型絵染めの帯型絵染めの帯

2021年11月5日

型絵染めの帯

11/9(火)~11/20(土)

真綿紬の会(併催:11/16~帯屋捨松展)

11/16からは真綿紬×帯屋捨松コーディネートのご提案もいたします

期間中は、色んな産地から真綿の紬を集めました。真綿の王様「結城」、信州の小千谷や秦荘、そして琉球の真綿紬まで!どうぞ楽しみにご予定下さいませ。

 

さて、本日は、こんな素敵な帯が到着いたしましたので、早速コーディネートしてみようと思います。

澤田麻衣子作の型絵染め名古屋帯

紬地に型絵染めの帯。京都在住の型絵染め作家「澤田麻衣子」さんの作品です。

澤田さんは、みずみずしい感性と愛らしいデザインが魅力的な作家さんです。デザインも型紙つくりも自らが担い、これまで「くらしの工芸展」「日本伝統工芸染織展」なのでの受賞歴も数々あり、職歴20年を超える職人技の冴える作家さんです。

穏やかな暮らしに寄り添うデザインがとても共感できて、ふわ~と心地よい物語の広がる世界感、楽しく気持ちの華やぐ作品です。

紬地ですし、六通柄ですし、柄あわせを気にせずに、さくさく結んで頂けます。タレは無地でも柄でも、お好みでお仕立て頂けます。

(お値段はどうぞお気軽にお問合せ下さい)

コーディネートは「越後おぐに」の真綿紬です。この不思議な色合いは「松煙」という染料で染めています。松煙のもみ込み染めという、古くから伝わる伝統技法でもあり、こんな柔らかくて優しい色合いに染まるのです。タテ糸絹×ヨコ糸真綿、足さばきの良い紬織物です。

色合いのニュアンスもとても素敵なコーディネートになりました。

これからの季節を、ほっこりと楽しむお着物ライフ!におすすめです。

さてさて、お昼間はちょっと汗ばむくらい暖かい日でした。お着物をお召しになっていらして下さいましたお客様もあり、でもコートを羽織ると、ちょっと暑いぐらい💦

脱いだり着たりが忙しない季節ではありますが、油断は大敵!お日様が沈むと途端に肌寒くなりますから。お出かけに羽織ものは必需でございます。

どちら様も、体温調節、ご体調管理にお気をつけて、お健やかな秋をお過ごし下さいますように。

※追伸:今日いらして下さいましたお客様お二人方とも、それぞれに、「根津美術館の帰りです」とおっしゃっていました。どうやら素敵な屏風展が開催されているようです。気持ちの良い秋の日に、ぶらりと散策にお出かけなさいませんか?帰り道には、どうぞ足を休めにお立ち寄り下さいませ。

 

***

*営業時間*

午前11時~午後6時

時間外ご予約承ります

(定休日:日曜日・月曜日)

お問い合わせはこちら

検索

つれづれ日記「恋衣」について

つれづれ日記「恋衣」
について

店主ブログでございます。
お店でご紹介しているお品や楽しい催事のことはもちろん、お着物周りのお話から、日々思うことや趣味のお話まで、徒然なるままに綴っております。
“恋衣(こいごろも)”とは忘れられない恋のこと。気になるお品やお話などがありましたらどうぞお気軽にお問合せ下さいませ。

旧ブログ
「店主のつれづれ日記」はこちら

お問い合わせはこちら

カテゴリー

おあつらえバナー

カレンダー

2021年12月
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  

Twitterタイムライン