紅葉に冬桜、山と渓谷。晩秋の「長瀞」ハイク!紅葉に冬桜、山と渓谷。晩秋の「長瀞」ハイク!

2021年11月26日

紅葉に冬桜、山と渓谷。晩秋の「長瀞」ハイク!

紅葉が燃え盛る季節をむかえております。

と聞いて、先日の祝日は勝手な臨時休業を頂戴し(すみません)、真っ赤な秋を求めて、山へ、そして渓谷へと歩いてまいりました。

本日はお着物のお話ではなくてごめんなさいm(__)m、店主の趣味「山歩き」のレポートでございます。夫婦で歩き始めてかれこれ10年、今では、思い出づくり&体力づくりのための、わが家の大事なルーティーンとなりました。

この度は、都心からとっても近い埼玉県長瀞(ながとろ)への旅でございます。

あり、紅葉あり、冬桜あり、そして渓谷ではライン下りの船にも乗っちゃって、終日秋を満喫してまいりました。

もし、とってもお暇でしたら、お時間つぶしに、画像だけでも、お付き合い下さいましたら嬉しいです。それにそれに、長瀞は今週末も紅葉の盛りかと思います。お出かけ先を迷われていましたら、こんなところもありますよ!なんて(*^^*)

(歩いたコースは。船で下ったコースは

湘南新宿ラインで熊谷まで、熊谷から秩父鉄道で「野上」駅下車、渋谷から約2時間で到着しました。いつもの山よりうんと近い。ということで寝坊しつつ、ゆるゆるスタート。まずは野上駅から「長瀞アルプス」を歩いて「宝登山(ほどさん)」山頂へと向かいます。

信州のアルプスの紅葉は10月初旬に終わりを迎えてしまい、コロナ禍で出かけることができませんでした。でもここならば、このアルプスならば、気楽に迎えてくれる、穏やかで素敵な場所でした。

野上駅から長瀞アルプス登山口まで行く途中、里山はこんなに色づいています。宝登山は、長瀞駅からロープウェイで行ける山だからか、歩く人は多くはありませんが、のどかな風景に気分も上がり、おっと、森の中入りますよ~というわけで、今回もハリキッテLet’GO❣

森の中のしんと冷えた空気が好きです。

落ち葉を踏みしめて、一歩一歩。

さすが里山、歩きやすいきれいな山道です。

鳥の鳴き声がふりそそぎ、葉っぱがゆれると、ちらちらと太陽の光がもれてきます。

ちょこっと坂道もありますが、ストックなしで大丈夫。さくさくと落ち葉を踏みしめる感覚が気持ちイイ!

おっと、赤や黄色に色づく斜面。ヘッポコ相棒のカメラタイムです。そんなに前に行ってはダメだって。落ち葉の中に、コロコロ落ちるって!

そうして激写した、燃える紅葉。こんなに、こんなに赤く色づくことが不思議なぐらい、燃えてます。

あの紅葉の下に立ってみて。と申すのですが、いやだよ、ダメだよ、道じゃないし、落ちたら怖いしムリムリ。この景色をこわしてはならぬ!ですね(^^;)

この山は、太陽に恵まれた山なんだな~と思いました。道中ずっと、お日様の光が木の間から草木を照らしているのです。

なだらかな道は少しずつ標高を上げて、空が広くなり始め。。

天空をめがけて枝を張り、葉っぱを茂らせ、ストレスフリーな大木たちのおおらかさも好きです。

黄葉に紅葉。冬に向かって、枯木立の山へと変わりゆく寸前。

小一時間も歩くと、見晴らしが開けてきました。

うっそうとした森の木立のトンネルの向こう、あの中へと歩みを進められる幸せ。終始、お日様の光が行く先を照らしてくれます。

いよいよ頂上間近となりました時に、突如あらわれた階段。想定外の階段が何度も登場するのですが、ゆっくり行けば大丈夫。

出発から2時間ほどで、宝登山山頂到着!ご褒美の一番目は、この眺望!

そして、今回のお昼ごはんは「ほうとう」です。下茹でしてきたお野菜や油揚げも入れて、卵もポトリ。アウトドアに欠かせない、生卵を入れるケースってのがあるのです。それで運べばリュックの中でも安心(*^^*) ほっこり芯から温まり、デザートの柿と食後のコーヒー付き!

