松づくし松づくし

2021年1月16日

松づくし

本日は「松」です。

まずは、新年新入荷の清々しい帯をご紹介いたします。

友禅染め名古屋帯「琳派松に松葉」

ほんのりとした心癒される、こんな色のお空が心地よいなと思います。ふわふわと浮かぶように見えるのは、雲ではなくて傘松です。重なり合う松のシルエットが優しく浮かび上がります。

もっこり茂る傘松に、そよ風に舞い踊り煌めく松葉を描いた、シンプルですが大変に情緒豊かな名古屋帯です。

※商品ページにも掲載いたしました⇒友禅染め帯「琳派松に松葉」 | 表参道 染一会 (someichie.com)

一年じゅう緑を絶やさぬ松は、とわに続く幸せのあかし。褪せない緑も春がくれば、生き生きと蘇るようながいたします。

常磐なる松のみどりも春くれば
今ひとしほの色まさりけり(源宗于朝臣)

もちろん、江戸小紋にも松文様が様々ございます。傘松を描いたもの、松葉を描いたもの、それぞれの趣を楽しんで頂ける文様たちです。

(傘松文様)

もこもことした傘松を錐彫りの点々であらわした、心満たされる文様です。縁起の良い傘松は、プチフォーマルにお召し頂いても良いかなと思います。

(松葉文様)

楽しくお召し頂ける小紋が仕上がります。ふんわりとした松葉の模様が良く分かり、色んなお色で楽しんで頂けそうです。

(地型松葉文様)

ヒュンヒュンとした松葉がランダムに敷き詰められた文様です。地色が染まっているのは松葉の部分。地色が柄を描き出している型を「地型」と呼びます。単衣にも人気の文様です。

(松と市松)

カジュアル小紋として、はんなり系のお色で染めて可愛らしく、シックなお色で染めて粋に、楽しんで頂けます。

(地落ち松葉文様)

柄を彫り残し、その周りを点々で埋め尽くして柄を立たせる型を「地落ち」と言います。細やかな点々の中に松葉が浮かび上がる美しい文様です。フォーマル使いにもおすすめです。

傘松文様江戸小紋×琳派松に松葉

前帯です

松は常緑の植物で、季節を問わずに楽しんで頂ける嬉しいモチーフです。

単衣の爽やかな季節にも、袷のほっこりとした季節にも、末永い幸せを約束してくれます(*^^*)

また、松は待つにかけて、来ぬ人を待ったり、巡る季節を待ったり、願いが叶うのを待ったり・・・古来多くの歌に詠まれてきたようです。思えば、待ち時間が長いとうんざりな一方で、待っている時が一番楽しいなんて考え方もあったりして。何しろ、待っている間は、限りない妄想の広がる時間でもありますので。春を待つ。ただ今そんな時でございます。

日曜日・月曜日は定休日を頂戴いたします。お休み明けに、またどうぞ元気にお会いできますのを楽しみにしております。

来週も申し訳ないことに、(店主の膝故障の治療のため)ときどき午後5時閉店をさせて頂きます。快復までもう少しだけお時間下さいませm(__)m 営業には全く支障ございませんので、どうぞお気軽に遊びにいらして下さいますように(#^.^#) 

 

*営業日・営業時間*

火曜日~土曜日
11:00~
(当面)18:00閉店
(ご予約不要です)
時間外のご来店は事前予約承ります
お気軽に!

(日・月曜日:定休日)

お問い合わせはこちら

検索

つれづれ日記「恋衣」について

つれづれ日記「恋衣」
について

店主ブログでございます。
お店でご紹介しているお品や楽しい催事のことはもちろん、お着物周りのお話から、日々思うことや趣味のお話まで、徒然なるままに綴っております。
“恋衣(こいごろも)”とは忘れられない恋のこと。気になるお品やお話などがありましたらどうぞお気軽にお問合せ下さいませ。

旧ブログ
「店主のつれづれ日記」はこちら

お問い合わせはこちら

カテゴリー

おあつらえバナー

カレンダー

2021年3月
« 2月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  

Twitterタイムライン