金色の銀杏並木金色の銀杏並木

2021年11月30日

金色の銀杏並木

今年の紅葉も見納めのピークとなりました。

なので、先日の定休日に、毎年恒例の「神宮外苑いちょう並木」をパトロールにまいりますと、これ以上ないほどに誇らしく背筋を伸ばして迎えてくれました。

折しも、雲一つない快晴の青空に、この上なく熟した金色の銀杏たちが、青色を切り裂くように輝いていました。

そして、毎年恒例のこの句も、もう空で言えるほど、しみついてしまっております(^^;)

金色のちひさき鳥のかたちして
銀杏ちるなり夕日の岡に(与謝野晶子)

「恋衣」という句集に納められた一首です。ふふふっ、恋衣って、このブログのタイトル(つれづれ日記「恋衣」)でもあるのです。

名づけた時には、与謝野晶子さんのことを思っていたわけではありませんが、(恋衣=心から離れられない恋、それは常に身から離れない衣のよう)まるで、愛着をもって親しむ着物や帯みたいだな~なんて思いまして、「恋衣」という言葉を拝借しました。

いちょう並木は、たぶん今が最も美しく、金色の鳥たちは、旅の準備を始める頃です。今年は例年よりも、うんと素晴らしい瞬間に立ち会うことができました。

銀杏が色づくのを見ると、どうしてだか母や弟を思い出します。

絵を描くのを趣味にしていた母は、この銀杏並木の絵を置き土産に、ある日、葉っぱが飛び立つようにいなくなってしまいました。でも、その絵は今年も忘れずに、自宅の玄関を彩ってくれています。

弟は、この場所に縁はありませんが、幼い頃に、葉っぱを落とした木を見て、寂しいと泣いたことがありましたので、秋を終う銀杏の落ち葉を見ると、じんわり思い出します。まっ、きっと本人は、今では何のことやら「やめてくれ」と申すでしょうが(^^;)

となりの公園には紅葉が真っ赤に空を染めていました。銀杏が色づくのを待っていてくれていたのでしょうか。まもなく、赤い葉っぱ、黄色の葉っぱが、あたり一面を埋め尽くすことと思います。

毎年、紅葉シーズンの最後に彩りを添えてくれる銀杏です。この葉っぱが舞い上がるのは、もう間もなく。いよいよ冬がやってきます。

表参道では、12/1からケヤキ並木のイルミネーションが点灯します。昨年は暗い夜を過ごしましたので、久しぶりに煌くクリスマスシーズンを迎えます。

そしてお店では、今年も12月中旬から恒例の冬のセールをいたします。今年は在庫商品に加えて、セールの助っ人お着物たちもご紹介できる予定です。

今年一年は、なかなかに身動きの難しい年ではありましたが、残りの一か月は、どうか心華やぐ月でありますように。

寒さがしみるようになりました。どちら様も、どうぞご自愛下さりお過ごし下さい。

***

*営業時間*

午前11時~午後6時

時間外ご予約承ります

(定休日:日曜日・月曜日)

お問い合わせはこちら

検索

つれづれ日記「恋衣」について

つれづれ日記「恋衣」
について

店主ブログでございます。
お店でご紹介しているお品や楽しい催事のことはもちろん、お着物周りのお話から、日々思うことや趣味のお話まで、徒然なるままに綴っております。
“恋衣(こいごろも)”とは忘れられない恋のこと。気になるお品やお話などがありましたらどうぞお気軽にお問合せ下さいませ。

旧ブログ
「店主のつれづれ日記」はこちら

お問い合わせはこちら

カテゴリー

おあつらえバナー

カレンダー

2022年1月
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  

Twitterタイムライン