2020年12月、表参道の夜2020年12月、表参道の夜

2020年12月4日

2020年12月、表参道の夜

今年の冬は、表参道イルミネーションは中止となりました(-_-;)

思えば、2009年に復活して以来、ずっと毎年、閉店時刻になるとソワソワしはじめ、ささっとカメラをポケットに入れて、スキップしながら夜のパトロールに出かけておりました。

では、今年の夜はどうなっているのか!心配になって、昨夜の閉店後、やっぱりパトロール!してしまいました。

すると、なんと、本当にない。しかも歩道橋に登れてしまう。(例年イルミ点灯中の歩道橋は通行禁止になってました)

街路の低木だけをライトアップしていますが、人通りも少なく、のんびりとしたケヤキ並木です。

(2020年12月の夜)

それでも、表参道の夜の景色には不思議と心癒される。どうしてだか、表参道には、冷えた冬の夜が良く似合う、気がします。

例えば、歩道橋の上でダウンとマフラーに包まれて、手袋したまま一人で缶酎ハイでも開けたくなる感じ。お疲れ様ってケヤキたちと乾杯して、座り込んで眺めていたくなる。ちょっと変な人になりそうですが(^^;)そんな感じ。

実は、今年は明治神宮鎮座100周年です。

10年前の90周年の時には、ケヤキ並木が90万球のLEDでライトアップされて、素晴らしい圧巻の景色でございました。それがもう10年も前なのかと思うと、感慨深いことでございます。

(10年前、2010年12月の夜✨)

本当だったら、もしかして今年は100万球のライトアップが予定されていたのではないか?そんなことを想像すると、ケヤキたちが背筋を伸ばし、街じゅうがシャンパンゴールドに煌く景色が目に浮かびます。

その代わり、まちかど庭園では、竹あかりのモニュメントが飾られていました。

間伐材の竹を利用しているのだそうです。お役目が終わると炭になり土に還るのだそうで、それまでのひと時、街ゆく人の気持ちを和ませてくれています。

コロナな2020年は、表参道から人が居なくなってしまった時期もありました。その都度、幾度となく歩道橋に上がって、ため息をついて、ケヤキの葉っぱだけが季節を教えてくれるようでもありました。

(今朝の表参道)

今年の営業が終わったら、きっとまたここに来るからね。そして、残りの葉っぱを数えながら、夜なら缶チューハイ、朝ならコーヒーで、ケヤキたちとお疲れさん会をしよう(^^;)

その前に、12月が一日一日と削られて、いよいよ、今年のラストスパートへとアクセルを踏み込む時期が近づいてまいりました。

どうか、どちら様も、体調管理にはくれぐれもお気をつけて、無理せずマイペースに、元気にワクワク、お過ごし下さいますように❣

 

*営業日・営業時間*

火曜日~土曜日
11:00~
(当面)18:00閉店
(ご予約不要です)
時間外のご来店は事前予約承ります
お気軽に!

(日・月曜日:定休日)

 

お問い合わせはこちら

検索

つれづれ日記「恋衣」について

つれづれ日記「恋衣」
について

店主ブログでございます。
お店でご紹介しているお品や楽しい催事のことはもちろん、お着物周りのお話から、日々思うことや趣味のお話まで、徒然なるままに綴っております。
“恋衣(こいごろも)”とは忘れられない恋のこと。気になるお品やお話などがありましたらどうぞお気軽にお問合せ下さいませ。

旧ブログ
「店主のつれづれ日記」はこちら

お問い合わせはこちら

カテゴリー

おあつらえバナー

カレンダー

2021年4月
« 3月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  

Twitterタイムライン