敷松葉に紅葉敷松葉に紅葉

2021年10月2日

敷松葉に紅葉

台風一過、秋晴れの土曜日となりました。

こんなにお天気が良くて気持ちの良い日になりますと、じっとしていられなくなりそうですが(^^;) 皆さまは、いかがお過ごしでしょうか?

 

さて、10月は、中旬(10/14頃~10/23頃まで)「羽織・コート展」を予定しております。期間中は、絵羽コート(ただ今制作ちゅ)や、ビロードコート小紋地で羽織コート、などのご提案を予定しております。どうぞご予定下さいましたら嬉しいです。

 

本日は、ちょっと早めにお店に届いております、こんな友禅小紋をコーディネートしてみたいと思います。もちろん、羽織やコートにお仕立てしても素敵だと思いますが、小紋地ですので、お着物でお召しになっても、とっても心地の良くお楽しみ頂けます。

小紋「松葉散らし」

茶褐色の地色、ドット柄の地紋地に染めているので、重たく感じることはなく、しっとりとした素材感で、気持ち穏やかになれる小紋です。

一年じゅう緑を絶やさぬ松ですが、春から夏になる頃、そして秋から冬になる頃に、音もなくいつの間にか地面落ちている姿を目にします。松の新陳代謝なのかな。お散歩途中に落ちている松葉を拾い上げて、根元を持って、指でくるくる回しながら歩いたりしてね、なんてこと、思い出しました。

11月も下旬になると、たくさんの松葉が地面に敷き詰められているのを見かけます。「敷松葉」は「枯」の風情にも通じるもので、秋深い季節に見ると、しみじみと時が過ぎるのを感じます。

敷松葉の上には、紅葉の景色。まもなく、もみじが落葉する時にも、松葉がやさしく受け止める、そんな景色が心地よいコーディネートです。

松葉は季節限定的なモチーフではありませんが、帯を楽しむことで、風情を感じることのできるところが素敵です。

※帯はウェブサイトにてご案内中⇒友禅染め名古屋帯「紅葉」

(小紋のお値段はお気軽にお問合せ下さい)

そうそう、松葉は二本つながって落ちるのです。だから「枯れて落ちても二人づれ」。歳を重ねるごとに、じんわりしみる二人づれ(^^;

秋冬の小紋にも、羽織りやコートにも、とても重宝しそうです。

※日曜日・月曜日は定休日を頂戴いたします。

お休み明けも秋晴れが続きそうです。そろそろどうぞ、お目にかかれますのを楽しみにしております。

***

*営業時間*

午前11時~午後6時

(定休日:日曜日・月曜日)

お問い合わせはこちら

検索

つれづれ日記「恋衣」について

つれづれ日記「恋衣」
について

店主ブログでございます。
お店でご紹介しているお品や楽しい催事のことはもちろん、お着物周りのお話から、日々思うことや趣味のお話まで、徒然なるままに綴っております。
“恋衣(こいごろも)”とは忘れられない恋のこと。気になるお品やお話などがありましたらどうぞお気軽にお問合せ下さいませ。

旧ブログ
「店主のつれづれ日記」はこちら

お問い合わせはこちら

カテゴリー

おあつらえバナー

カレンダー

2021年12月
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  

Twitterタイムライン