羽衣きもの絹紅梅(~6/25まで)羽衣きもの絹紅梅(~6/25まで)

2020年6月23日

羽衣きもの絹紅梅(~6/25まで)

昨日は梅雨寒、今日は蒸し蒸し、梅雨らしいお天気が続いています。週後半は真夏日となるそうですが、ジワジワと本格的な夏へと向かっていますね。いかがお過ごしでしょう。

今週も引き続き、真夏の綿麻きもの&伊勢型紙の浴衣展(~6/27まで)店内および、こちらのブログにて開催いたしております。商品ページでの掲載はございませんが、ご来店が難しい場合は、ネットでもお買物頂けるようにご案内しております。お買物前の事前確認も承っておりますので、まずはどうぞお気軽にご相談下さいませ。

 

さて本日は、今週の木曜日(6/25)までご案内中の、「絹紅梅」をご紹介いたします。

江戸小紋職人さんが伊勢型紙で染めた絹紅梅です。

絹紅梅は、太さの違う糸を格子状に織り上げていますので、その凹凸のおかげで、着物が体からふわりと浮いて風が体を通り抜けます。たっぷりとした透け感の素敵な真夏の着物。猛暑対策にもとても人気のあるお着物です。天から舞いおりてきた羽衣のように、ふんわりと体を包み、帯を締めていないと着物を着ているという重みをまるで感じません。

ご自宅洗いはNGですが、真夏のお着物の中で、最も軽く、風通しの良い素材と言って過言ではございません。

今年も、この3品をご紹介しております。

エメラルドグリーン「荒波」

スカイブルー「大小あられ」

水色「菱花」

コーディネートの帯は、カジュアルな染め帯・織帯、どちらも綺麗に仕上がりますが、本日は、せっかくフワフワな羽衣着物なので、透け感たっぷりの羅織り入りの麻帯をコーディネートしてみました。

麻織物の産地、滋賀県湖東地区「秦荘」にて制作されている帯地です。羅風の透け感のある織り目が特徴の本麻八寸帯、真夏の最強コーディネートでございます。

見た目にも清涼感。清々しい同系色コーデで猛暑の夏も軽やかにお楽しみ頂きたいと思います。

エアコンや扇風機の風がそよぐと、全身にくまなく冷気が行き渡る、涼しさピカ一のコーデでございます。

 

※絹紅梅:各143,000円(税込・仕立別)

※羅麻八寸帯:66,000円(税込・仕立別)

※江戸小紋職人さんが伊勢型紙で染めた「浴衣」「小千谷ちぢみ」「絹紅梅」は、6/25(木)までのご案内になります。気になるお品がございましたら、どうぞお早目にお問合せ下さいますようお願いいたします。

街を歩く人が急激に増えてきたような気がいたします。夕方になると裏通りのレストランにも賑わいが戻ってきている様子。そろそろね~テイクアウトではない美味しいご飯、食べたいな!そんな欲求がお腹の底から蘇ってきたり、爽やかな自然の中へと旅に出たいな~とか、色々な希望が身近になりつつあります。

表参道の裏通りでは、まだまだ賑わいが戻るまでには至りませんが、それでも、ささやかな日常がゆっくりと動きだしました。

用心しながら、ゆっくりと夏への扉を開けてまいりましょうと思います。

店内は、ちょっとだけ「新しい生活様式」へのご協力をお願いしていますが、これまでのように、のんびりおくつろぎ頂けるようにしております。お近くにお越しの際は、どうぞお気軽にお立ち寄りくださいませ。

今週も元気にお待ちしております。

*通常営業しております*

火曜日~土曜日
11:00~
(当面)18:00閉店
(ご予約不要です)
(時間外のご来店は事前予約承ります)

(日・月曜日:定休日)

お問い合わせはこちら

検索

つれづれ日記「恋衣」について

つれづれ日記「恋衣」
について

店主ブログでございます。
お店でご紹介しているお品や楽しい催事のことはもちろん、お着物周りのお話から、日々思うことや趣味のお話まで、徒然なるままに綴っております。
“恋衣(こいごろも)”とは忘れられない恋のこと。気になるお品やお話などがありましたらどうぞお気軽にお問合せ下さいませ。

旧ブログ
「店主のつれづれ日記」はこちら

お問い合わせはこちら

カテゴリー

おあつらえバナー

カレンダー

2020年7月
« 6月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  

Twitterタイムライン

Instagramフィード