草木染めの紬に友禅の帯草木染めの紬に友禅の帯

2020年9月18日

草木染めの紬に友禅の帯

明日から、4連休!の方も多くいらっしゃるかと思います。ご予定はいかがでしょうか?

土曜日まで、店内は賑やかな秋の装いでお待ちしております。お時間がありましたら、どうぞぶらりとお訪ね下さいませ。

初秋のコーディネート展
今週9/19(土)まで

*スキップできる無地系紬のきもの
*心にしみる京友禅、秋の染め帯
*織の帯なら、織楽浅野

(期間中お仕立て代サービス!)

*ブログではたくさんのお品の画像をご紹介しております。お値段その他、お気軽にお申しつけ下さい。

さて、本日は、新潟県津南町にて松本夫妻が手掛ける、草木染め100%の紬織物に、季節のしばりの少ない友禅染め帯をあわせてみました。

草木染め紬のやわらかな風合いに、友禅が優しく寄り添います。

草木染め紬×江戸解四季草花

江戸解はシンプルに申しますと、御所解の江戸風デザインです。

網干や漁師船、波の間に間に四季の草花。カラフルで愛らしい、なんて可愛い~キュン♪としてしまいます。楓や梅、松に笹、桜も。秋~冬~春、袷の季節はずっと出番のある帯です。

やわらかな小紋に合わせて優雅なコーディネートも素敵ですが、草木染めの紬にあわせて、気軽なお出かけにも!季節を問わずお楽しみ下さい。

草木は、宵待草と山紅葉です。工房の周辺に生息する草木からお色を少し頂いて、タテ糸絹糸ヨコ糸真綿、やさしい風合いのほっこりとする紬織物ですが、タテに絹糸を用いていますので、やわらかく扱いやすい紬に織り上がっています。

かすかにピンク味を帯びた深みのある焦げ茶色。ほのかに甘い香りがするのが、松本夫妻の作品の特徴かもしれません。

もう少し寒くなったら、ほっこり紬に晴れやかな帯で、観劇などお出かけ頂きたいです。

草木染め紬×吹き寄せ

楓に菊に葉っぱに松葉、風に吹き寄せられて、帯に集まってきたみたいです。

吹き寄せは、風を描いたのだと思います。風は目に見えないものなのに、こんな風に描くことができるのだ!ということに、いつもちょっぴり感動してしまいます。

秋の風が木枯しになっても、冬の間もずっとお召し頂ける帯です。深い焦げ茶の地色です。

合歓(ねむ)の木と山桜で染めた草木染めの紬です。合歓の木は、ねんねの木。夜は葉っぱを閉じて眠ります。木々の息遣いを感じる草木染め。ほんわかと癒されるお着物です。

オレンジベージュにほんのり桜色が混じったような、自然由来のお色味をご体感頂ければと思います。

深まる秋、やがて来る冬支度にも、心温まるコーディネートです。

さて、この度ご紹介しております、初秋のコーディネート展ご案内作品は、一部をのぞいて、ひとまず明日(9/19)土曜日まででございます。

※ご遠方の方、お出かけが難しい方へは、事前確認のお届けやオンライン販売もご案内いたしております。ので、ブログ内をどうぞゆっくりご覧下さり、気になるお品がございましたら、お気軽にお問合せ下さいませ。

◆期間中ご案内中の「友禅染め帯」ラインナップはこちら⇒クリック

◆期間中ご案内中の「織楽浅野名古屋帯」ラインナップはこちら⇒クリック

明日は連休初日、お時間がありましたら、どうぞ遊びにいらして下さいませ。秋一番、お会いできますのを楽しみにしております。

*営業日・営業時間*

火曜日~土曜日
11:00~
(当面)18:00閉店
(ご予約不要です)
時間外のご来店は事前予約承ります
お気軽に!

(日・月曜日:定休日)

お問い合わせはこちら

検索

つれづれ日記「恋衣」について

つれづれ日記「恋衣」
について

店主ブログでございます。
お店でご紹介しているお品や楽しい催事のことはもちろん、お着物周りのお話から、日々思うことや趣味のお話まで、徒然なるままに綴っております。
“恋衣(こいごろも)”とは忘れられない恋のこと。気になるお品やお話などがありましたらどうぞお気軽にお問合せ下さいませ。

旧ブログ
「店主のつれづれ日記」はこちら

お問い合わせはこちら

カテゴリー

おあつらえバナー

カレンダー

2020年10月
« 9月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  

Twitterタイムライン