東京友禅展10/3まで(特別価格の小紋も!)東京友禅展10/3まで(特別価格の小紋も!)

2020年10月2日

東京友禅展10/3まで(特別価格の小紋も!)

昨夜は「十五夜」、皆さまの夜空はいかがでしたでしょう?きれいなお月様にお会いいただけましたでしょうか。都心の空にも、ゆっくりと静かに月が昇って行きました。

気持ちの良い秋ですね(*^^*)

今週は~10/3(土)まで

東京友禅作家作品(しゃれ帯)展

※期間中お仕立て無料!

今週のブログでは、できるだけたくさんの作品をご案内しておりますが、いかがでしょうか?

気になるお品がございましたら、お値段など、どうぞお気楽にお尋ね下さいますように。

明日の土曜日も秋晴れ。店内賑やかにしてお待ちしております。

全ての作品をご紹介できないのは残念なのですが、今日も精一杯ご案内いたします(*^^)v

田中順子作「竜田川」

紅葉と言えば竜田川。彩りに包まれる季節は、もう間もなくですね。ぶらりと旅に出たくなり・・・秋ですね。

ちはやぶる神代もきかず龍田川
から紅に水くくるとは
(在原業平)

本田早苗作「ほっこり」

猫ちゃん先生のほっこり作品です。秋の夜長は冷えるから、猫ちゃんと一緒に暖かくしてお過ごし下さいますように。猫ちゃん、お名前はなんでしょう?たま?ちがうな、すず?何だろう。

※こちら、今回の特別価格作品です。お値段:税込132,000円

熊沢吉治作「菊花満開」

ベテランの友禅作家、熊沢先生の作品です。菊の花の作品は熊沢先生の力作で、花びらの一枚一枚まで瑞々しく、触れると凛とした静けさが伝わるようです。塩瀬の帯。

熊沢吉治作「鳳凰」

鳳凰は、愛と平和のシンボルとして、古くから衣装のみならず調度品などに多く描かれてきました。作家の先生方も、一度は描かれたことのある鳳凰。熊沢作品は、さらりと描いているようで、細やかなディテールにもこだわり、まるで現代の街に降り立つ鳳凰のようにも見えます。コロナな世なら尚更、待ち遠しくなりますね。

熊沢吉治作「赤谷の小枝」

群馬と新潟の県境に広がる「赤谷の森」。大自然の豊かな森は秋の彩りに包まれる頃でしょうか。小枝を集めて歩いていたら、いつの間にか森の奥へと迷い込んでしまいます。それでも森は帰り道を教えてくれる。森と心通じる人でありたいですね。

今回は、町田久美子先生の手描き友禅小紋を特別価格でご案内しています。

町田久美子作-小紋-「モザイク更紗」

モダンで可愛い更紗の飛び柄。渋いグレー系のピンクベージュの色合いですが、この地紋のおかげで光沢を持ったプラチナカラーに見えます。生地と友禅の図柄との素敵なマッチングは、まさにセンスですね。

羽織仕立てにしても素敵だと思います。春先まで長く、そしてどんなお着物にも合わせて頂ける、着回しの良い羽織になりそう。

その他にも、2点ご案内しています。

小紋「更紗」

小紋「菱散らし」

※町田久美子作「小紋」各184,800円税込

今週ご案内してまいりました、東京友禅の作家作品は、明日の土曜日(10/3)までのご案内でございます。

明日も秋晴れ。お時間がありましたら、どうぞぜひ、お会いできますのを楽しみにしております。

また、気になる作品がありましたら、どうぞお気軽にお問合せを下さいますように。お手元事前確認をご希望の場合も、お問合せ下さいませ。

 

さて、今宵は満月でございます。小さく切り取られた都心の空にも、高層ビルを追い越して、迷うことなく天高く昇る月を追いかけることができます。でも、できれば建物の影に隠れることのない大きな空の下に住みたいな。とか、私たちのつまらぬ妄想にも、秋の月はゆっくり耳を傾けてくれそうです。お風邪召されませぬよう、暖かくしてお月見をお楽しみください。 

 

*営業日・営業時間*

火曜日~土曜日
11:00~
(当面)18:00閉店
(ご予約不要です)
時間外のご来店は事前予約承ります
お気軽に!

(日・月曜日:定休日)

お問い合わせはこちら

検索

つれづれ日記「恋衣」について

つれづれ日記「恋衣」
について

店主ブログでございます。
お店でご紹介しているお品や楽しい催事のことはもちろん、お着物周りのお話から、日々思うことや趣味のお話まで、徒然なるままに綴っております。
“恋衣(こいごろも)”とは忘れられない恋のこと。気になるお品やお話などがありましたらどうぞお気軽にお問合せ下さいませ。

旧ブログ
「店主のつれづれ日記」はこちら

お問い合わせはこちら

カテゴリー

おあつらえバナー

カレンダー

2020年11月
« 10月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30  

Twitterタイムライン