はるかな尾瀬は草紅葉はるかな尾瀬は草紅葉

2021年10月5日

はるかな尾瀬は草紅葉

本日はすみませんm(__)m お着物のお話をお休みして、久しぶりに趣味の山歩きレポートです❣ 

春から長~い緊急事態宣言が続き、どこの山にも行けませんでした(^^;)しかし、この秋、やっとチャンス到来!この日を待ちわびて、最初のリハビリ山歩きは、ここ「尾瀬」と決めていました!

尾瀬には、これまで何度も訪ねてまいりました。「尾瀬ヶ原」はもちろん、百名山「至仏山」「燧ケ岳」、「アヤメ平」に「尾瀬沼」と行きまくっております場所ですが、長引いたコロナ自粛に加えて、古くから抱える右膝の半月板損傷、新たにコロナ禍にやらかした左膝靭帯損傷(>_<) それでも、尾瀬ならば、そんな私も受け入れてくれるハズ。

気楽にどなたでも行ける場所「尾瀬」。またまた山レポ長いですm(__)m もしお時間がありましたら、素晴らしい草紅葉の景色に、どうぞお付き合い下さいましたら嬉しいです(*^^*)

歩いた場所はこちら(↑)多くの方が訪ねる「鳩待峠」を起点に、尾瀬ヶ原を日帰り可能な限界地点まで歩きました。

歩行距離(スマホの万歩計では)22.7キロ、所要時間6時間半。「尾瀬ヶ原」まんぷく堪能の旅でございます。

両膝には、がちがちにテーピングを施して、今回ももちろん、わが家のヘッポコ相棒と一緒に、気楽にのんびり、Let’s go‼

尾瀬は都心から車で3時間弱、鳩待峠はマイカー規制があり、麓の駐車場から乗り合いバスが出ています。尾瀬は、ガッツリ歩く人も登山する人も、もちろん観光気分でサクッと立ち寄る人とも、色んな目的で楽しめます。宣言明けの晴れの日曜日は、とにかく大勢の老若男女で賑わっていました。それでも、広い広い尾瀬は、混みあったりしない、天空の楽園のおおらかさも大好きです。

鳩待峠から小一時間は森の中を歩きます。

なんと、10月3日(日)の尾瀬は、雲一つない快晴☀️

駐車場は満車に近い混雑具合でしたが、歩きはじめると、森の中に人の混雑はありません。森に入って10分20分で、鳥のさえずりと木々のざわめきに心癒されます。

ただ、以前にはなかったと思う、クマ注意の立て札があちこちに出現していました。ツキノワグマが出てくるのだそうで、もしかして、コロナ禍で訪れる人が少なかったせいなのかな??この鐘を鳴らして、クマさんが近づかないようにしてあげましょう。

山の紅葉といえばナナカマド。赤い実が見事にみのっていました。

森の中には、たびたび沢があり、水音がして、清涼感も抜群です。

細部までキチッと整備された尾瀬には、安全な橋がかかっています。

そして、森を抜けると、山ノ鼻到着です。植物研究見本園からのぞむ「至仏山(しぶつさん)」

おお、山肌は紅葉!

この山には、2年ほど前のGWに雪どけ登山を楽しみました。季節が違うと、表情が異なり、感慨深くしみじみと眺めてしまいました。草木も山も、みんなお元気でしたでしょうか?

その至仏山を背に、尾瀬ヶ原を歩きます。

あっちに見えるのは「燧ケ岳(ひうちがたけ)」。あの山も、4年前の10月に尾瀬沼から登ったのでした。

至仏山が女性だとすると、燧ケ岳は男性かな。広い尾瀬をはさんで、見つめ合い、毎日愛を育んで、尾瀬はこんなに草紅葉。

尾瀬といえば「池塘(ちとう)」。湿原の合間に池塘が顔をのぞかせます。青空を写し込んだ水面に、太陽の光を浴びた浮き草がキラキラと輝いて、とてもきれいでした。

ふり返ると、至仏山が遠くになりました。山の全容が見えると、さらに感動。

そして、燧ケ岳が近づいてきます。

夏場には青々と瑞々しい緑に輝く草は、辺り一面に紅葉しています。草紅葉は「くさもみじ」と読みます(*^^)v

あっ、池塘に「逆さ燧ケ岳」。ついでに私も逆さ写し(^^;)

