手描き友禅染め帯(第一弾) 手描き友禅染め帯(第一弾) 

2021年3月12日

手描き友禅染め帯(第一弾) 

3月末まで延長開催

東京手描き友禅作家「染谷洋」作品展

この度は、東京手描き友禅作家「染谷洋」さんの作品を盛りだくさんにご紹介しております。染谷先生の作品展は初の試みで貴重な機会でありますが、誠に残念なことに緊急事態宣言延長下となってしまい、お出かけしづらいというお声も頂戴しております😢

そのため、連日ブログにて、店内作品をご案内しております。来週の半ばまでには殆どの作品を掲載予定ですので、気になるお品がありましたら、お値段その他、どうぞご遠慮なくお問合せ下さいませ。お問合せは何度でも、どのようなことでも大丈夫です。お待ちしております。

本日は、店内にて多数ご紹介しております、染め名古屋帯の作品(第一弾)をご紹介いたします。

お色は出来る限り実際の色に見えるようにしています。季節を問わず、袷~単衣にお召し頂ける帯です。

画像は、「お太鼓柄」と「前帯」(画像の真ん中から上下半分が前帯になります)です。まずは第一弾、ずらりとご紹介いたします。ぜひスクロールしてゆっくりご覧ください。

小人のレース編み

麻の葉地紋のしなやかな帯地です。ち密なデザインと小人の動作の愛らしさ。染谷先生ならではの作品で、絵本のページのようにキュンキュンします。働き者の小人たちをどうぞおそばにお招き下さい(*^^*)

和楽器

菱型の中にお花のある、細かい地紋のしなやかな帯地です。柳鼠色をうんと淡くしたような色、しっとりとした心地よいお色です。うっとりとするような和楽器の音色が、心の隅々まで優しく沁みわたります。

光の加減でかすかに光沢を感じる帯地です。上品な鳩羽色です。古典調の縁起の良い帯です。和楽器も染谷作品には多く登場します。音が鳴る⇒事が成る。

細かい格子柄地紋のしなやかな帯地です。白緑色をさらに淡くした感じ。しっとりとした清々しさを感じる色合いです。鈴の音は邪気を払い幸せを呼びます。時々鳴らして下さいますように。

華紋(シルバー×ブルー)

唐花地紋のしなやかな帯地です。地色はやや緑味を帯びたシルバーグレー、薄雲りの空のような鼠色(薄雲鼠色)です。鮮やかにパッと開いた美しい華紋に魅了されます。

華紋(ターコイズ×ピーコック)

菱華地紋のしなやかな帯地です。鮮やかなターコイズブル―の華紋。装いにインパクトを与えてくれる気持ちの晴れる帯です。

菱松

菱型のドットのような可愛い地紋のしなやかな帯地です。桜鼠色のやんわりとした地色、菱取りの松が、豊かに清楚に描かれた帯です。

かんざし

寄せ小紋のような地紋のしなやかな帯地です。濃い減紫(けしむらさき)色のこっくりとした地色に、愛らしいかんざし。乙女心をくすぐる、ちょっぴり雅なデザインです。

ひょうたん(焦げ茶)

帯地はしっかりとした絹地で、良く見ると(実物でも光にあててやっとわかるぐらいですが)大小あられの地紋があります。濃い焦げ茶の地色。ひょうたんは、無病息災、開運招福の縁起物です。ひょうたんの中に描かれた更紗柄にも縁起を担いで、ひょうたんの形に結んだしめ縄も、さすがのデザイン力に感動です。

ひょうたん(灰桜色)

七宝柄地紋のしなやかな帯地です。シックな灰桜色に、更紗柄のひょうたんがコロンと描かれています。縁起の良い古典柄も愛らしく感じます。お太鼓にも前帯にも、縄でひょうたん!わかりますか?なので三つ揃えて、三拍子❣

ほのかな光沢のある紬の帯地です。鳩羽色を暖かくしたような色目。縄は染谷先生の特徴的なデザインの一つです。「しめ縄」に由来するように、縄には災難よけ厄除け効果がありそうです。ほどけた心も結びなおしてみませんか?

