極鮫江戸小紋コーディネート極鮫江戸小紋コーディネート

2021年10月7日

極鮫江戸小紋コーディネート

今日は幾分涼しくて、ちょっとホッといたします。少しずつ秋が進んでいるようです。

本日は、染め上がったばかりの江戸小紋をコーディネートしてみました!

そして、このサイト内に「江戸小紋の文様」のページを開設いたしました⇒こちら⇒江戸小紋の文様 | 表参道 染一会 (someichie.com)

※まだまだ、ほんの少しの文様しかご紹介できておりませんが、これから少しずつ増やして充実させてまいりたいと思います。掲載している文様以外についてのお問合せも、どうぞお気軽にお申しつけ下さいませ。

 

本日のコーディネートは、

江戸小紋「極鮫」×袋帯「オリエント華紋」

江戸小紋は「極鮫文様」。お色はグレージュ系の優しいお色で和名でいうと「潤(うるみ)色」という感じでしょうか。地味さを感じるグレーではなく、かといってソワソワするような明るい色でもなく、上品でやわらかいお色です。

江戸小紋のお誂えでは、大変にご注文の多い「鮫文様」です。中でも「極」という微細な文様は、各種の式典にもお召し頂けることから、ご自分だけのとっておきのお色で「おあつらえ」をご注文頂くことが多い文様です。(ご参考:新ページ内、「極鮫」~江戸小紋の魅力)

紋を入れずにお召し頂く方が大半で、そうすると、染めの帯も織の帯も、お好きな帯をあわせて、食事会や観劇にお出かけ頂けます。もちろん、初釜や式典用にと紋をお入れになる方もあります。

本日は、こんなプチフォーマルな袋帯をコーディネートしました。紋なしで楽しめる、晴れの日コーデでございます。

明るすぎず暗すぎないグレー。ちょっぴり優しいやわらかさを感じるグレー。爽やかなヒワ色の帯が良く似合いました。せっかくなので、帯締めもヒワ色。

※袋帯はウェブショップでご案内中⇒西陣織袋帯「オリエント華文」

江戸小紋の素材は、トロミのある綸子などの生地ではなく、程よいハリのある浜ちりめんを用いております。そのため、シワになりにくく、お召しになりやすい素材感であります。なのに、極鮫を染めると、とろんとした風合いを感じさせてくれて、光を集めて放つ極上の美しさが魅力の一つでございます。

しかも帯袷次第で幅広いシーンに活躍する鮫小紋はワードロープにあると、とても心強いお着物です。

そろりそろりと、お誂えを始めませんか?店内には、豊富な色柄見本をご用意しております。

※お誂え期間:染めに1か月半、仕立てに1か月半、紋入れは3週間ほどかかります。来春の卒入学式にご予定の方は、そろそろどうぞご相談下さいませ。

ご自分のために誂える色と柄。お着物ならではの楽しみをご体感頂けましたら嬉しいです。

 

***

*営業時間*

午前11時~午後6時

(定休日:日曜日・月曜日)

お問い合わせはこちら

検索

つれづれ日記「恋衣」について

つれづれ日記「恋衣」
について

店主ブログでございます。
お店でご紹介しているお品や楽しい催事のことはもちろん、お着物周りのお話から、日々思うことや趣味のお話まで、徒然なるままに綴っております。
“恋衣(こいごろも)”とは忘れられない恋のこと。気になるお品やお話などがありましたらどうぞお気軽にお問合せ下さいませ。

旧ブログ
「店主のつれづれ日記」はこちら

お問い合わせはこちら

カテゴリー

おあつらえバナー

カレンダー

2021年12月
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  

Twitterタイムライン