単衣にススキなんて、いかがでしょう?単衣にススキなんて、いかがでしょう?

2021年7月27日

単衣にススキなんて、いかがでしょう?

連日オリンピックの各競技が盛り上がっていますね。柔道、水泳、スケボー、あれもこれも、自宅で過ごす休日はリモコンを忙しなく動かすことに(^^;) 昨夜は卓球に釘付けとなって、体操も気になるし、なんてもう大変、感動続きです。皆さまはいかがお過ごしでしょう?(#^.^#)

さて、本日のコーディネートは、9月になったら、こんな帯!

友禅染め帯「光琳すすき」

「光琳」とは尾形光琳のこと。シンプルで抽象的なのに心にしみる。その画風は多くの画家にひきつがれて「琳派」と呼ばれ親しまれています。現代の美意識にも叶うシンプルで表情豊かな作品は、着物や帯など和装シーンにも多く登場いたします。その光琳の芒(すすき)を帯に描いた作品です。

秋風に吹かれ、日の光をあびてキラキラとたなびくススキ野原、月が昇ると、その穂先はますます白くたおやかに、しなる姿が美しく心にしみます。

※商品ページでは⇒友禅染め名古屋帯「光琳芒」 | 表参道 染一会 (someichie.com)

塩瀬の帯です。9月下旬~初冬まで、風情たっぷりな装いをお楽しみ頂けます。

コーディネートしたお着物は、「萩にススキ」です。こちらは店内に常時ご用意しております、江戸小紋の「見本」染めです。2mほどしか染めておらず、オーダーを頂いてから染めるお見本です。

これは「地型」と呼ばれる大変繊細な型紙を用いて染めています。型紙は、白い部分が彫ってある部分で、山吹色に染まったところは紙が彫り残してある部分です。萩やススキの型の部分が地色、なので地型と呼んでいますが、とにかくこれ、手描きではなく、型であることに驚くほど、しなやかで繊細な文様です。

白が多いので、裏を染めて単衣にお召しになると、とっても素敵です。(オーダー染めにて承っております。お色はお好みでお染めすることが可能です)

季節をまとう。そんな豊かさもお着物ライフの楽しみです。

※お誂え江戸小紋「萩とススキ」のご案内⇒単衣の提案(5) 萩とススキの江戸小紋 (someichie.jp)

 

ところで、明日7/28(水)は誠に勝手ながら臨時休業を頂戴いたします。やっと一回目のワクチン接種日なのですが、予約時間が中途半端で営業できる時間が定まらず、お休みを頂戴することにいたしました。申し訳ないですm(__)m メールでのお問合せにはお返事可能ですので、どうぞ何なりとお申し付け下さいますように。7/29(木)は通常営業いたします。

 

***

*営業時間*

7/28(水)臨時休業

午前11時~午後6時

(定休日:日曜日・月曜日)

お問い合わせはこちら

検索

つれづれ日記「恋衣」について

つれづれ日記「恋衣」
について

店主ブログでございます。
お店でご紹介しているお品や楽しい催事のことはもちろん、お着物周りのお話から、日々思うことや趣味のお話まで、徒然なるままに綴っております。
“恋衣(こいごろも)”とは忘れられない恋のこと。気になるお品やお話などがありましたらどうぞお気軽にお問合せ下さいませ。

旧ブログ
「店主のつれづれ日記」はこちら

お問い合わせはこちら

カテゴリー

おあつらえバナー

カレンダー

2021年9月
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930  

Twitterタイムライン