今宵は夜空を見ませんか?今宵は夜空を見ませんか?

2020年10月29日

今宵は夜空を見ませんか?

過ごしやすいお天気が続いていますね。毎晩のお月様はだんだんお腹がふくらんで、今宵は、秋の二度目のお月見の夜、「十三夜」でございます。

十五夜と並んで「二夜の月」と呼ばれる「十三夜」。まん丸になるには、ちょっと足りないのではありますが、そのぶん身も軽く、早い時間からふわりと昇りはじめます。今宵、皆さまのお空はいかがでしょうか?

本日は、お月様の帯をコーディネートいたしました!

江戸小紋×友禅染め帯「萩に月」

きものは、江戸小紋です。

とっても淡い桜色なので、柄がはっきり撮影できずに申し訳ないです。ペイズリーの文様です。遠目にはホワホワっとしたやさしい印象を与えてくれる、ペイズリーは生命の木!生き生きとゆっくりと、心地よい色に包まれる。そんな感じが気持ちいい!江戸小紋です。

やっと商品ページに掲載しました。お手元にお招き頂きやすい特別価格にてご案内中です。お値段はどうぞお気軽にお問合せ下さい。

※江戸小紋「ペイズリー」⇒商品ページこちらクリック

お月様の帯は、深みのある焦げ茶色。お空に月が輝くと、夜が嬉しくなります。このところは、寒すぎることもなく、のんびりと夜空を見上げることができますね。

「十三夜に曇りなし」と言われます。きっと今宵の空では、秋の夜を彩る、美しい姿にお会いできるかなと思います。

※友禅染め名古屋帯「萩に月」⇒商品ページこちらクリック

お月様を詠む人々には、九月十五夜の月よりも、十三夜の月に心を寄せる方が多いようで、西行法師もその一人。

雲きえし秋のなかばの空よりも
月は今宵ぞ名におへりける
(西行)

まん丸な満月よりも、少し欠けた月。雲ひとつない月夜より、雲の間から見え隠れする月。十三夜は日本独自の風習です。何ごとも、ちょっぴり足りない感じが心地よいとは、日本人らしい感性であり、まことに、同感でございます。

そういえば、四方山話ではありますが、京都の銀閣寺は十三夜を愛でるために建立されたお寺なのだとか。十五夜の時には見られない情景に浸れるそうで・・・それはそれは、ちょっと心惹かれます。

さて、今宵はどうでしょう?

 

江戸小紋「ペイズリー」は、羽織やコートにお仕立てしても素敵です。

お月見には、羽織ものが必要な季節。お風邪召されませぬよう、温かくして、お月様をお迎えください。

十三夜は「栗名月」ともいわれます。今晩は栗ご飯はいかがでしょう。

我が家の場合は、栗がゴロゴロ入った栗ご飯セットを入手してありますので、お米をといで一緒に炊飯器に入れて炊くだけ!ですが(もちろん晩酌つきで(^O^) ささやかでスペシャルなお月見ご飯の予定でございます(^^;)

十五夜だけでは片見月。ぜひ、秋の夜長をゆっくりと楽しんで頂けますように(*^^)v

 

*営業日・営業時間*

火曜日~土曜日
11:00~
(当面)18:00閉店
(ご予約不要です)
時間外のご来店は事前予約承ります
お気軽に!

(日・月曜日:定休日)

お問い合わせはこちら

検索

つれづれ日記「恋衣」について

つれづれ日記「恋衣」
について

店主ブログでございます。
お店でご紹介しているお品や楽しい催事のことはもちろん、お着物周りのお話から、日々思うことや趣味のお話まで、徒然なるままに綴っております。
“恋衣(こいごろも)”とは忘れられない恋のこと。気になるお品やお話などがありましたらどうぞお気軽にお問合せ下さいませ。

旧ブログ
「店主のつれづれ日記」はこちら

お問い合わせはこちら

カテゴリー

おあつらえバナー

カレンダー

2020年11月
« 10月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30  

Twitterタイムライン