恋しい夏の涼やかコーデ恋しい夏の涼やかコーデ

2020年6月2日

恋しい夏の涼やかコーデ

不安を感じながらも、ささやかな日常が戻りつつあるのでしょうか?皆さまいかがお過ごしでしょう?

本日の、NHK BSプレミアム「イッピン」はご覧頂けましたでしょうか?今月の中旬頃からは、毎年恒例、石塚先生が夏のために染めた「伊勢型紙染めの浴衣展」&「夏を味わう綿麻織物展」を予定しています。お出かけ不安の中かもしれませんので、例年よりもうんと頑張って、サイトでの紹介をしてまいる予定です。会期も少し長めにいたしますので、この夏はお家ライフを盛り上げる、気楽な浴衣はいかがでしょうか?どうぞお楽しみにして下さいませ。

さて、本日は、いよいよ6月突入!夏の着物をサラリと羽織る、心豊かになるコーディネートのご紹介です。

夏ひとえの付下げ「涼風ぼかし」

絽塩瀬友禅名古屋帯「江戸解」

お洒落してお出かけできる日はもうすぐなのかな?そろそろお稽古が始まりますよん♪なんて、地方のお客様のお声をお聞きすると、ホッと希望が湧いてきます。梅雨が明けて夏の空に包まれる頃には、都心でも心和む夏になると良いなと期待を膨らませております。

付下げと申しても、裾ボカシの柄つけが付下げタイプですよ!という意味なので、格のある着物というよりも小紋調のシンプルなお着物です。そのため帯あわせ次第で、パーティからカジュアルまでお召し頂けます。

眩しい太陽を遮る、薄曇りの夏空、白い点々は水しぶきのようでもあり、ひんやりとした雪のようでもあります。

しなやかで、何とも涼やかな「すずかぜ」という素材感です。夏の絹素材の中でも、大変に軽い涼しい生地です。

ところどころ、□を銀糸で囲んだり、白糸で□の陰影を作ったり、随所にみられる小さな手仕事にキュンといたします。

9月いっぱいお召し頂けますので、夏から初秋まで、出番の楽しみなお着物です。

雅な御所解に比べて、粋な風物詩を描いた小付けの「江戸解」です。江戸は海が近くて漁師業も盛んな都でございました。江戸情緒あふれる江戸解を、カラフルな色づかいで仕上げて頂きました。波や漁師船、網干の背景は奥行きを感じさせてくれる墨色調で、松の木や水草の鮮やかな色彩の映える夏帯です。6月~9月の季節の帯です。

こんな装いをお楽しみ頂きたいです!だってきっと、気持ちが華やかになって、笑顔も清々しくなって、きれいになって頂けるハズだから(*^^*)

※夏ひとえの付下げ「涼風ぼかし」商品ページ⇒こちら

※絽塩瀬友禅名古屋帯「江戸解」商品ページ⇒こちら

ブログを書いておりましたら、都内ではまた感染者増加のニュースが流れ、ちょっぴり気落ちしておりますが、過敏になり過ぎず、楽観し過ぎず、一人一人が用心して、丁寧に暮らして行かねばなりませぬネ。その先の明るい未来はそんなに遠くないハズ!

そろそろ気温が上がってまいりました。梅雨入りの地方もあるようですが、本格的に夏を迎える準備も楽しんでまいりたいです!

今週もどうぞ、季節のブログにお付き合い下さいませ!ぜひ、また、明日(*^^)v

 

お問い合わせはこちら

検索

つれづれ日記「恋衣」について

つれづれ日記「恋衣」
について

店主ブログでございます。
お店でご紹介しているお品や楽しい催事のことはもちろん、お着物周りのお話から、日々思うことや趣味のお話まで、徒然なるままに綴っております。
“恋衣(こいごろも)”とは忘れられない恋のこと。気になるお品やお話などがありましたらどうぞお気軽にお問合せ下さいませ。

旧ブログ
「店主のつれづれ日記」はこちら

お問い合わせはこちら

カテゴリー

おあつらえバナー

カレンダー

2020年7月
« 6月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  

Twitterタイムライン

Instagramフィード