秋の月秋の月

2020年9月3日

秋の月

昨夜は満月でございましたが、残念ながら夜空は厚い雲に覆われて、お会いすることが叶いませんでした。皆さまのお空はいかがでしたでしょうか。

朝の通勤路では随分と風が心地よくなり、道端の草むらから聴こえる声は秋虫の音色に変わりました。あ~秋が来たんだな、ちょっぴり胸のあたりがスース―いたします(^^;) 

年齢を重ねると、ますます秋が愛おしく感じます。何しろ人生の秋もはじまり・・・あれ?でも考えてみれば、これからは一年で最も過ごしやすくて、彩り深まる楽しい季節がはじまるのかもしれませんね。なんて、うふっ。

秋の醍醐味は、何といってもお月様。秋の空は高く空気もさえて、夜空にくっきりと輝くお月様に出会うことができます。

ということで、月を描いた帯、この秋の新作です。

友禅染め名古屋帯「萩に月」

秋の夜の心をつくすはじめとて
ほのかに見ゆる夕月夜かな
(藤原実家)

塩瀬の帯です。深みのあるこっくりとした焦げ茶色。温かみの残る秋の夜の色です。

十五夜の待ち遠しい秋の夜長、お月様に照らされて、赤く色づいた萩の花実が嬉しそうに笑っています。萩は秋に花を咲かせて、晩秋の頃に実を結びます。秋を彩る植物です。

尾形光琳をはじめとする「琳派」の画に描かれた景色を帯にしたものです。情緒たっぷりの繊細な糸目には、素直に気持ちが寄り添います。

萩と月、それさえあればお酒が飲める(^^;)そんな夜長のはじまりでございます。

※友禅染め帯「萩に月」商品ページに掲載いたしました⇒こちら

コーディネートしたお着物は、こちらも新作。

じつはこれ、浮き織(ロートン織)の三才山紬なのです。栗の皮を用いた草木染め。栗を焙煎してこんなに淡い色を出すのは至難の業で、三才山紬を手掛ける横山さんにしかできないお仕事なのです。紬なのに、レース調のお洒落感がたまらない、愛らしいお着物です。(詳細はまた後日たっぷりと)

さて、満月翌日、今宵の夜空はどうでしょうか?

今年の十五夜は10月1日です。その頃にはきっと、台風も過ぎ去って、ぽっかりと、にっこり浮かぶお月様に会えるはず。それまで、欠けたり満ち足りする夜空に思いを馳せて、ゆっくり秋を深めてまいりましょう(*^^*)

◆お知らせ:9/15(火)~19(土)秋のコーディネート展開催します!期間中は秋を彩る「京友禅染め帯」も色々ご案内予定です。どうぞお楽しみにして下さいましたら嬉しいです。

 

*営業日・営業時間*

火曜日~土曜日
11:00~
(当面)18:00閉店
(ご予約不要です)
時間外のご来店は事前予約承ります
お気軽に!

(日・月曜日:定休日)

お問い合わせはこちら

検索

つれづれ日記「恋衣」について

つれづれ日記「恋衣」
について

店主ブログでございます。
お店でご紹介しているお品や楽しい催事のことはもちろん、お着物周りのお話から、日々思うことや趣味のお話まで、徒然なるままに綴っております。
“恋衣(こいごろも)”とは忘れられない恋のこと。気になるお品やお話などがありましたらどうぞお気軽にお問合せ下さいませ。

旧ブログ
「店主のつれづれ日記」はこちら

お問い合わせはこちら

カテゴリー

おあつらえバナー

カレンダー

2020年9月
« 8月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930  

Twitterタイムライン