅野コーディネート③(新作)

さて本日も、織楽浅野さんの帯のご紹介です。

今回の帯は、これまでとひと味違う、さらさらとした軽い帯地に、ワンポイントの繊細な織柄一つ!見事なまでに清々しい新作です。

織楽浅野名古屋帯「照影」

これ、何の模様に見えますか?織楽さんのお話では、「モダンな風見鶏」をイメージしたのだそうです。

そして、緑は一色ではなくて、四色を織り交ぜています。そのせいで、光の色や角度によって、いろんな緑色が目に飛び込んできます。

「照影」というネーミングは、もしかすると、日に照らされた風見鶏が緑の草木に落とした影を見て、思いつかれたのかもしれませんね。

そしてまた、これって風見鶏?いえいえメダカに見えるわ、釣り具のウキよ、桂離宮のふすまの引き手ってこんな形よね、なんてイメージが膨らみ、織楽さん曰く「心のままに感じて頂ければ嬉しいです」とのことです。皆さまは、何に見えるでしょうか?

帯地は、さらりとした軽い絹地です。ハリがあって締めやすく、単衣の季節にもおすすめです。

帯地の横段ぼかし地紋は銅版画をイメージされたとのことで、微妙なグラデーションが気持ちよく織り上げられています。薄いベージュ系のお色なので、お着物を選ばす合わせて頂けるのも嬉しいです。

※帯の詳細はこちらにて⇒織り名古屋帯「照影」

本日は、こちらも新入荷の「綾織下井紬」にコーディネートいたしました。

ややラベンダー香るシルバーグレーのお色目です。タテヨコ生糸でドレープ感のある織の着物です。

綾織(丸なまこ織)の地紋のおかげで、艶やかな光沢を感じます。お日様や照明の色によって、シルバーに見えたり、桜色っぽく見えたりする、誠に美しいお着物です。さらさらとしてハリがあり丈夫です。単衣仕立てでも大活躍いたします。

※お着物詳細はこちらにて⇒綾織「下井紬」

帯の前帯には柄がありません。地紋のままです!なんとも粋な計らいと申しますか、引き算の美学です。ならばスーと細めの帯締めを結んでカッコよく決めて頂いても素敵ですが、存在感のある帯締めや帯留めなどを合わせて頂くこともできます(*^^*)

「和小物さくら」さんの逸品帯締めをあわせてみました。もしかして、お譲り受けたアンティークな帯留めなどがタンスの中に眠っていたら・・・出番です(*^^)v

◆ただ今「新春新作展」開催中!新作着物や帯のご案内は、毎日ブログを更新いたします。今月は、着物や帯の「お仕立て代サービス」または「1割引き」でご案内いたしております。お出かけが難しいなと思われましたら、事前確認のお届けも承りますので、どうぞご相談下さいませ。

期間限定の特別割引のご案内は、今月いっぱい(営業日としては、今週の土曜日(1/29)まで)となります。メールやメッセージでのお求めは1/31まで割引価格でご案内いたします。

どうぞまずは、何か気になるお品がございましたら、お気軽に、お問合せお待ちしております。

***

*営業時間*

午前11時~午後6時

時間外ご予約承ります

(定休日:日曜日・月曜日)

お問い合わせはこちら

検索

つれづれ日記「恋衣」について

つれづれ日記「恋衣」
について

店主ブログでございます。
お店でご紹介しているお品や楽しい催事のことはもちろん、お着物周りのお話から、日々思うことや趣味のお話まで、徒然なるままに綴っております。
“恋衣(こいごろも)”とは忘れられない恋のこと。気になるお品やお話などがありましたらどうぞお気軽にお問合せ下さいませ。

旧ブログ
「店主のつれづれ日記」はこちら

お問い合わせはこちら

カテゴリー

おあつらえバナー

カレンダー

2022年5月
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  

Twitterタイムライン