山頂はロープウェイで上がってこられた大勢の人で賑わっていました。なんたって、紅葉ベストシーズンですから。

山頂のもみじは見事に色づいて、圧巻の景色に息をのむ。

あまりに紅葉が美しくて、立ち去りがたく、ずいぶんと長居をしてしまいました。

山頂では、春にはロウバイが咲き誇るそうです。紅葉とロウバイ。地域に育まれた、なんとも豊かな里山でございます。

そして、さらに、ただ今「冬桜」が見頃です。

青天をつく、冬桜の枝。

寒い季節に咲く花はとても少なくなります。なのに・・・小さくても清々しい桜の花が心にしみます。

もみじの周りには人がいっぱいでしたが、意外にも冬桜の園は人影もなく、ちょっと嬉しくなって、座り込んでお花見とまいりました。

八重の冬桜もあるのですね。あまりに可愛いので、なかなか下山できません。

頂上で過ごすこと一時間半、ようやく下山を心に決めて、第二ステージは、紅葉の長瀞渓谷へ。

膝を痛めてから、下山は要注意のわたくしで、この後は渓谷ハイキングも予定していますから、まっ、ロープウェイに乗ってみよう!

渓谷に向かって歩く途中、ライン下りの看板が目に留まりました。予約しないと乗れないに違いないと、計画にはなかったのですが、意外にも、「最終船15時10分いかがですか?」なんて、とっても積極的に声を掛けて下さいました。ヘッポコ相棒がすかさず、乗りたい、乗ります!と即答💦で、紅葉ハイクは船下りに早変わり。

長瀞渓谷「親鼻河原」~「岩畳」まで、およそ3キロ20分の船旅へ。

実はわたくし、ライン下り初体験。緊張。。。

親鼻鉄橋は、大正3年に建設されたレンガ造りの趣のある橋で、この上をSLが走るのだそうで、河原には撮り鉄さんがいっぱいいました。

最終便は定員大幅割れで、二家族での優雅な船旅でした。(ここでもコロナの影響で団体客がいなくなり、ベストシーズンにもかかわらず、ライン下りはぶらりと乗船できる気楽なレジャーになったようで、ちょっとラッキーでした)

岩壁と紅葉の間の水面をすべるように進みます。なかなか、いいぞ。

西日の時間となり、紅葉が水面に影を落として、とても美しい景色をみせてくれます。

両壁の岩は、国指定の名勝・天然記念物にも指定されているそうです。このパイ生地のように重なった岸壁は、川の急流が長い時間をかけて浸食してできたもの。この岩、どうやら何千年も前には地下に埋もれていたものだそうです。へぇ~何千年!感慨深いです。

この時期は流れが穏やかなのだ、とのことでしたが、やはり急流ポイントもあって、いちいち「怖い怖い」と叫びながら、楽しいひと時でございます。

おっかなびっくりのライン下りはほどなく着船。テクテク歩くのもいいけれど、元気にはしゃぐ水しぶきの音を聞きながら、水面をゆくのも、なかなかに嬉しい、初体験でした。

西日が紅葉した岩肌を、いよいよ、ますます美しくライトアップしはじめます。

太陽と水と草木たちが織りなす、天然の情景。こんな場所があることに、ありがたくて嬉しい日になりました。

夕暮れ時が近づいてきました。川岸の「月の石もみじ公園」では夜間ライトアップが行われていると聞き、訪ねてみるのことに。

山のもみじも見事でしたが、川岸のもみじも負けず劣らず。ここ長瀞では、紅葉がこれ以上ないほどに赤々と燃えています。

すっかり陽がくれる頃、ようやく電車にのって帰路につき、長い一日が、程よい疲れとともに、にこやかに暮れてゆきました。

今年は、ほとんど、遠くの山へ行くことができなかった一年でございましたが、おかげで近場の里山を知る機会にも恵まれて、無理せず心穏やかに自然の恵みが頂くことができました。

来月には、木の葉が燃え尽きて、山が冬枯れの木立に覆われる季節がやってきます。船頭さんのお話では、冬山も静かでとても趣があって良いのだそうです。

ヘッポコ夫婦の山歩き、これからも四季折々の山の声を聞きながら、連れ立って一緒に歩いてまいろうと思います。何しろ、山へ行くと、お互いが知らず知らずに抱えてしまった荷物が、ちょっぴりだけ軽くなるような気がしますので(*^^)v

紅葉シーズンのラストピークでございます。どちら様にも、素敵な秋の終わりでありますように。

***

*営業時間*

午前11時~午後6時

時間外ご予約承ります

(定休日:日曜日・月曜日)

お問い合わせはこちら

検索

つれづれ日記「恋衣」について

つれづれ日記「恋衣」
について

店主ブログでございます。
お店でご紹介しているお品や楽しい催事のことはもちろん、お着物周りのお話から、日々思うことや趣味のお話まで、徒然なるままに綴っております。
“恋衣(こいごろも)”とは忘れられない恋のこと。気になるお品やお話などがありましたらどうぞお気軽にお問合せ下さいませ。

旧ブログ
「店主のつれづれ日記」はこちら

お問い合わせはこちら

カテゴリー

おあつらえバナー

カレンダー

2022年1月
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  

Twitterタイムライン