山ノ鼻から1時間ほどで「竜宮十字路」という場所に辿り着き、鳩待峠で買った「おにぎり弁当」を食べました。

ここからは、今回初対面の「ヨッピ吊り橋」に向かって、沼尻道を北に歩き、ヨッピ道からぐるりと回ることにしました。

こっちに歩く人はほとんどなくて、とても快適な散歩道です。木道が埋もれている感じで、素朴で心地よい道でした。

「燧ケ岳」は、堂々として、どこから見ても頼もしい山です。湿原に生えるのはススキではなくて、たぶん「葦」。湿原を守る「考える葦」かもしれません(^^;)

ヨッピ吊り橋。歩くとゆらゆら揺れる吊り橋です。この下を流れるのはヨッピ川。どうやらヨッピはアイヌ語らしい。。。

ヨッピ橋から、ヨッピ道を通ります。実は、今回はじめて歩く道でしたが、ここはとってもイイ道です!人があまり歩かないこともイイですし、より草紅葉の色合いが濃くて、なんだかファンタジーの世界に迷いこんだみたいでした。

おっ、笹がさわさわと足元にさわります。どうやら、おしゃべりしているみたい。心地よく撫ぜてくれました。

午後になり、太陽が落ち始めると、木道が白く輝いて、どこまでも続く白い道を歩くと、どこに辿り着くのだろうなんて、ワクワクしてしまいます。

この景色はたぶん10月いっぱいなのかなと思います。これ以上ないほど草紅葉は進んでいました。

この白い道の向こうに、至仏山が見えて来ました。仏の道へと至る、なるほど、木道も白く輝き、後光がさしているわけだ。

膝が心配なので、途中なんども休憩しました。でも、おかげ様で快調で、草紅葉から眺める燧ケ岳も、なんだかとってもありがたい。

いよいよ至仏山の全容が見えてくる頃、後光の輝きはますます美しくきらめいているようです。しかも、誰もいない・・。

もと来た道に合流すると、至仏山の山容が、あたたかく迎えてくれました。

池塘の浮き草も紅葉してます。

ついに、尾瀬ヶ原の入口「山ノ鼻」に戻って一休み。な、なんと、ヘッポコ相棒も、至仏山から差す後光のおこぼれに預かりまして(^^;)  素晴らしい今日という日に感謝です。

尾瀬の紅葉は、10月下旬ごろまで楽しめそうです。10月2週目、3週目は、たぶん大変に気持ち良い尾瀬を堪能できると思います。

ちなみに、尾瀬をこよなく愛する、ヘッポコ山ノボラーのわが家、これまでの尾瀬ハイクレポートはこちら(↓↓↓)

◆電車とバスで⇒はじめての尾瀬は雨でした

◆天上の楽園⇒アヤメ平!ここも尾瀬

◆雪どけ登山と水芭蕉⇒GWの至仏山

◆尾瀬沼から⇒紅葉の燧ケ岳

もし行かれたことがないならば、尾瀬を訪ねてみませんか?まるで勝手な観光特派員みたいなことを申しておりますが💦、そんな20キロも歩かずとも、スニーカーハイクで数キロでも十分に感動できる尾瀬。コロナ禍の秋日和には、きっと心癒される、おススメの場所でございます。

というわけで、リハビリが順調に進んでおり、ようやく山女復活の兆しを感じる秋となりました。移りゆく季節を肌身に感じつつ、この秋も健やかに過ごしてまいりたいと思います。

山歩きも、お着物ライフも、季節を味わうって、とっても素敵なことでございますね。

特に秋はなおさら。

どちら様も、どうぞ、この素晴らしい季節を、たっぷりと味わってお過ごし頂けますように。

***

*営業時間*

午前11時~午後6時

(定休日:日曜日・月曜日)

お問い合わせはこちら

検索

つれづれ日記「恋衣」について

つれづれ日記「恋衣」
について

店主ブログでございます。
お店でご紹介しているお品や楽しい催事のことはもちろん、お着物周りのお話から、日々思うことや趣味のお話まで、徒然なるままに綴っております。
“恋衣(こいごろも)”とは忘れられない恋のこと。気になるお品やお話などがありましたらどうぞお気軽にお問合せ下さいませ。

旧ブログ
「店主のつれづれ日記」はこちら

お問い合わせはこちら

カテゴリー

おあつらえバナー

カレンダー

2021年10月
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031

Twitterタイムライン