葛(くず)布の八寸帯は3シーズン対応葛(くず)布の八寸帯は3シーズン対応

2021年6月17日

葛(くず)布の八寸帯は3シーズン対応

『自然布織物の会』6/19(土)まで

開催中!

今日も雨が降りました。晴れと雨を繰り返すので傘は日傘になったり雨傘になったり、普段は一緒にはいられない太陽と雨雲ですが、この時期だけは代わる代わるの共同作業なのですね~あれ?もしかして、実は雨雲だって太陽に会いたいのかもしれません。って?えっ??

どーでも良いお話はさておいて💦、毎日ご紹介しております「自然布」の帯や、麻のお着物たちは、お目に届いていますでしょうか?気になるお品がありましたら、どうぞご遠慮なくお問合せ下さいませ。

本日は、葛布(くずふ)の八寸帯のご紹介です。なかなかどーして、とても素敵な帯です❣

葛布の帯は、3シーズン対応です。冬以外、春・夏・秋とお召し頂ける帯なのです!しかも、夏の麻着物ばかりでなく、春や秋の小紋や紬にも、情緒たっぷりにコーディネートをお楽しみ頂けます。

葛布八寸帯

葛布は山野に自生する「葛(くず)」の繊維をとって糸にして織り上げた自然布です。タテ糸ヨコ糸ともに葛の八寸帯です。

葛は、科布や藤布に比べると、しなやかな肌ざわりが特徴です。といっても、ふにゃふにゃした感じではなく、程よいハリ感があってシャキッと締めやすい触感がいたします。

また、葛の繊維は、透明感のある光沢が特徴です。ナチュラルな自然布でありながら、どこか上品な風合いも魅力の一つです。

自然色の葛糸と、藍に染めた葛糸を織り上げた八寸帯。

光の加減で、墨色に近く見えたり、藍色に見えたり、茶系に見えたりもする、糸の風合いと色との不思議なマジックです。

八寸帯ですので、芯を入れずに仕立てます。ハリのある締め心地の良さと、しなやかな軽さ、夏の麻はもちろんですが、紬織物や、シンプルな小紋にもよく似合いそうです。

※葛布九寸帯もご紹介しております⇒葛布の帯を与那国ドゥタティにあわせてみました | 表参道 染一会 (someichie.com)

 

本日は、近江の秦荘上布(近江上布)にコーディネートしてみました。(こちらの上布も期間中限定)

「秦荘」は古くから近江上布の産地として知られた地域です。日本三大上布と言えば、「越後上布」「宮古上布」そして「近江上布」です。

近江の麻織物の中でも、こちらの上布は、「高機手織りの近江ちぢみ」です。手織りではない機械織りの製品も多くつくられている、麻の一大産地でありますが、越後や宮古とは違い、着る人が身近に感じて頂けるお値段で、手織りのここち良さを味わって頂ける、愛らしい作品たちも多くつくられています。

この度ご紹介いたしますのは、近江上布の中でも、シボのある「手織りの近江ちぢみ」です。

「ブルーグレー」と「クリーム色」、それぞれ段絣でモダンな印象を感じさせてくれます。どちらのコーデがお好みですか?

(ブルーグレーの段絣)

(クリーム色の段絣)

どうやら明日は一日じゅう晴れ間が見えるかもしれません。

あっという間に週末金曜日がやってまいりますね。そろそろ、ちょこっとお出かけしませんか?店内では、窓を開けてエアコンをつけて、雨の日は空気清浄機も回しています。安心してゆっくりして頂ける、のんびりまったりなお店です。どうぞお目にかかれますのを楽しみにしております。

ご遠方の方やご来店が難しい方は、お問合せはお気軽にお願いいたします。

※メールでのお問合せについて:2日以内には必ず返信しています。早い時には即レスしています。もし、遅いな、と思われましたら、(めったにないことですが)制御不能なシステム障害が発生しているのかもしれません。ご遠慮なくお電話を下さいませ。またはSNSメッセージなどもお気軽にご利用下さいませ。

***

*営業時間*

午前11時~午後6時

(定休日:日曜日・月曜日)

お問い合わせはこちら

検索

つれづれ日記「恋衣」について

つれづれ日記「恋衣」
について

店主ブログでございます。
お店でご紹介しているお品や楽しい催事のことはもちろん、お着物周りのお話から、日々思うことや趣味のお話まで、徒然なるままに綴っております。
“恋衣(こいごろも)”とは忘れられない恋のこと。気になるお品やお話などがありましたらどうぞお気軽にお問合せ下さいませ。

旧ブログ
「店主のつれづれ日記」はこちら

お問い合わせはこちら

カテゴリー

おあつらえバナー

カレンダー

2021年9月
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930  

Twitterタイムライン