ドレスな帯(新作)で春を迎えにドレスな帯(新作)で春を迎えに

2022年1月19日

ドレスな帯(新作)で春を迎えに

昨夜は満月でした(*^^*)

天の原 空 さへさえや わたるらむ
氷と見ゆる 冬の夜の月
(恵慶法師)

この時期、毎夜のお月見は、とても寒くて凍えてしまいそうです。お月様の住まう天空はどうでしょう?見上げると、まるで凍てつくような月の光、あまりにも冴え冴えと輝き、目にしみるようでした。それでも、月下では早梅が花開いて、天の原の氷が解ける日も近いでしょうか。春を待ちわびる季節には、梅の花の健気な姿に心すくわれるような気がいたしますが・・・

でも、もしまた雪が降ったら、紅梅ならば君の居場所を見つけられる。ちょっとそんな景色を想像したりして・・・。なんて、勝手が過ぎるようで、すみません。

皆さまのお住まいのところでは、いかがですか?

さて、本日の新作は、とても珍しい、手織りの作品「袋帯」です。

齋藤織物謹製 袋帯「市松」

ちょっとドキリとするような、美しい帯です。伝統的な西陣織とは異なる、大変に独創的な発想で、熟練の職人さんが「手織り」で織り上げた、まさに「作品」です。

陰影や奥行きを感じさせるべく、紬糸や箔糸を用いるなど、素材となる糸づくりにこだわり、随所で織り糸を替え、織り方を替え、色糸や銀糸を交えて、繊細な市松模様を織り出しています。

ドレッシーで愛らしくて、まるで夢のような帯だと思います。

お太鼓とタレ部分、そして前帯の部分に市松模様が織り出されています。織柄の部分はとても広範囲ですので、柄出しに困ることは全くございません。

それ以外の部分は、箔糸を織り交ぜた艶めくような無地場となっています。

何しろ、ふわりと軽くて、とても締めやすい。しかも、この帯を結んだコーディネートをご覧になったら、思わず近寄ってしまいたくなるに違いありません。

とってもレア、しかし伝統的な職人技を持ってしか作ることができない、新時代の伝統工芸品にふさわしい帯です。

様々な織柄の豊かな風合いと、ところどころ煌めく艶めきが、何とも美しい、一点ものでございます。

付下げや色無地、小紋、織の着物にも、いつもの装いを新鮮にリニューアルしてくれる帯、この春の新作でございます。

※帯の詳細はこちらクリックで⇒織り袋帯「市松」 

 

※ただ今「新春新作展」開催中!新作着物や帯のご案内は、毎日ブログ更新いたします。今月は、着物や帯の「お仕立て代サービス」または「1割引き」でご案内いたしております。

お問合せはお気軽にお願いいたします。

***

*営業時間*

午前11時~午後6時

時間外ご予約承ります

(定休日:日曜日・月曜日)

お問い合わせはこちら

検索

つれづれ日記「恋衣」について

つれづれ日記「恋衣」
について

店主ブログでございます。
お店でご紹介しているお品や楽しい催事のことはもちろん、お着物周りのお話から、日々思うことや趣味のお話まで、徒然なるままに綴っております。
“恋衣(こいごろも)”とは忘れられない恋のこと。気になるお品やお話などがありましたらどうぞお気軽にお問合せ下さいませ。

旧ブログ
「店主のつれづれ日記」はこちら

お問い合わせはこちら

カテゴリー

おあつらえバナー

カレンダー

2022年6月
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930  

Twitterタイムライン