桜咲く江戸小紋桜咲く江戸小紋

2021年1月13日

桜咲く江戸小紋

1/14(木)都合により午後5時閉店させて頂きます。勝手なことで申し訳ございませんが、何卒よろしくお願いいたします。

 

本日は「桜文様」をご紹介いたします。

何しろ桜という花は、誰もが待ち焦がれ、人ばかりでなくてこの世の全てに春を目覚めさせてくれる花です。一斉に空を桜色に染めたかと思うと、散り急ぐ花びらを春風たちがかなたへと運び去る。もし、桜の花が咲かなければ、どんなにか心穏やかにいられるだろう、でもそれはそれで、さぞかし寂しいことであろうと、桜の咲かない春は考えられないのでございます。

世の中にたえて桜のなかりせば
春の心はのどけからまし
(在原業平)

江戸小紋の文様は季節を選ばずお召し頂けることで、桜文様は春夏秋冬、人気の文様です。それでも、もし春の盛りにお召し頂けたなら、桜ほど心を晴れやかにしてくれる花はないかもしれません。桜が咲く頃には、この世はどうなっているのでしょう。密やかな希望を込めて花びらをまとう、色んな想いを託せる江戸小紋でございます。

(小桜)

これまで様々なお色でお染めしてまいりました人気の文様です。シルバーやピンクなどの淡いお色で染めると、はんなりとした佇まいが美しい江戸小紋です。

(小桜通し)

タテヨコ整然と並ぶ桜文様です。夏の絽に涼やかなお色でお染めしたこともございます。絽の江戸小紋ひんやり「小桜」 | 表参道 染一会 (someichie.com)

(桜花びら)

花びらを残して周囲を点々で埋め尽くす「地落ち」の型紙で染めた桜花びらです。桜の美しさは、満開の時はもちろんですが、春風に舞い空を桜色に染める頃、心に深く沁み入る情景は尚更でもございます。粋な墨色系に染めても素敵な文様です。

(菊と桜)

日本を代表する花、春の桜と秋の菊。欲張りな江戸小紋です。桜の気持ちと菊の気持ち、すれ違いながらも通じ合うのでございます。

(しだれ桜)

手に触れられるほどの間近の目の前に、可愛らしい花が風にゆらゆら揺れている。可憐なしだれ桜には、春をありがとう、思わずお礼を言いたくなってしまいます。

(地落ち枝桜)

江戸小紋には珍しい、枝花を描いた文様です。春の霞の中に咲く枝桜、優しいお色でお染めになると素敵かなと思います。

(桜と扇子)

桜テーマの伝統芸能の演目はあまたあるかと思います。春になればきっと、桜の季節ならではの、素晴らしい伝統の世界へと誘われてみたいものでございますね🌸

当店では、色×柄をご指定頂いてから反物をお染する「おあつらえ江戸小紋」をご案内しております。画像は全て色柄見本を撮影しております。見本キレはお顔映りを十分にお確かめ頂けるサイズです。外出が難しい場合は見本キレの「お試し染め」(一枚5,500円)を承ります(お色を変えて試し染めすることもできます)ので、どうぞご相談下さいませ。

※今月は、1/22(金)より、すでに染め上がっています江戸小紋の反物を色々とご紹介する予定でございます。もちろんサイトではコーディネートも盛りだくさんにご案内いたしますので、どうぞ楽しみにして下さいましたら嬉しいです。

*営業日・営業時間*

火曜日~土曜日
11:00~
(当面)18:00閉店
(ご予約不要です)
時間外のご来店は事前予約承ります
お気軽に!

(日・月曜日:定休日)

お問い合わせはこちら

検索

つれづれ日記「恋衣」について

つれづれ日記「恋衣」
について

店主ブログでございます。
お店でご紹介しているお品や楽しい催事のことはもちろん、お着物周りのお話から、日々思うことや趣味のお話まで、徒然なるままに綴っております。
“恋衣(こいごろも)”とは忘れられない恋のこと。気になるお品やお話などがありましたらどうぞお気軽にお問合せ下さいませ。

旧ブログ
「店主のつれづれ日記」はこちら

お問い合わせはこちら

カテゴリー

おあつらえバナー

カレンダー

2021年1月
« 12月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031

Twitterタイムライン