花あかりの散歩道花あかりの散歩道

2021年3月31日

花あかりの散歩道

「染谷洋」友禅作品展、色々とお求め下さり、お問合せを下さり、誠にありがとうございます。明日以降に作品たちは工房へと戻ってまいりますが、後日でも、何か思い出される作品がありましたら、どうぞまたいつでもお気軽にお尋ね下さいませ。

さて、桜🌸

皆さま、お花見散歩はお楽しみになられましたでしょうか?都内の桜は花びらを散らし始めて、道路には桜色の絨毯が敷かれ始めました。

先日のお休みは嵐に見舞われ、定休日のお花見が実現できずに、悶々と風に舞い始めた花びらを想っておりましが、あっ、だったら夜はどうなんだろう。

今年はライトアップはありませんが、個人的な脚のリハビリもかねて(^^;)「花あかり」の下そぞろ歩きはどうだろう。と思い立ち、閉店後、表参道からメトロに乗って行って参りました!

東京の桜の名所「千鳥ヶ淵」です。

夜の7時頃、歩く人はとっても少なくて、あたたかな夜風は気持ち良く、ぼんやりと薄闇に浮かび上がる、今年の桜景色を堪能です(*^^*)

今年に買い換えたスマートフォンでは、夜の7時を過ぎた夕闇でも、こんなに美しい景色を収めることができました。

あっ、東京タワーが水面に影を落としています。

実際はこれほど明るくはないのですが、肉眼でも、桜並木が白く浮かび上がり、なるほど情緒たっぷりな「花あかり」です。

千鳥ヶ淵緑道。人は本当に驚くほど、まばら。かつての賑わいがウソのようでした。

そして、桜と言えば西行法師を口ずさみ

色そむる花の枝にもすすまれて
梢まで咲くわが心かな

まさにそうだなと、見上げた夜空も桜色

緑道脇の土手に菜の花が咲き乱れる場所があり、朧月が見えないかと空を仰いでみましたが・・・。私の眼には見えずとも、きっと君たちには見えているのでしょうね。のんびりと夜桜を堪能できる、なんて幸せな菜の花たちなのかと、羨ましくなります。

いつもの絶景ポイント展望台は閉鎖中でボートも営業休止中ですが、それでも、むしろだからこそ、こんなに美しく。水面にもこぼれる花盛り。

あ~もう、散り始めようとしているのですね。若い葉っぱがバトンタッチを待ちかねたように芽吹き始めて、胸がキュンといたします。

いざ今年 散れと桜を語らはむ
中々さらば風や惜しむと
(西行)

満開の青空の下の桜は素晴らしく素敵ですが、花びらを散らし始める頃の夕闇の桜がこんなに風情があるなんて、ちょっとドキドキする並木道でございます。

武道館のタマネギは、せめもと、桜を照らさんばかりに煌々とライトアップされていました。

千鳥ヶ淵は、個人的なことですが、亡き母との思い出の場所でもあり、どうしても桜の季節に訪ねておきたい場所でして、この春も何度目かに飾るの母の絵は、だんだんと色褪せて感じるのが切ないのですが、来年は昼間にボートに乗って、この場所へ行ってみたいなと思いつつ。。。

とはいえ、今年の貴重な景色も胸にしまっておきたいと思います。

歩きすぎた帰り道は脚を引きずりながら、混雑のない快適なメトロに座ってお家に帰りました。そしてやっぱりその夜は・・・

春風の花を散らすと見る夢は
さめても胸のさわぐなりけり
(西行)

明日から4月が始まります。

そうそう、空き店舗になっていたお店の一階に、花屋さんがオープンされました。

悶々とするコロナ渦巻く中でも、少しずつたくましく、世の中が変わり始めているのですね。

お近くにお越しになられましたら、どうぞぜひお気軽にお立ち寄りくださいませ。桜降る日も、皆さまにお目にかかれますのを楽しみにお待ち申し上げております。

*営業時間*
火曜日~土曜日 11:00~18:00 通常営業

(定休日:日曜・月曜)

お問い合わせはこちら

検索

つれづれ日記「恋衣」について

つれづれ日記「恋衣」
について

店主ブログでございます。
お店でご紹介しているお品や楽しい催事のことはもちろん、お着物周りのお話から、日々思うことや趣味のお話まで、徒然なるままに綴っております。
“恋衣(こいごろも)”とは忘れられない恋のこと。気になるお品やお話などがありましたらどうぞお気軽にお問合せ下さいませ。

旧ブログ
「店主のつれづれ日記」はこちら

お問い合わせはこちら

カテゴリー

おあつらえバナー

カレンダー

2021年6月
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930  

Twitterタイムライン