草木染め・藍染めの帯草木染め・藍染めの帯

2021年11月24日

草木染め・藍染めの帯

紬織物の会は、ひとまず終了しておりますが、一部の織物や捨松さんの帯をのぞいて、結城紬はじめ草木染め紬など、あと一週間ほどお店に居残りしております。お心に残るものがございましたら、今週も店内にて展示中ですので、どうぞお問合せ下さいませ。

本日は、期間中に画像紹介できておりませんでした、とっても素敵なこちらの帯をご紹介いたします。

横内佳代子作 藍染め浮織名古屋帯

横内佳代子さんは、長野県松本市にて「光佳染織」という工房を構える染織作家さんです。日々、草木を採取し糸を作り機を織る、自然の恵みを着物や帯へと織り込む手仕事にこだわり、生み出される作品たちは、多くのファンに愛されています。希少な作品が、このたびお店に遊びに来てくれました。

座繰りの玉糸を草木で染めて織り上げた名古屋帯です。玉糸の光沢感とほっこりとした感触、藍・ログウッド・矢車の草木で染めた玉糸を浮織の横段で織り上げた作品です。

藍色はとても美しく豊かな色合いに染まっています。浮織のデザインも、ひと味違う愛らしさがあり、素朴な質感にモダンさも感じさせてくれる、コーディネートの楽しくなる帯です。

お太鼓柄ではなくて、六通柄という贅沢さも素晴らしい、単衣の季節~袷の季節、長くご愛用頂ける帯です。

しばらくお店にてご案内しております。お値段など、どうぞご遠慮なくお問合せ下さいませ。

コーディネートは、居残り中の「本場結城紬」にあわせてみました。

本場結城紬(亜麻色・線縞柄)

グレージュ色という言い方も当てはまるかな、と思います。ぱっと見た目には無地に見えるのですが、細やかなタテ縞の縞柄です。無地っぽく見えるのに、細い縞柄が流れているおかげで、スッキリとした印象が残ります。地味にならないグレージュ色は、ご年代を選ばず、ず~っと長く寄り添ってくれて、ライフステージやお出かけ先によって、多彩なコーディネートをお楽しみ頂けます。

いつも着る紬には結城を選ぼう!なんて。身にまとうとほんわかとやさしく寄り添ってくれて、充実感と安心感に満たされるお着物だと思います。

しばらくの間は、ずっと秋晴れが続きそうです。と申しましても、いよいよ晩秋ですね!表参道のケヤキも、街のあちらこちらの木々も、紅葉の真っ盛りです。

お出掛けしやすい、心地よい季節でありますが、どうぞお風邪を召されませぬように。

今週も元気にお店番をいたしております。お近くにお越しの際は、お気軽に、ぶらりとお立ち寄りくださいませ。

***

*営業時間*

午前11時~午後6時

時間外ご予約承ります

(定休日:日曜日・月曜日)

お問い合わせはこちら

検索

つれづれ日記「恋衣」について

つれづれ日記「恋衣」
について

店主ブログでございます。
お店でご紹介しているお品や楽しい催事のことはもちろん、お着物周りのお話から、日々思うことや趣味のお話まで、徒然なるままに綴っております。
“恋衣(こいごろも)”とは忘れられない恋のこと。気になるお品やお話などがありましたらどうぞお気軽にお問合せ下さいませ。

旧ブログ
「店主のつれづれ日記」はこちら

お問い合わせはこちら

カテゴリー

おあつらえバナー

カレンダー

2021年12月
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  

Twitterタイムライン