麻×羅。真夏の装い麻×羅。真夏の装い

2021年6月2日

麻×羅。真夏の装い

紫陽花に雫あつめて朝日かな
(千代女)

毎日の通勤路には色んな紫陽花が盛りを迎え始めています。年々、花の種類が増えるようで、「紫陽花」と呼んでも、こんなにたくさんのバリエーションがあるのだと感心してしまいます。皆さまの身近な花はいかがでしょうか?

関東の梅雨入りは、まだのようですが、週末の雨が紫陽花たちに嬉しい便りをもたらしてくれるのかな、さてどうでしょう。

本日は6月中旬~9月中旬ごろの、真夏の装いをコーディネートしてみました。

近江上布「南天柄」×羅織り八寸帯

「近江上布」は、苧麻糸に型紙捺染で絣をつくり、職人さんが手織りした、伝統的工芸品です。苧麻(ちょま)糸は、麻の中でも、白くてハリがあり、細くて丈夫、しなやかに肌によりそう清涼感抜群の素材です。

難を転じる「南天」の柄を、爽やかなラベンダーカラーで描いた作品です。美しくて上品な佇まいは、蒸せるような暑さもサラリと癒してくれそうです。

「泰生織物」謹製の羅織りの帯

見るからにスケスケで、編み目がはっきりとわかる、まさに真夏!の帯です。不思議なことですが、これほど織り目がはっきりわかるほど透けているのに、糸が浮き上がることも、飛び出ることも、決してありません。

八寸ですので、帯芯を入れないかがり仕立てです。この涼やかさのまま、お召し頂ける帯です。

シャリシャリの麻きもの、スケスケあみあみの帯!やさしいラベンダーカラーの清涼感!!まさに夏の装いです。

※帯の詳細は⇒「羅」八寸帯 | 表 参道 染一会 (someichie.com)

※近江上布のお値段はお気軽にお問合せ下さい

しっとりとした大人の女性に楽しんで頂きたい、爽やかで涼やかな装い。夏の楽しみが増えそうではないですか?

帯揚げをかえてみました。帯揚げの色だけで、こんなに雰囲気を変えることができるのも、楽しいです(*^^*)

6月は『自然布の織物展』&『真夏の友禅展』を開催する予定です。

詳細は近々にご案内いたします。どうぞまた楽しみに覗いて下さいましたら嬉しいです。

雨が近づきつつあるようです。どちら様も、ご体調管理にお気をつけてお過ごし下さいますように❣

 

***

*営業時間*

午前11時~午後6時

(定休日:日曜日・月曜日)

お問い合わせはこちら

検索

つれづれ日記「恋衣」について

つれづれ日記「恋衣」
について

店主ブログでございます。
お店でご紹介しているお品や楽しい催事のことはもちろん、お着物周りのお話から、日々思うことや趣味のお話まで、徒然なるままに綴っております。
“恋衣(こいごろも)”とは忘れられない恋のこと。気になるお品やお話などがありましたらどうぞお気軽にお問合せ下さいませ。

旧ブログ
「店主のつれづれ日記」はこちら

お問い合わせはこちら

カテゴリー

おあつらえバナー

カレンダー

2021年6月
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930  

Twitterタイムライン