葵(納戸色)

しっかりとした(ふしのない)紬素材の帯地です。緑と青の間、こくのある納戸色です。ハート形の葵の中に更紗が描かれています。織の着物にも染めの着物にも、気分のあがる帯です。

葵(柳茶色)

ヨコ糸に存在感のあるしっかりとした紬の帯地です。柳茶色にかすみぼかしで奥行きを感じます。葵の葉っぱが笑っているようで晴れやかで楽しい帯です。

横段更紗(黒)

細かくほっこりとした節のある紬の帯地です。黒の地色に繊細な更紗が描かれて、エキゾチックで楽しい柄です。よくよくご覧くださいね。お舟が浮かび鳳凰も飛ぶ。

横段唐草(辛子色)

細かくほっこりとした節のある紬の帯地です。明るい辛子色の地色です。細やかな更紗の柄は、丁寧に糸目を引いて友禅を挿して、根気強く、でも、どことなく愛らしいのが染谷流。

レース(墨紫)

銀通しというラメ入りの帯地に染めています。まるで満点の星空のような神秘的な煌き、そして夜空に美しいオーロラがかかったようにレースの模様が浮かび上がります。幻想的な景色が大変に心に沁みる、染谷先生らしい作品です。

レース(クリーム)

銀通しというラメ入りの帯地に染めています。生成り(アイボリー)色の淡いお色目なので、画像ではキラキラがわかりづらいかと思いますが、積もった雪に春の陽射しが差して表面が細やかに輝く景色のように、美しいお色目です。モーブ色のレース模様は上品で、繊細な煌きに良く似合います。

つや感があり、たっぷりとしたしなやかな帯地です。チャコールグレーの地色。松の葉の潔いまでに、空へとシュンシュン伸びるさま。永遠の幸せが約束されるかのような、頼りがいのある美しさです。霞のなびく風情も素敵。 

いかがでしたでしょうか?

繊細な筆のタッチはもちろんですが、デザインの構成力もとても素晴らしくて、そして全体にどことなくロマンティックな要素が垣間見えるのが染谷作品の素敵なところです。

帯の第二弾は、少し季節限定要素があったり、ユニークで個性的だったりする作品をご紹介いたしますが、まずは本日第一弾、気になる作品がありましたら、どうぞご遠慮なくお気楽にお問合せ下さいませ。

日曜・月曜は定休日を頂戴いたしますが、来週の火曜日に総柄の型染小紋、水曜日には帯第二弾、木曜日には夏の小紋や帯などなど予定しています。

ブログ記事のバックナンバーも眺めて頂きつつ、来週もどうぞ楽しみにお訪ね下さいませ(*^^)v

※お手元事前確認について

ご購入前の事前確認ご希望下さいます場合は、会期終了後発送で承ります。宣言下でお出かけを躊躇される方もあるかと思います。どうぞご遠慮なくお申しつけさいませ。

ちなみに、最近の染谷先生!撮れたて(*^^*) 
今日も元気に制作活動ちゅっ!

~ぷろふぃーる~

東京藝術大学で日本画を学び、友禅染め、型染、墨流し、更紗、杢目摺り等の多彩な染色技法を駆使して、精力的な作品づくりを行っておられます。1971年生まれ。2012年伝統工芸士認定。日本現代工芸展、日展、シルク博物館全国染色作品展、東京友禅コンクール展、などにて、受賞多数。

 

*営業時間*
火曜日~土曜日 11:00~18:00 通常営業

(定休日:日曜・月曜)

 

お問い合わせはこちら

検索

つれづれ日記「恋衣」について

つれづれ日記「恋衣」
について

店主ブログでございます。
お店でご紹介しているお品や楽しい催事のことはもちろん、お着物周りのお話から、日々思うことや趣味のお話まで、徒然なるままに綴っております。
“恋衣(こいごろも)”とは忘れられない恋のこと。気になるお品やお話などがありましたらどうぞお気軽にお問合せ下さいませ。

旧ブログ
「店主のつれづれ日記」はこちら

お問い合わせはこちら

カテゴリー

おあつらえバナー

カレンダー

2021年5月
« 4月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  

Twitterタイムライン