つかず離れず「立涌」文様つかず離れず「立涌」文様

2020年8月26日

つかず離れず「立涌」文様

朝はほんの少し風が変わりましたが、日中の暑さはまだまだ危険。

新しい季節のお話をしたいのに、なかなかどうして💦そんな気分になれずにおりますが、皆さまはいかがお過ごしでしょうか?

今年の夏は麻の着物ばかり着ておりました。本当なら、こんな絽の江戸小紋を着てお出かけしたかったのですが、あまりに暑すぎて・・・(>_<)

着用しておりますのは、絽に染めた江戸小紋「立涌」文様です。随分昔にあつらえた夏の江戸小紋ですが、年を重ねるほどに(特に日差しの眩しい季節には)このアイシーピンクが心地よく感じられるようになりました。

本日は、この「立涌」文様をご紹介しようと思います。

「立涌」は代表的な有職文様の一つで、何本ものラインがふくれたり、すぼまったりを繰り返してタテに並ぶ文様です。

その様子は、水蒸気が立ち上る様だとか、陽炎が煌いて立ち上る様にたとえられ、運気も上がる縁起の良い文様とされています。着物や帯にも古くから用いられる文様で、膨らみの部分にお花が描かれたり、すぼまるところにアクセントのデザインが施されたり、様々にアレンジされています。

本日ご紹介する「立涌」は、シンプルに、細やかな「立涌」が清々しく染まる江戸小紋です。

やわらかでリズムのある文様は、縞模様の中でも、やさしい癒しを感じる文様です。

近づいたり離れたりするタテ縞が、完全に離れてしまうこともなければ、ピタッとひっつくこともない、つかず離れずの長いお付き合い、まるでこの世での関係性のようでもあります。

長くしなやかに、適度な距離を保ち互いに伴走する、決してぶつかって切れてしまうことのないように・・・簡単なようで難しい、人の世でございます(^^;)

色が違うとガラリと雰囲気が変わります。

単衣仕立てでも、袷仕立てでも、季節を問わずお召し頂けます。

大変細やかな有職文様ですので、お茶席はもちろん、式典などのお席~観劇やお出かけなどカジュアルシーンまで、帯あわせ次第で幅広くお召し頂ける文様です。

今週はまだ暑さが続きそうです。

今年は、この夏一度もお着物をお召しになっていない、なんて方もいらっしゃるかもしれません。夏が終わる前に、どうぞお袖を通してあげて下さいますように。

そして、秋風感じたら、お誂えのご相談もそろそろと。お会い出来ますのを楽しみにお待ちしております(*^^)v

 

*営業日・営業時間*

火曜日~土曜日
11:00~
(当面)18:00閉店
(ご予約不要です)
時間外のご来店は事前予約承ります
お気軽に!

(日・月曜日:定休日)

お問い合わせはこちら

検索

つれづれ日記「恋衣」について

つれづれ日記「恋衣」
について

店主ブログでございます。
お店でご紹介しているお品や楽しい催事のことはもちろん、お着物周りのお話から、日々思うことや趣味のお話まで、徒然なるままに綴っております。
“恋衣(こいごろも)”とは忘れられない恋のこと。気になるお品やお話などがありましたらどうぞお気軽にお問合せ下さいませ。

旧ブログ
「店主のつれづれ日記」はこちら

お問い合わせはこちら

カテゴリー

おあつらえバナー

カレンダー

2020年9月
« 8月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930  

Twitterタイムライン