京友禅展、9/27(月)までお問合せお受けしています京友禅展、9/27(月)までお問合せお受けしています

2021年9月25日

京友禅展、9/27(月)までお問合せお受けしています

『秋の京友禅展』、色々とお問合せを頂戴したり、お嫁入が決まったお品もございますが、居残りお店番中の子たちが店内にてモジモジしております(^^;)

この度は、コロナ禍での期間限定ということで、小紋や帯も特別割引、特に「手描き友禅の付下げ」は小紋クラスのお値段でご紹介してまいりました。最終日の今日は、まだコーディネート紹介できていないお品をピックアップしました。※9/27(月)までメールでのお問合せを継続いたしますので、どうぞお申しつけ下さいませ。

付下げ「四ツ目菱唐草」

着物や帯に描かれるデザインの中には、リアルに表現できないものがたくさんあります。自然の現象や、名前のない花や、現実には見たことのないもの。

特に、風や光など、目には見えないけれど気持ちよく感じるものを描かれていると、その感触まで伝わって来て、とっても素敵だなと思います。

例えばこちらは、清々しい風を描いているのだなと思います。このデザインは、何よりも「心地よい風」を描くために、唐花や唐草を描いているという風に思います。

唐花と唐草は、古くからデザインとして生み出されてアレンジされてきたもの、四ツ目菱は「結」をあらわす紋章であったりして、実際にモデルのある事物ではなく、私たちの欲しい物「心の安らぎ」を映し出したものなのかもしれないな、と。

地色は薄グレーで、お顔うつりにもやさしい美しい付下げです。微細な地紋入りの素材は、軽くて馴染みの良い風合いです。

織りの帯をあわせると、プチフォーマルまで。染めの帯などを合わせて頂いても、お食事や観劇にお出かけ頂けます。

付下げ「六角箱に雲ぼかし」

画像ではお伝えしきれないのですが、ベージュにほんのりピンク味を加えたような、亜麻色のいい香りに包まれるみたいなお色です。

また、この雲というか霞というか、なめらかに漂うような感じは、これはたぶん現実の世界ではないのじゃないかな。空気の動き方がとても穏やかで、心も解き放たれるように思います。

六角形の玉手箱と繊細な紐を描いた、糸目友禅の素晴らしさを体感できる作品です。

染め帯「貝あわせ」

友禅展ということで、ご紹介しております帯の中から、塩瀬の「貝あわせ」をのせてみました。友禅作品ならではの、素敵な古典美です。四季花のため、春・秋・冬と活躍します。

 

9月27日(月)まで、お問合せをお受けしております。

日曜日・月曜日は定休日のため、お電話での問い合わせはお受けできませんがメールやメッセージへには必ずご返信申し上げております。どうぞご遠慮なく、お気楽にお申しつけ下さいませ。

秋らしい週末になりました。どちら様も穏やかな良き日をお過ごし下さいますように。

***

*営業時間*

午前11時~午後6時

(定休日:日曜日・月曜日)

お問い合わせはこちら

検索

つれづれ日記「恋衣」について

つれづれ日記「恋衣」
について

店主ブログでございます。
お店でご紹介しているお品や楽しい催事のことはもちろん、お着物周りのお話から、日々思うことや趣味のお話まで、徒然なるままに綴っております。
“恋衣(こいごろも)”とは忘れられない恋のこと。気になるお品やお話などがありましたらどうぞお気軽にお問合せ下さいませ。

旧ブログ
「店主のつれづれ日記」はこちら

お問い合わせはこちら

カテゴリー

おあつらえバナー

カレンダー

2021年10月
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031

Twitterタイムライン