ロートン織の三才山紬ロートン織の三才山紬

2020年12月8日

ロートン織の三才山紬

この季節に手に取ると、それはまるで雪が降り積もり、かすかに光を輝かせるような、美しい織物です。

でも、白ではなくて、栗の皮で染めた草木染め。画像でお伝えするのがとても難しいのではありますが、うっすらと茶味がかった、何とも言えぬ甘さと渋さのある、天然の色合いに気持ちが解けていくようです。

三才山紬(みさやまつむぎ)ロートン織。

※反巾1尺5分

秋に入荷してから、サイト未掲載でしたが、ようやく撮影に取り組みました(*^^*)

時々お問合せを頂く「三才山(みさやま)紬」ですが、その生産量は大変に少なくて、出会う機会も少ない織物です。何しろ、信州三才山にのたった一軒の工房で制作されているのですから。

工房のある山でとれる草木のみを用いて糸を染めます。こちらは栗の皮。微妙なさじ加減で同じ色を用いても染まり具合が異なります。これほど美しい色を出せるのは、たった一軒の工房、横山さんならではです。ほのかに染まる自然の恵を優しく織り上げた作品です。

何色?と言われると難しいのですが、決して白ではなく、アイボリーではなくて何か自然色が混じっている感じ、生成りよりもう少し落ち着いた薄茶色っぽくて、でも茶系ではない!

それ何?って言われると、やっぱり栗の皮の草木染め(*^^)v

何しろ、このレースのようなロートン織が大変美しく、織り目は光を浴びて白く輝きます。紬なのにドレス感のある、とにかく素敵な織物です。

※三才山紬「ロートン織」商品ページに掲載しました⇒こちらクリック

この季節に見ると、まるで雪が舞うような美しさを感じます。

さらりとした風合いの三才山紬は、単衣仕立てもおすすめしておりますが、タテ糸には真綿を織り込んでいますので、ほっこりと袷仕立てにしても気持ちよくお召し頂けます。

本日は、季節のコーディネート✨で、刺繍名古屋帯「クリスマスリース」をあわせてみました。

※刺繍名古屋帯「クリスマスリース」⇒詳細はこちらクリック

お洋服やドレスの方の多いパーティでも、こんな装いならばきっと褒めて頂けそうです(*^^*) 現代の街並みに美しく馴染む、気持ちの弾むコーディネートでございます✨

今日は随分と気温が高めで、お昼間は汗ばむくらいでした💦 

とはいえ、少しずつ、空気にも冬の匂いが混じり始める12月。わたくし事ですが、年末になるとどこかしら調子を崩しがちで、朝から腰痛に悩まされておりますが(^^;)、そろりそろりと過ごしつつ、穏やかな年の瀬を迎えたいなと思います。

今週はまもなく、セール❣のご案内を始めますので、また楽しみにお付き合い下さいませ(*^^)v

 

*営業日・営業時間*

火曜日~土曜日
11:00~
(当面)18:00閉店
(ご予約不要です)
時間外のご来店は事前予約承ります
お気軽に!

(日・月曜日:定休日)

お問い合わせはこちら

検索

つれづれ日記「恋衣」について

つれづれ日記「恋衣」
について

店主ブログでございます。
お店でご紹介しているお品や楽しい催事のことはもちろん、お着物周りのお話から、日々思うことや趣味のお話まで、徒然なるままに綴っております。
“恋衣(こいごろも)”とは忘れられない恋のこと。気になるお品やお話などがありましたらどうぞお気軽にお問合せ下さいませ。

旧ブログ
「店主のつれづれ日記」はこちら

お問い合わせはこちら

カテゴリー

おあつらえバナー

カレンダー

2021年4月
« 3月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  

Twitterタイムライン