小千谷ちぢみに小千谷ちぢみの帯をあわせました小千谷ちぢみに小千谷ちぢみの帯をあわせました

2021年6月15日

小千谷ちぢみに小千谷ちぢみの帯をあわせました

今週も引き続き

6/19(土)まで『自然布織物の会』❣

開催中です。

いよいよ関東地方も梅雨入りしました。雨の日が増えて、蒸し蒸しした日々が続きます。気温は上がったり下がったりを繰り返し、体調管理が難しい時期となりますが、できるだけサラリと快適にお過ごし頂きたいなと思います。

本日は、梅雨時の湿気や暑さにも負けない『小千谷ちぢみ』のコーディネートをご案内いたします。

小千谷ちぢみ「十字絣」×小千谷ちぢみ八寸帯

小千谷ちぢみの八寸帯です。紡績糸を手織りで織り上げたお品です。

ナチュラルな自然色、やさしいベージュ色に、さび糸や節も混じり、ほっこりとしたやわらかな織り上げりです。シンプルなように見えて奥の深い天然素材の心地よさを感じます。

何にでもあわせやすいナチュラルベージュ。

紡績糸を用いているため国の文化財指定ではありませんが、小千谷市の文化財として認定されている作品です。

素朴な麻の風合いが暑さにほてる気持ちを癒してくれます。

伝統的工芸品指定の手織り小千谷ちぢみ

紡績ラミー糸ではありますが、絣をつくり手織りで仕上げられた伝統的工芸品です。機械織の安価な小千谷ちぢみが増える中、やはり手織りの風合いはたのもしくて、しっかりとした絣模様が爽やかです。

淡いグレーに藍紺色の「十字絣」です。真っ白ではなくてグレーですが、日差しにあたると透明感のある清々しさがとても美しく映えます。真っ白よりも、上品なシルバーグレーが大人色。

絣はタテ糸2本、ヨコ糸2本が交差して十字を作っています。存在感のある絣模様ですが、一つ一つはタテヨコのバランスや長さが違ったり、手織りならではの味わい深い模様が心地よく感じられます。

小千谷と小千谷のコーディネートです。ふるさとが同じだと、なぜだか心を許しあえてしまうようです。肩の力を抜いて、風にふかれてまいりましょう。

ご年齢問わず、なが~くご愛用頂ける、手織りの作品です。

いかがでしょうか?汗をかいても、すぅ~と逃がしてくれる、シュワシュワっとした清涼感。まるで空に煌く満点の星々が笑っているみたいです。

そろそろ、出番が近づいてまいりました!

※期間中の対象商品は「お仕立て無料」または、(お仕立て不要の方には)「10%引き」にてお求め頂けます。

お値段その他、どうぞお気軽にお問合せください。

 

***

*営業時間*

午前11時~午後6時

(定休日:日曜日・月曜日)

お問い合わせはこちら

検索

つれづれ日記「恋衣」について

つれづれ日記「恋衣」
について

店主ブログでございます。
お店でご紹介しているお品や楽しい催事のことはもちろん、お着物周りのお話から、日々思うことや趣味のお話まで、徒然なるままに綴っております。
“恋衣(こいごろも)”とは忘れられない恋のこと。気になるお品やお話などがありましたらどうぞお気軽にお問合せ下さいませ。

旧ブログ
「店主のつれづれ日記」はこちら

お問い合わせはこちら

カテゴリー

おあつらえバナー

カレンダー

2021年7月
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  

Twitterタイムライン