気温があがってきましたので。。気温があがってきましたので。。

2021年6月3日

気温があがってきましたので。。

今日は昨日よりも暑く感じます。少し気温が上がると、今年も夏がくるんだな、と実感します。皆さまのお住まいのところでは、いかがでしょうか。

ということで、本日は、シュワシュワ&サラリで気楽な小千谷ちぢみに、軽くてお手軽な本麻の八寸帯をコーディネートしてみました。

小千谷ちぢみは、「白の十字絣」と「墨色の十字絣」!真夏の白と黒は、どちらも捨てがたく、どちらも、透け感の涼やかさはもちろん、見る目もヒンヤリ冷やしてくれます。

小千谷ちぢみ(白)「十字絣」コーディネート

マンガン染めの小千谷ちぢみです。

絣を作って織り上げた模様ではなく、後染めの特殊な技術で染めています。このような細かい十字絣を絣を作って織ると、大変お値段が高くなります。しかし、特殊な後染技法で染めることで、まるで織り柄のような風合いを出しつつ、お値段を抑えることができるのです。ちょっと得した気分になれる小千谷ちぢみ、です。

コーディネートには、本麻羅織入りの八寸帯です。

この帯は、お手軽なのに情緒があって、濃紺・藍・グレー・ベージュと色の混じり具合も心地よい、とても重宝する帯です。

芯が入らずに、真夏のカジュアルシーンで大活躍しそうです。

真夏の白に、藍紺色のコーデ。爽やかさと清々しさに思わず振り返ってしまいそうな、清涼感と落ち着き感が素敵だなと思います。

小千谷ちぢみ(墨色)「十字絣」コーディネート

白の十字絣よりも、絣の配置が粗くて、夜空の星のようにも見えます。

真夏の墨色は、何しろ、透け感がとてもイイ感じなのです。透けているのが良く分かり、ドキドキするかもしれませんが、大丈夫。ちゃんと長襦袢または浴衣下着などをお召し頂ければ、全くご心配にはおよびません。真夏ですもの、透けてナンボ!?の心意気で、風を感じてお出かけ頂きたいです。

鼠色がかった草色の色合いが、心を和ませてくれます。真夏のどんなお着物にもあわせやすく、気軽さゆえの涼やかさ、を感じます。

墨色とのコーデをご案内しておりますが、ベージュやグレーにも良く似合う色彩です。

※商品ページでもご案内中です⇒小千谷ちぢみ「十字絣」 | 表参道 染一会 (someichie.com)

※小千谷ちぢみ:各税込み110,000円

※本麻羅入り八寸帯:各税込み66,000円

どうやら、明日は一日じゅう雨の予報です。「ところにより激しく降るおそれがある」のだそうです(-_-;)近年の梅雨は激しい雨が多くなりました。

どちら様も、どうかお気をつけてお過ごし下さいますように。

※麻の着物はお家洗いOK!なので、雨に濡れても大丈夫(*^^)v

***

*営業時間*

午前11時~午後6時

(定休日:日曜日・月曜日)

お問い合わせはこちら

検索

つれづれ日記「恋衣」について

つれづれ日記「恋衣」
について

店主ブログでございます。
お店でご紹介しているお品や楽しい催事のことはもちろん、お着物周りのお話から、日々思うことや趣味のお話まで、徒然なるままに綴っております。
“恋衣(こいごろも)”とは忘れられない恋のこと。気になるお品やお話などがありましたらどうぞお気軽にお問合せ下さいませ。

旧ブログ
「店主のつれづれ日記」はこちら

お問い合わせはこちら

カテゴリー

おあつらえバナー

カレンダー

2021年6月
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930  

Twitterタイムライン