能登上布に鮫小紋能登上布に鮫小紋

2020年4月2日

能登上布に鮫小紋

◆お知らせ:今週の営業時間を午前11時~午後4時とさせて頂きます。4/4曜日は臨時休業

お天気が回復してのんびりとした春の日差しに包まれた一日、皆さまは自粛生活をなさっているのでしょうか?いつもとは違う家事負担にお疲れではないでしょうか?変わらず出勤されてお忙しくなさっているのでしょうか?表参道は、静かです(^^;) コロナ、なんてことがなければ、穏やかな春、外に出るとあまりに心地の良いお天気で現実を忘れてしまいそうです。

さて本日は、気の早いことではありますが、いえいえ、あっという間かもしれません(*^^*)

大野信幸作・能登上布に鮫小紋

能登上布、つまり「麻」です。能登上布は石川県能登に唯一残る織元「山崎仁一」さんの手織りの本麻織物です。さらりとしたスベスベ感、上質な麻の風合いが能登上布の特徴です。

能登上布に魅せられて京都の大野先生が、白生地を直接求められ、そして鮫小紋を染めています。

「裃」由来の江戸小紋。本来「裃」は麻生地です。絹と麻では染める染料に違いがあり、江戸小紋は絹のお着物のため本麻に染めることはまずありません。しかし京都では今でも裃を染める依頼があるそうで、大野先生の工房では麻に染める仕事もされています。そこで、ならば能登上布に染めたい!そうして大野先生の能登上布の江戸小紋が生まれました。

これは、通常の「江戸小紋」というカテゴリーには含まれません。鮫小紋だからといって格があるお着物、にもなりません。やっぱり「麻」ですので(^^;) しかし、灰色味を帯びた紫、減紫(けしむらさき)のしっとりとした色味を心地よい麻の上に乗せた風合いは、他にはない、お着物通の夏着物でございます。

麻ですのでシワになります。けれども、夏のシワはお着物通の勲章のようなもの。お稽古や会食、気軽な普段着として着回して頂けますと、日本の夏を思う存分お楽しみ頂けることと思います。

新入荷の紗八寸帯をあわせてみました。

自粛生活からいずれ脱け出す日が来るはず・・・こんな季節が楽しみです(#^.^#)

帯屋捨松紗八寸帯「波に華紋」

※帯屋捨松・紗八寸帯「波に華紋」⇒詳細はこちらにて

 

それにしても、心に負担のかかる毎日でございますね。そんな日々でも道端の桜たちは花びらを風に乗せて、お空まで桜色に染めてくれようとしています。皆さまどうぞ、通勤やお買物へお出かけの際には、上を向いて歩いて下さいますように。だって何しろ時は春🌸ですもの(*^^)v

いざ今年散れと桜を語らはむ
中々さらば風や惜しむと
(西行)

※自粛の続く日々のためご来店をためらわれることもあるかと思います。お家でお品をご覧頂ける「お手元事前確認」もお受けしておりますので、どうぞお気軽にお問合せ下さい。

◆サイト内商品の『お手元事前確認』について⇒こちら

※営業日・営業時間が不規則になりますことお詫び申し上げます。ご予約頂けましたら営業時間外もお待ちすることができますので、どうぞご遠慮なくお申しつけ下さい。メールでのお問合せにつきましては通常通り対応可能です。お気軽に何なりとお申しつけ下さいませ。また状況次第で営業時間や休業日を変更する可能性がございますm(__)m

 

<営業時間>

4/3(金)午前11時~午後4時営業

4/4(土)臨時休業

定休日:日曜日・月曜日

お問い合わせはこちら

検索

つれづれ日記「恋衣」について

つれづれ日記「恋衣」
について

店主ブログでございます。
お店でご紹介しているお品や楽しい催事のことはもちろん、お着物周りのお話から、日々思うことや趣味のお話まで、徒然なるままに綴っております。
“恋衣(こいごろも)”とは忘れられない恋のこと。気になるお品やお話などがありましたらどうぞお気軽にお問合せ下さいませ。

旧ブログ
「店主のつれづれ日記」はこちら

お問い合わせはこちら

カテゴリー

おあつらえバナー

カレンダー

2020年7月
« 6月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  

Twitterタイムライン

Instagramフィード