オリエンタルな魅力オリエンタルな魅力

2020年9月8日

オリエンタルな魅力

台風一過の真夏日になりました。

いつになったら涼しくなるのかな、お天気予報をシゲシゲ眺めてみましたら、東京地方では今週末からは季節が進み、最高気温30度を下回るようです。そろそろ暑さに疲れてきてましたので、ホッといたしますね。皆さまはいかがでお過ごしでしょう?

さて、本日は、秋の新入荷の帯をご紹介いたします。

西陣織袋帯「オリエンタル華文」

モダンなデザインでありながら、古い歴史を持つ「華文」。伝統柄の中でも人気のデザインの一つです。

華文は正倉院宝物にも多く見られる文様で、はるか千二百年前に伝世され、時代を越えてアレンジされてきた文様です。着物や帯にも大変多く用いられています。

考えてみれば、和装のデザインにエキゾチックな文様が多いのは、正倉院宝物由来なのかもしれませんね。異国とのさかんな交易が伺えて、楽しくなります。

季節性のあるデザインでないことも人気の秘密かと思いますが、何よりもこの繊細さ、そして華やぎのある文様が、1200年という古き時代に生み出されたものであることに驚きます。

藍色と黄緑色、濃淡を持って織り出されたデザイン性、帯地の凹凸はなくさらりとした肌ざわりの帯ですが、抑揚のある奥行きを感じさせてくれます。

愛らしさと華やかさ、伝統とモダンのバランスの良さ、小紋~付下げ・訪問着まで、現代シーンのお着物コーデに合わせやすく、晴れ晴れとした美しい帯です。

※西陣織袋帯「オリエント華文」⇒商品ページこちらクリック

本日は、同じく華文の小紋にコーディネートしてみました。

こちらの小紋は、小紋ではありますが、細やかな糸目文様が大変に美しく、プチフォーマルなお席にもお召しになりやすい小紋です。

華文の華やかさをたっぷり楽しんで頂けるコーディネート❣

※友禅小紋「イスラム華文」⇒商品ページこちらクリック

そろそろコロナ渦の日常が当たり前のようになり、不自由なマスク生活も当たり前、イラつく夫のテレワークも当たり前、サクサク毎日ネット閲覧も当たり前、こうしてあっという間に慣れ親しめるようになった新しい生活、私たちはこんなにも逞しいのだなぁ~とシミジミ思うこの頃です。皆さまは、どうお過ごしになられているのでしょう。

まだまだお出かけには躊躇されることもあるかと思いますが、お出かけできなくても、こうしてサイト越しにお会いできているのだと思うと心強いです。

来週の催事9/15(火)~9/19(土)《初秋のコーディネート展》)のお品につきましても、多くのお品をサイト掲載する予定でおります。できるだけたくさんをご覧頂けるように、催事期間前ではありますが、明日からサイト内ブログにてご紹介を開始いたしたいと思います。

催事商品でも、お手元事前確認を承れるようにいたしますの、ぜひ楽しみにお訪ね下さいますように❣

ご来店できなくても、どうぞ我慢やご遠慮なんてなさらずに、いつでも何でもお問合せお待ちしております(*^^)v

 

*営業日・営業時間*

火曜日~土曜日
11:00~
(当面)18:00閉店
(ご予約不要です)
時間外のご来店は事前予約承ります
お気軽に!

(日・月曜日:定休日)

お問い合わせはこちら

検索

つれづれ日記「恋衣」について

つれづれ日記「恋衣」
について

店主ブログでございます。
お店でご紹介しているお品や楽しい催事のことはもちろん、お着物周りのお話から、日々思うことや趣味のお話まで、徒然なるままに綴っております。
“恋衣(こいごろも)”とは忘れられない恋のこと。気になるお品やお話などがありましたらどうぞお気軽にお問合せ下さいませ。

旧ブログ
「店主のつれづれ日記」はこちら

お問い合わせはこちら

カテゴリー

おあつらえバナー

カレンダー

2020年9月
« 8月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930  

Twitterタイムライン